現在表示中:

AEM Forms Microsoft Dynamics Connector パッケージを活用して、アダプティブフォーム経由でオンラインおよびオンプレミス Microsoft Dynamics サービスを統合して動作させる方法について説明します。

概要

Microsoft Dynamics は、顧客関係管理(CRM)および企業資源計画(ERP)用のソフトウェアで、顧客の口座や連絡先、潜在顧客、顧客機会、顧客事例を作成して管理する企業ソリューションを提供します。AEM Forms のデータ統合機能の OData クラウドサービス設定を使用して、オンラインの Microsoft Dynamics サービスとオンプレミスの Microsoft Dynamics サービスの両方に Forms を統合することができます。これにより、Microsoft Dynamics サービスで定義されているエンティティ、属性、サービスに基づいて、フォームデータモデルを作成できるようになります。フォームデータモデルを使用して、Microsoft Dynamics サーバーと連携するアダプティブフォームを作成することにより、ビジネスワークフローを使用できるようになります。以下に例を挙げます。

  • Microsoft Dynamics サーバーに対してクエリーを実行し、各種のデータや事前に設定されているアダプティブフォームを照会する
  • アダプティブフォームの送信時に、データを Microsoft Dynamics に書き込む
  • フォームデータモデル内で定義されているカスタムエンティティを使用して、データを Microsoft Dynamics に書き込む(またはその逆の動作)

AEM Forms には、OData を設定するための OSGi パッケージが付属しています。このパッケージにより、Microsoft Dynamics を AEM Forms に素早く統合することができます。このパッケージには、クラウドサービスの設定と、Microsoft Dynamics の各種エンティティとサービスが事前に設定されたフォームデータモデルが含まれています。

前提条件

Microsoft Dynamics の設定を開始する前に、以下の項目が使用可能な状態になっていることを確認する必要があります。

  • AEM 6.3 Forms Cumulative Fix Pack 1 以降
  • 以下に示すいずれかのバージョンの Microsoft Dynamics のインスタンス
    • オンライン環境の Microsoft® Dynamics 365
    • オンプレミス環境の Microsoft Dynamics 365
    • オンプレミス環境の Microsoft Dynamics 2016
  • Microsoft Azure Active Directory を持つ Microsoft Dynamics オンラインサービスの登録済みアプリケーション
  • 登録済みサービスのクライアント ID とクライアントの秘密鍵

OData 設定パッケージのインストール

OData 設定パッケージにより、クラウドサービスとフォームデータモデルがデプロイされます。これらを設定することにより、Microsoft Dynamics サーバーに接続できるようになります。OData 設定パッケージをインストールするには

  1. ソフトウェアディストリビューションを開きます。 ソフトウェアディストリビューションにログインするには、Adobe ID が必要です。

  2. ヘッダーメニューで「Adobe Experience Manager」をタップします。

  3. フィルター」セクションで、

    1. ソリューション」ドロップダウンリストから「Forms」を選択します。
    2. パッケージのバージョンとタイプを選択します。 また、「ダウンロードを検索」オプションを使用して aemforms-msdynamics-configuration-pkg を検索し、結果をフィルターすることもできます。
  4. お使いのオペレーティングシステムに適した Forms アドオンパッケージの名前をタップし、「EULA 利用条件に同意する」を選択して、「ダウンロード」をタップします。

  5. パッケージマネージャー」を開き「パッケージをアップロード」をクリックしてパッケージをアップロードします。パッケージを選択して、「インストール」をクリックします。

    パッケージがインストールされると、AEM Forms インスタンス上で以下の項目を使用できるようになります。

    • MS Dynamics OData Cloud Service(OData サービス)
    • MS Dynamics FDM フォームデータモデル

IFD 用に Microsoft Dynamics を設定する(オンプレミス環境の場合のみ)

外部のユーザーは、Microsoft Dynamics でクレームベース認証を使用して、Microsoft Dynamics CRM サーバー上のデータにアクセスすることができます。この機能を有効にするには、以下の手順により、インターネット接続展開(IFD)用に Microsoft Dynamics を有効にして、クレーム設定を構成します。

  1. Configure IFD for Microsoft Dynamics」の説明に従い、オンプレミス環境の Microsoft Dynamics インスタンスを IFD 用に設定します。

  2. Windows PowerShell を使用して以下のコマンドを実行し、IFD が有効になっている Microsoft Dynamics でクレームを設定します。

    Add-PSSnapin Microsoft.Crm.PowerShell
    $ClaimsSettings = Get-CrmSetting -SettingType OAuthClaimsSettings
    $ClaimsSettings.Enabled = $true
    Set-CrmSetting -Setting $ClaimsSettings

    詳しくは、「App registration for CRM on-premises (IFD)」を参照してください。

AD FS マシンで OAuth クライアントを設定する(オンプレミス環境の場合のみ)

OAuth クライアントを Active Directory Federation Services(AD FS)マシンに登録し、AD FS マシンでアクセス権限を設定するには、以下の手順を実行します。

  1. 次のコマンドを実行します。

    Add-AdfsClient -ClientId “<Client-ID>” -Name "<name>" -RedirectUri "<redirect-uri>" -GenerateClientSecret

    以下に、オプションの意味を示します。

    • Client-ID は、任意の GUID ジェネレーターを使用して生成できるクライアント ID です。
    • redirect-uri は、AEM Forms 上の Microsoft Dynamics OData クラウドサービスに対する URL です。OData 設定パッケージによってインストールされるデフォルトのクラウドサービスは、以下の URL にデプロイされます。http://[サーバー]:[ポート]/etc/cloudservices/fdm/ms-dynamics-odata-cloud-service.html
  2. 以下のコマンドを実行して、AD FS マシン上でアクセス権を設定します。

    Grant-AdfsApplicationPermission -ClientRoleIdentifier “<Client-ID>” -ServerRoleIdentifier <resource> -ScopeNames openid

    以下に、オプションの意味を示します。 

    • resource は、Microsoft Dynamics の組織 URL です。
  3. Microsoft Dynamics では、HTTPS プロトコルが使用されます。Forms サーバーから AD FS のエンドポイントを呼び出すには、AEM Forms が稼働しているコンピューターで keytool コマンドを使用して、Microsoft Dynamics のサイト証明書を Java の証明書ストアにインストールします。

Microsoft Dynamics サービス用にクラウドサービスを設定する

MS Dynamics OData Cloud Service(OData サービス)の設定は、デフォルトの OData 設定に付属しています。Odata サービスを設定して Microsoft Dynamics サービスに接続するには、以下の手順を実行します。

  1. ツール/デプロイメント/クラウドサービスに移動します。

  2. 「サードパーティーサービス」セクションの「フォームデータモデル」で「設定を表示」をクリックします。

  3. オンライン環境の Microsoft Dynamics の場合のみ)「MS Dynamics OData Cloud Service(OData サービス)」をタップして、サービスの設定画面を開きます。

    クラウドサービス設定の URL をコピーします。この URL は次のようになります。

    http://[server]:[port]/etc/cloudservices/fdm/ms-dynamics-odata-cloud-service.html

  4. オンライン環境の Microsoft Dynamics の場合のみ)Microsoft Azure Active Directory のアカウントに移動します。登録済みアプリケーションの「応答 URL」設定に、コピーしたクラウドサービス設定の URL を追加します。設定を保存します。

    詳しくは、「Azure Active Directory テナントにアプリケーションを登録する」を参照してください。

    azre-ad-reply-url
  5. MS Dynamics OData Cloud Service(OData サービス)設定で、「編集」をクリックして OData サービスダイアログを開きます。

    各フィールド(「サービスルート」、「クライアント ID」、「クライアントの秘密鍵」、「OAuth URL」、「更新トークン URL」、「アクセストークン URL」、「リソース」)のデフォルト値を、Microsoft Dynamics サービス設定の値で置き換えます。

    リソース」フィールドで Dynamics インスタンスの URL を指定します。 例えば、http://org.crm.dynamics.com です。「アドバンスオプションを表示」をクリックして、「リソース」フィールドを表示することができます。 サービスルート URL を使用して、Dynamics インスタンスの URL を取得します。Microsoft Dynamics をフォームデータモデルで構成するには、「リソース」フィールドを指定する必要があります。

    Microsoft Dynamics の認証プロセス用の「認証範囲」フィールドで、「openid」の値が指定されていることを確認してください。

    cloud-service-config
  6. OAuth に接続」をクリックし、このサイトから離れることを確認するプロンプトが表示されたら、「終了」をクリックします。Microsoft Dynamics のログインページにリダイレクトされます。

  7. Microsoft Dynamics の資格情報を使用してログインし、クラウドサービス設定を使用して Microsoft Dynamics サービスに接続することに同意します。このサービスとクラウドサービスとの間に接続を確立する操作は 1 回だけ行います。

    クラウドサービス設定のページに切り替わります。このページには、OData の設定が正常に保存されたことを示すメッセージが表示されます。

これで、MS Dynamics OData Cloud Service(OData サービス)がクラウドサービスとして設定され、Dynamics サービスに接続されます。

フォームデータモデルの作成

MS Dynamics OData Cloud Service(OData サービス)パッケージをインストールすると、フォームデータモデルの MS Dynamics FDM が AEM インスタンスにデプロイされます。デフォルトの場合、MS Dynamics OData Cloud Service(OData サービス)で定義された  Microsoft Dynamics サービスが、フォームデータモデルのデータソースとして使用されます。  

初めてフォームデータモデルを開くと、設定済みの Microsoft Dynamics サービスにフォームデータモデルが接続され、Microsoft Dynamics インスタンスからエンティティが取得されます。Microsoft Dynamics から取得される「連絡先」エンティティと「潜在顧客」エンティティは、フォームデータモデル内に既に追加されています。

フォームデータモデルを確認するには、フォーム/データ統合に移動します。MS Dynamics FDM を選択し、「開く」をクリックしてフォームデータモデルを編集モードで開きます。または、次の URL から直接フォームデータモデルを開くことができます。

http://[server]:[port]/aem/fdm/editor.html/content/dam/formsanddocuments-fdm/ms-dynamics-fdm

default-fdm

この後、フォームデータモデルに基づいてアダプティブフォームを作成し、次のようなさまざまな方法でアダプティブフォームを使用できます。

  • Microsoft Dynamics のエンティティとサービスに対してクエリーを実行し、取得した情報を使用してアダプティブフォームを事前に設定する
  • アダプティブフォームのルールを使用して、フォームデータモデル内で定義された Microsoft Dynamics サーバーの操作を呼び出す。
  • 送信されたフォームデータを Microsoft Dynamics のエンティティに書き込む

設定パッケージに付属されたフォームデータモデルのコピーを作成し、要件に合わせてデータモデルとサービスを設定することをお勧めします。これにより、今後の設定パッケージの更新時に、フォームデータモデルが上書きされないようになります。

ビジネスワークフローでのフォームデータモデルの作成および使用について詳しくは、「データ統合」を参照してください。