現在表示中:

AEM Forms Microsoft Dynamics Connector パッケージを活用して、アダプティブフォーム経由で Microsoft Dynamics 365 サービスを統合して動作させる方法について説明します。

概要

Microsoft Dynamics 365 は、顧客関係管理(CRM)および企業資源計画(ERP)用のソフトウェアで、顧客の口座や連絡先、潜在顧客、顧客機会、顧客事例を作成して管理する企業ソリューションを提供します。AEM Forms はクラウドサービスを提供して、OData コネクター経由で Dynamics 365 を Forms データ統合モジュールに統合します。設定が完了すると、Dynamics 365 サービスで定義されたエンティティ、属性、操作内容に基づいて、フォームデータモデルを作成できます。このフォームデータモデルに基づいて、Dynamics 365 サービスとインタラクティブに動作するアダプティブフォームを作成し、ビジネスワークフローで使用できます。例えば、以下の操作を行うことができます。

  • Dynamics 365 データを問い合わせて、アダプティブフォームに自動的に埋め込む
  • アダプティブフォームから Dynamics 365 にデータをプッシュする
  • フォームデータモデルで定義されたカスタムエンティティを使用して Dynamics 365 にデータを保存する(Dynamics 365 のカスタムエンティティを使用してフォームデータモデルにデータを保存することも可)

AEM Forms では、Dynamics 365 と Forms をすばやく統合できる設定パッケージが提供されます。パッケージには、クラウドサービス設定と、Dynamics 365 エンティティおよびサービスが事前設定されたフォームデータモデルが含まれています。

パッケージコンテンツを使用してクラウドサービスとフォームデータモデルを設定する方法については、以下の情報をお読みください。

前提条件

Dynamics 365 のセットアップと設定に進む前に、以下を入手している必要があります。

  • AEM 6.3 Forms Cumulative Fix Pack 1 以降
  • Dynamics 365 のアカウント
  • Microsoft Azure Active Directory を使用した Dynamics 365 サービスの登録済みアプリケーション
  • 登録済みサービスのクライアント ID とクライアントの秘密鍵

OData 設定パッケージのインストール

OData 設定パッケージをインストールするには

  1. AEM Forms オーサーインスタンスに管理者としてログインして、http://[server]:[port]/crx/packageshare
    のパッケージ共有に移動します。

  2. パッケージ共有で、aemforms-msdynamics-configuration-pkg を検索し、パッケージをクリックして、「ダウンロード」をクリックします。ライセンス使用許諾契約書を読んでから同意し、「OK」をクリックします。

  3. ダウンロードが完了したら、「ダウンロード済み」をクリックします。AEM パッケージマネージャーに切り替わります。パッケージマネージャーで、ダウンロードしたパッケージを探し、「インストール」をクリックします。

パッケージがインストールされると、AEM Forms インスタンスに次がデプロイされます。

  • MS Dynamics OData Cloud Service(OData サービス)
  • MS Dynamics FDM フォームデータモデル

次に、Dynamics 365 サービスのクラウドサービスを設定し、フォームデータモデルを使用してアダプティブフォームを作成します。

Dynamics 365 サービスのクラウドサービスの設定

MS Dynamics OData Cloud Service(OData サービス)の設定は、デフォルトの OData 設定に付属されています。Odata サービスを設定して Dynamics 365 サービスに接続するには、次の手順を実行します。

  1. ツール/デプロイメント/クラウドサービスに移動します。

  2. 「サードパーティーサービス」セクションの「フォームデータモデル」で「設定を表示」をクリックします。

  3. MS Dynamics OData Cloud Service(OData サービス)をクリックし、サービス設定を開きます。

    クラウドサービス設定の URL をコピーします。この URL は次のようになります。

    http://[server]:[port]/etc/cloudservices/fdm/ms-dynamics-odata-cloud-service.html

  4. Microsoft Azure Active Directory のアカウントに移動します。登録済みアプリケーションの「応答 URL」設定に、コピーしたクラウドサービス設定の URL を追加します。設定を保存します。

    詳しくは、「Azure Active Directory テナントにアプリケーションを登録する」を参照してください。

    azre-ad-reply-url
  5. MS Dynamics OData Cloud Service(OData サービス)設定で、「編集」をクリックして OData サービスダイアログを開きます。

    サービスルート」、「クライアント ID」、「クライアントの秘密鍵」、「リソース」の各フィールドのデフォルト値を、Dynamics 365 サービス設定の値に置き換えます。

    cloud-service-config
  6. OAuth に接続」をクリックし、このサイトから離れることを確認するプロンプトが表示されたら、「終了」をクリックします。Dynamics 365 のログインページに切り替わります。

  7. Dynamics 365 アカウントの資格情報でログインし、このクラウドサービス設定で Dynamics 365 サービスに接続する許可を承諾します。このサービスとクラウドサービスとの間に接続を確立する操作は 1 回だけ行います。

    クラウドサービス設定のページに切り替わります。このページには、OData の設定が正常に保存されたことを示すメッセージが表示されます。

MS Dynamics OData Cloud Service(OData サービス)クラウドサービスが設定され、Dynamics 365 サービスと接続されます。

フォームデータモデルの作成

MS Dynamics OData Cloud Service(OData サービス)パッケージをインストールすると、フォームデータモデルの MS Dynamics FDM が AEM インスタンスにデプロイされます。デフォルトでは、フォームデータモデルは MS Dynamics OData Cloud Service(OData サービス)で設定された Dynamics 365 サービスをデータソースとして使用します。

最初にフォームデータモデルを開くと、設定された Dynamics 365 サービスに接続され、Dynamics 365 インスタンスからエンティティを取得します。Dynamics 365 の「連絡先」および「潜在顧客」エンティティは、既にフォームデータモデルに追加されています。

フォームデータモデルを確認するには、フォーム/データ統合に移動します。MS Dynamics FDM を選択し、「開く」をクリックしてフォームデータモデルを編集モードで開きます。または、次の URL から直接フォームデータモデルを開くことができます。

http://[server]:[port]/aem/fdm/editor.html/content/dam/formsanddocuments-fdm/ms-dynamics-fdm

default-fdm

この後、フォームデータモデルに基づいてアダプティブフォームを作成し、次のようなさまざまな方法でアダプティブフォームを使用できます。

  • Dynamics 365 エンティティおよびサービスから情報を問い合わせてアダプティブフォームに事前入力する
  • アダプティブフォームルールを使用してフォームデータモデル内で定義されている Dynamics 365 操作を呼び出す
  • 送信されたフォームデータをDynamics 365 エンティティに書き込む

設定パッケージに付属されたフォームデータモデルのコピーを作成し、要件に合わせてデータモデルとサービスを設定することをお勧めします。これにより、今後の設定パッケージの更新時に、フォームデータモデルが上書きされないようになります。

ビジネスワークフローでのフォームデータモデルの作成および使用について詳しくは、「データ統合」を参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー