現在表示中:

コマンドセンターのモバイル指標タイルには、モバイルアプリのリアルタイム分析が表示されます。

Adobe Mobile Analytics SDK は、PhoneGap プラグインを通じて使用できます。収集された指標はデバイス上にキャッシュされ、デバイスが接続されると、そのデータが Adobe Mobile Services クラウドにプッシュされて、レポートや分析に使用されます。

Adobe Mobile Analytics SDK は、次の機能を提供します。

  1. モバイルチャネルに関するデータ収集 - すべての主要オペレーティングシステム上のモバイル Web サイトおよびアプリに関して総合的なデータを収集します。
  2. モバイルエンゲージメント分析 - 消費者がチャネルをローンチする頻度や、消費者がそのチャネルから購入するかどうかなど、モバイルアプリ、Web サイトまたはビデオ内でのユーザーエンゲージメントを理解します。
  3. モバイルアプリダッシュボードとレポート - アプリに関するライフサイクル指標やアプリストア指標を含む使用状況レポートを取得して、ユーザー数、ローンチ数、平均セッション長、保持期間、クラッシュ数のトレンドを把握します。
  4. モバイルキャンペーン分析 - SMS、モバイル検索連動型広告、モバイルディスプレイ広告、QR コードなど、モバイル固有のキャンペーンの効果を定量化します。
  5. 位置情報分析 - GPS 位置または目標点によって、アプリユーザーがローンチし、モバイルエクスペリエンスとやり取りしている場所を理解します。
  6. パス分析 - ユーザーがアプリをどのようにナビゲートしているかを理解して、ユーザーを引き付ける画面や UI 要素と、ユーザーを離脱させる画面や UI 要素を判断します。

警告:

指標を分析タイルは、クラウドサービスを設定している場合にのみダッシュボードに表示されます。

chlimage_1
AEM コマンドセンター指標タイル

クラウドサービスの設定

Adobe Mobile Services 分析を利用するには、Adobe Analytics アカウント情報を使用して AEM Mobile Analytics クラウドサービスを設定する必要があります。

  1. アプリダッシュボードのクラウドサービスを管理タイルで、右上のアイコンをクリックして、クラウドサービスを追加または編集します。

    chlimage_1
  2. クラウドサービスを追加または編集画面が表示されます。「Adobe Mobile Services」を選択し、「次へ」をクリックします。

    chlimage_1
  3. Mobile Services」から既存の設定を選択するか、「設定を作成」を選択して新しい設定を作成します。

    新しい設定で、「Mobile Services のプロパティ」を入力し、「検証」をクリックします。

    chlimage_1

    資格情報が検証されたら、「検証」ボタンが「検証済み」に変わります。「Mobile Services アプリを選択」から Mobile Services アプリを選択できます。

    送信」をクリックして、設定をおこないます。

    chlimage_1
  4. クラウド設定をおこなったら、ダッシュボードで設定を表示できます。

    chlimage_1

    注意:

    クラウド設定をおこなったら、アプリダッシュボードの指標を分析タイルを表示できます。

    chlimage_1

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー