現在表示中:

Adobe Experience Manager(AEM)6.3 では、機能パックを使用する製品に機能を追加するためのアップデートを提供しています。

注意:

AEM フォームアドオンパッケージは、AEM サービスパックおよび累積修正パックとのフォーム機能の整合性を確保するために役立ちます。このため、何らかの AEM サービスパック、累積サービスパックまたは機能パックをインストールした後で、AEM フォームアドオンパッケージをインストールすることが不可欠です。

AEM 6.3 では、以下の機能パックを利用できます。

機能 機能パック ダウンロードリンク ドキュメント 説明
AEM Sites スタイルシステム
FP-20593 スタイルシステム スタイルシステムの機能パックを使用すると、テンプレート作成者がコンポーネントのコンポーネントポリシーのスタイルクラスを定義し、コンテンツ作成者がページでのコンポーネントの編集時にそのスタイルクラスを選択できます。
AEM Sites Demandware コネクター FP-10262 e コマースへの Demandware のデプロイ この機能パックには、Demandware コマースプラットフォーム用の Commerce Integration Framework の参照実装が含まれています。
AEM Sites IBM Websphere Commerce FP-6709 IBM Websphere を使用した e コマースのデプロイ この機能パックには、IBM Websphere コマースプラットフォーム用の Commerce Integration Framework の参照実装が含まれています。
AEM Assets AEM 3D Assets AEM-6.3-DynamicMedia-3D AEM 3D Assets リリースノート この機能パックは、AEM Assets の 3D コンテンツのサポートを可能にします。3D Assets のアップロード、管理、プレビューおよびレンダリングの機能を提供します。
AEM Assets AEM Desktop App Adobe Experience Manager Desktop AEM Desktop App リリースノート Adobe Experience Manager(AEM)Desktop では、AEM Assets をネットワークディレクトリにマッピングできるので、AEM assets を Windows エクスプローラーまたは Finder で表示できます。さまざまな画像編集アプリを使用してアセットを編集することもできます。編集した変更内容は AEM Assets に反映されます。
AEM Assets Adobe SharePoint コネクター SharePoint コネクター SharePoint コネクター Microsoft SharePoint 2010 および Microsoft SharePoint 2013 用の Adobe JCR コネクターバージョン 4.0(AEM 6.3と互換)。
AEM Assets Dynamic Media 機能パック 14410 および 18912

機能パック 14410

機能パック 18912

Dynamic Media 機能パック 14410 および 18912 Dynamic Media 用の新しい自動化および配信機能。Dynamic Media Classic のお客様向けのアップグレードリリース。
AEM Assets
ダイナミックメディア用のデフォルトのアドビカラープロファイル 機能パック 12445 AEM ダイナミックメディアでのカラーマネジメントについて ダイナミックメディアのカラーマネジメント機能で使用する RGB および CMYK のカラープロファイルの標準セットを提供します。 
AEM Sites コンテンツフラグメントの更新とコンテンツサービス この機能パックのインストール手順を参照してください。 コンテンツフラグメントの更新とコンテンツサービス - 機能パックリリースノート この機能パックのセットは、コンテンツフラグメント、JSON エクスポーターおよびコアコンポーネントに対する更新を提供します。これらにより、フラグメントの構造化コンテンツを定義できます。更新された JSON エクスポーターと共にこの構造化コンテンツを使用して、AEM コンテンツをコンテンツサービス経由で AEM ページ以外のチャネルに配信できます。 
AEM 統合
コンテンツ中心の Adobe Campaign と AEM 6.3 の統合 機能パック 17178 Adobe Experience Manager 6.3 でのキャンペーンと電子メールの作成 直接 AEM でキャンペーンと電子メールを作成できます。電子メールやキャンペーンの作成からコンテンツの検証まで、最も一般的な操作を、Adobe Campaign Standard に切り替えることなくおこなえます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー