現在表示中:

注意:

このドキュメントでは、ClientContext で使用するセグメント化の設定について説明します。タッチ UI で ContextHub を使用してセグメント化を設定するには、ContextHub でのセグメント化の設定を参照してください。

キャンペーンを作成する場合、セグメント化を考えることが重要になります。セグメント化の仕組みと主な用語について詳しくは、セグメント化の用語を参照してください。

サイト訪問者についてこれまでに収集した情報と、達成する目標に応じて、ターゲットコンテンツに必要なセグメントと戦略を定義する必要があります。

このようなセグメントを使用して、訪問者に特定のターゲットコンテンツを提供します。 このコンテンツは、Web サイトのキャンペーンセクションで管理されます。ここで定義されたティーザーページは、任意のページでティーザー段落として追加できます。また、専用のコンテンツを適用できる訪問者セグメントを定義できます。

AEM を使用すると、セグメント、ティーザーおよびキャンペーンを簡単に作成できます。また、定義の結果を検証することもできます。 

セグメントエディターを使用すると、セグメントを簡単に定義できます。

segmenteditor

各セグメントを編集して、タイトル説明およびブースト係数を指定できます。サイドキックを使用して、AND および OR コンテナを追加してセグメントロジックを定義し、必要なセグメントの特性を追加して選択基準を定義できます。

ブースト係数

各セグメントには、重み付け係数として使用されるブーストパラメーターがあります。この数値が高いセグメントは、低い数値のセグメントよりも優先して選択されます。

セグメントのロジック

以下のロジックコンテナはすぐに使用でき、これらによってセグメントの選択ロジックを構築できます。ロジックコンテナはサイドキックからエディターにドラッグできます。

AND コンテナ
ブール AND 演算子。
OR コンテナ
ブール OR 演算子。

セグメントの特徴

以下のセグメントの特性はすぐに使用できます。また、サイドキックからエディターにドラッグできます。

IP 範囲
訪問者が持つことができる IP アドレスの範囲を定義します。
ページヒット
ページがリクエストされた頻度。
ページプロパティ
訪問されたページのプロパティ。
リファラルキーワード
参照 Web サイトの情報と一致するキーワード。
スクリプト 評価される JavaScript 式。
セグメントの参照
他のセグメント定義の参照。
タグクラウド
訪問されたページのタグと一致するタグ。
ユーザーの年齢
ユーザープロファイルから取得されます。
ユーザープロパティ
ユーザープロファイルで使用できる他の情報。

OR および AND のブール演算子を使用してこれらの特徴を組み合わせ(新しいセグメントの作成を参照)、このセグメントを選択できる確実なシナリオを定義します。

文全体が true と評価されると、このセグメントは解決されます。 複数のセグメントを適用可能な場合、ブースト係数も使用されます。

警告:

セグメントエディターは、循環参照をチェックしません。例えば、セグメント A が別のセグメント B を参照し、次に、そのセグメント B がセグメント A を参照している場合があります。セグメントに循環参照が含まれていないことを確認する必要があります。

注意:

_i18n サフィックス付きのプロパティは、パーソナライゼーションの UI clientlib の一部であるスクリプトによって設定されます。UI は公開時には必要ないので、UI 関連の clientlib はすべて作成時に読み込まれます。

したがって、これらのプロパティを使用してセグメントを作成するときは、通常はインスタンスで browserFamily_i18n ではなく、browserFamily を使用する必要があります。

新しいセグメントの作成

 新しいセグメントを定義するには、次の手順に従います。

  1. レールで、ツール/運営/設定を選択します。

  2. 左側のウィンドウでセグメント化ページを開き、必要な場所に移動します。

  3. セグメント」テンプレートを使用して新規ページを作成します。

  4. 新規ページを開いて、セグメントエディターを表示します。

    screen_shot_2012-02-02at101726am
  5. サイドキックまたはコンテキストメニュー(通常、マウスを右クリックして「新規...」を選択すると、新規コンポーネントを挿入ウィンドウが表示される)を使用して、必要なセグメント特性を見つけます。それをデフォルトの AND コンテナに表示されるセグメントエディターにドラッグします。

  6. 新しい特性をダブルクリックして、特定のパラメーター(マウス位置など)を編集します。

  7. OK」をクリックして定義を保存します。

  8. セグメント設定を編集し、タイトル説明およびブースト係数を追加することができます。

  9. 必要に応じて特性を追加します。セグメントロジックにある「AND コンテナ」および「OR コンテナ」コンポーネントを使用してブール式を作成することができます。セグメントエディターでは、不要になった特性やコンテナを削除したり、ステートメント内の別の場所へドラッグすることができます。

AND コンテナと OR コンテナの使用

AEM で複雑なセグメントを作成できます。以下の点に注意してください。

  • 設定の最上位レベルは必ず、最初に作成される AND コンテナになります。これは変更できませんが、他のセグメント設定には影響しません。
  • コンテナのネストが正しいことを確認します。ブール式ではコンテナは大括弧で表示されます。

以下の例は、次の 2 つの条件のいずれかに当てはまる訪問者の選択に使用します。

16 才~ 65 才の男性

または

16 才~ 62 才の女性

主要演算子に OR を使用するため、「OR コンテナ」で開始する必要があります。この中に 2 つの AND ステートメントを挿入し、個別の特性を追加できる「AND コンテナ」がそれぞれに必要になります。

screen_shot_2012-02-02at105145am

セグメントの適用のテスト

セグメントを設定したら、クライアントコンテキストを使用して、考えられる結果についてテストすることができます。

  1. テストするセグメントを選択します。
  2. Ctrl + Alt + C キーを押して、クライアントコンテキストを開くと、収集されたデータが表示されます。テストをおこなう場合は、特定の値を編集するか別のプロファイルを読み込んで、その場で結果を確認できます。
  3. 設定した特性によっては、現在のページに使用できるデータがセグメントの設定に一致しないこともあります。一致の状態は設定の下に表示されます。

例えば、単純なセグメントはユーザーの年齢と性別に基づいて定義できます。特定のプロファイルを読み込むと、セグメントが正常に解決されたか

失敗したかが表示されます。

注意:

すべての特性がただちに解決されます。ただし、ほとんどの特性はページを再読み込みしたときにのみ変更されます。マウス位置の変更はただちに表示されるので、テスト目的では役に立ちます。

ティーザーコンポーネントとも組み合わせて、同様のテストをコンテンツページにも実行できます。 

ティーザー段落にマウスを置くと、適用されたセグメント、セグメントが解決されたかどうか、その結果として現在のティーザーインスタンスが選択された理由が表示されます。

chlimage_1

セグメントの使用

セグメントは現在キャンペーンで使用されます。これらのセグメントを使用して、特定のターゲット読者に向けられた実際のコンテンツを制御することができます。詳しくは、セグメント化についてを参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー