現在表示中:

タッチ対応機能はクラシック UI と同等の機能を実現しており、実際には AEM の多くの部分でクラシック UI を上回っているので、現在、タッチ対応インターフェイスからクラシックインターフェイスへのアクセスは、デフォルトで無効になっています。次のページでは、必要に応じて、タッチ対応インターフェイスからクラシックインターフェイスへのアクセスを再有効化する方法について説明します。

注意:

クラシック UI との機能の対応ステータスについて詳しくは、タッチ UI 機能のステータスに関するドキュメントを参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー