現在表示中:

AEM では、Adobe Analytics および Adobe Target との統合が容易になりました。管理者としてログインすると、統合の設定に関する次のオプションが表示されます。

統合の設定

Analytics や Target との統合をオプトインすれば、そのページ追跡機能や分析機能、およびパーソナライゼーション機能を利用できるようになります。オプトインしたら、ユーザーアカウント情報を設定して、追跡するページを指定する必要があります。

注意:

オプションで、サーバーの起動時に読み込まれるプロパティファイルを使用して、Analytics および Target のアカウント情報を設定できます。プロパティファイルを使用したアカウント情報の設定を参照してください。

統合をオプトインすると、AEM が次のタスクを実行します。

  • Analytics および Target への接続を可能にするクラウド設定を作成する。
  • 追跡するデータを決定するフレームワークを作成する。
  • 追跡が可能になるように Web ページを設定する。

注意:

AT.js をクライアントライブラリとして使用するには、ウィザードの使用後、ターゲットクラウドサービスの設定に移動し、クライアントライブラリを mbox.js から AT.js に変更する必要があります。デフォルトでは mbox.js が選択されています。AT.js をクライアントライブラリとして使用することをお勧めします。

設定をオプトインしたら、その変更内容をパブリッシュインスタンスにレプリケーションするために、影響を受けるページを公開する必要があります。 

  1. Analytics & Targeting を設定ダイアログボックスで「Analytics & Targeting を今すぐ設定」を選択し、「次へ」をクリックします。

    chlimage_1
  2. AEM に匿名使用状況データの収集を許可するには、「匿名使用状況データの送信を許可」を選択し、「続行」をクリックします。

  3. Analytics または Target のユーザーアカウント情報を入力し、対応する「追加」ボタンをクリックします。

    Analytics の場合は、資格情報が認証され、そのアカウントに関連付けられている Analytics レポートスイートを AEM が取得します。

    chlimage_1
  4. Analytics アカウントが認証されたら、使用する Analytics レポートスイートを選択し、「次へ」をクリックします。

    chlimage_1
  5. 設定に関連付けるサイトを選択し、「完了」をクリックします。

  6. サイトコンソール(http://localhost:4502/sites.html/content)で、追跡するサイトを選択し、「発行」をクリックします。

統合を後で設定

設定を実行する準備ができていない場合は、Analytics および Target との統合を延期します。統合を延期すると、次回ログインしたときに設定を実行するように再度要求されます。 

  • Analytics と Targeting の設定ダイアログボックスで、キャンセル後で通知するをクリックまたはタップします。

注意:

後で通知する」を選択せずに統合をキャンセルした場合でも、リンク http://localhost:4502/libs/cq/cloudservicesprovisioning/content/wizard/opt-in.html から直接ウィザードにアクセスできます。

統合のオプトアウト

ログイン時に Analytics と Targeting の設定ダイアログボックスを表示したくない場合は、Analytics および Target との統合をオプトアウトします。統合を手動で設定する場合や、これらの製品と統合しない場合もオプトアウトしてください。 

手動での統合の設定については、Adobe Analytics との統合および Adobe Target との統合を参照してください。

  • Analytics と Targeting の設定ダイアログボックスで、キャンセル今後確認しないをクリックまたはタップします。

プロパティファイルを使用したアカウント情報の設定

Analytics および Target との統合用のアカウントプロパティを設定するために AEM がサーバーの起動時に読み込むプロパティファイルをインストールします。プロパティファイルを使用すると、オプトインウィザードにファイルのプロパティが自動的に設定され、それに従ってクラウド設定が作成されます。

プロパティファイルは marketingcloud.properties という名前のテキストファイルで、AEM プロセスが使用する作業ディレクトリ(通常は JAR ファイルと同じディレクトリ)に保存します。このファイルには次のプロパティが含まれます。

  • analytics.server:使用する Analytics データセンターの URL。
  • analytics.company:Analytics ユーザーアカウントに関連付けられた会社。
  • analytics.username:Analytics ユーザー名。
  • analytics.password:Analytics ユーザー名に関連付けられたパスワード。
  • analytics.reportsuite:使用する Analytics レポートスイートの名前。
  • target.clientcode:Target アカウントに関連付けられたクライアントコード。
  • target.email:Target アカウントの認証に使用する電子メールアドレス。
  • target.password:電子メールアドレスに関連付けられたパスワード。

プロパティと値は等号(=)で区切ります。Analytics プロパティの先頭には analytics が付き、Target プロパティの先頭には target が付きます。サービスを設定するには、そのサービスのすべてのプロパティの値を設定します。サービスを設定しない場合は、そのサービスの値を設定しないでください。

次のプロパティファイルのサンプルには、Analytics 用のクラウド設定を作成するためのプロパティ値が含まれています。

analytics.server=https://api5.omniture.com/admin/1.4/rest/ 
analytics.company=MyCompany
analytics.username=sbroders 
analytics.password=12345678 
analytics.reportsuite=myreportsuite 
target.clientcode=
target.email=
target.password=

プロパティファイルを使用して統合をオプトインする手順を以下に示します。

  1. AEM プロセスが使用する作業ディレクトリ(オーサーインスタンス)に marketingcloud.properties ファイルを作成します。

  2. Analytics または Target のアカウントに従って、プロパティ値を追加します。

  3. サーバーを起動または再起動し、管理者アカウントを使用してログインします。

  4. 統合の設定で説明したように、Analytics と Targeting の設定ダイアログボックスを使用します。アカウント情報を入力する代わりに、ウィザードにプロパティシートの値が設定されます。先に進むには、そのサービスの「追加」をクリックします。

    chlimage_1

クラウド設定について

Analytics および Target との統合を設定すると、必要なクラウド設定とフレームワークを AEM が自動的に作成します。例えば、Analytics のクラウド設定は Provisioned Analytics Account という名前です。

このクラウド設定を変更する必要はありません。ただし、必要に応じてフレームワークを設定できます( コンポーネントデータと SiteCatalyst プロパティのマッピングおよび Target フレームワークの追加を参照)。

注意:

デフォルトでは、Adobe Target 設定ウィザードをオプトインすると、正確なターゲット設定が有効になります。 

正確なターゲット設定を有効にすると、クラウドサービス設定はコンテンツが読み込まれるまでコンテキストの読み込みを待機します。結果として、正確なターゲット設定を有効にすると、パフォーマンスの面ではコンテンツの読み込みに数ミリ秒の遅延が発生することがあります。

正確なターゲット設定はオーサーインスタンスでは常に有効になっています。ただし、パブリッシュインスタンスではクラウドサービス設定(http://localhost:4502/etc/cloudservices.html)の正確なターゲット設定の横にあるチェックマークをオフにすることで、正確なターゲット設定をグローバルにオフにできます。また、クラウドサービス設定の設定に関係なく、個々のコンポーネントの正確なターゲット設定のオンとオフを切り替えることもできます。

この設定を変更しても、作成済みの対象コンポーネントには影響しません。これらのコンポーネントには直接変更を加える必要があります。

スクリプトを使用したセットアップとプロビジョニングの設定

管理者の場合、ウィザードの手順に従って手動でおこなう代わりに、スクリプトを使用してセットアップとプロビジョニングを実行できます。次のように実行します。

POST リクエストと必要なパラメーターを /libs/cq/cloudservicesprovisioning/content/autoprovisioning.json に送信します。

送信するパラメーターは、次のように場合によって異なります。

必要な資格情報がすべて入力された marketingcloud.properties ファイルを使用する場合は、次のパラメーターを送信する必要があります。

  • automaticProvisioning=true
  • servicename=analytics|target
  • sitepath=作成したクラウドサービス設定を接続する AEM ページへのパス

例えば、Analytics と Target の両方の設定を作成し、それらを we.retail ページに添付する curl 要求は次のとおりです。

curl -v -u admin:admin -X POST -d"automaticProvisioning=true&servicename=target&servicename=analytics&sitepath=/content/we-retail" http://localhost:4502/libs/cq/cloudservicesprovisioning/content/autoprovisioning.json

marketingcloud.properties ファイルを使用しない場合は、パラメーターと共に資格情報を送信する必要があります。

  • automaticProvisioning=true
  • servicename=analytics|target
  • sitepath=作成したクラウドサービス設定を接続する AEM ページへのパス
  • analytics.server=https://servername
  • analytics.company=会社の名前
  • analytics.username=自分
  • analytics.secret=secret
  • analytics.reportsuite=we-retail
  • target.clientcode=自分の会社
  • target.email=me@adobe.com
  • target.password=パスワード

この場合、Analytics と Target の両方の設定を作成し、それらを we-retail ページに添付する同じ curl 要求は次のようになります。

curl -v -u admin:admin -X POST -d"automaticProvisioning=false&servicename=target&servicename=analytics&sitepath=/content/we-retail&analytics.server=https://servername/&analytics.company=Name of company&analytics.username=me&analytics.secret=secret&analytics.reportsuite=weretail&target.clientcode=mycompany&target.email=me@adobe.com&target.password=password" http://localhost:4502/libs/cq/cloudservicesprovisioning/content/autoprovisioning.json

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー