現在表示中:

KDE を使用して WebDAV を介して AEM に接続するには:

AEM では、WebDAV がサポートされており、WebDAV を使用してリポジトリコンテンツを表示および編集できます。WebDAV を介して接続すると、デスクトップからコンテンツリポジトリに直接アクセスできるようになります。WebDAV 接続を使用してテキストファイルや PDF ファイルをリポジトリに追加すると、自動的にそのファイルの全文インデックスが作成され、通常の検索インターフェイスや標準的な Java API を使用して検索できるようになります。

一般

このドキュメントでは、各オペレーティングシステムでの詳細な手順について説明していますが、WebDAV プロトコルを使用してリポジトリに接続する場合は、基本的に WebDAV クライアントから次の場所を参照します。

http://localhost:4502
chlimage_1

この URL にオペレーティングシステムレベルで接続した場合には、WebDAV からデフォルトワークスペース(crx.default)にアクセスすることになります。ユーザーにとっては簡単ですが、この場合、WebDAV の URL を追加で指定してワークスペース名を柔軟に指定することはできません。

AEM ではリポジトリコンテンツが以下のように表示されます。

  • タイプが nt:folder のノードはフォルダーとして表示されます。nt:folder ノードの下のノードはフォルダーコンテンツとして表示されます。
  • タイプが nt:file のノードはファイルとして表示されます。nt:file ノードの下のノードは表示されませんが、ファイルのコンテンツを形成します。

WebDAV を使用してフォルダーとファイルを作成および編集すると、AEM では必要な nt:folder ノードと nt:file ノードが作成および編集されます。WebDAV を使用してコンテンツの読み込みや書き出しをおこなう予定の場合は、可能な限り nt:file および nt:folder のノードタイプを使用するようにしてください。

注意:

WebDAV を設定する前に、技術要件を確認してください。

WebDAV の URL

WebDAV サーバーの URL の構造は以下のとおりです。

URL コンポーネント http://<host>:<port> /<crx-webapp-path> /repository /<workspace>
http://localhost:4502 /crx /repository /crx.default
説明 AEM が実行されるホストおよびポート AEM リポジトリ Web アプリケーションのパス WebDAV サーブレットがマッピングされるパス ワークスペースの名前

パスのワークスペース要素を変更することによって、デフォルト(crx.default)以外のワークスペースをマッピングできます。例えば、staging というワークスペースをマッピングするには、次の URL を使用します。

http://localhost:4502/crx/repository/staging

WebDAV を介した接続

前述のとおり、WebDAV プロトコルを使用してリポジトリに接続する場合は、WebDAV クライアントからリポジトリの場所を参照します。ただし、クライアントを接続するための手順は OS によって異なり、場合によっては OS の設定が必要になることもあります。

ここでは、次のオペレーティングシステムを接続する方法について説明します。

Windows

SSL で保護されていない AEM インスタンスに Microsoft Windows 7(以降)システムを正常に接続するには、保護されていないネットワーク上で基本認証を確立するためのオプションを Windows で明示的に有効にする必要があります。そのためには、WebClient の Windows レジストリを変更する必要があります。

レジストリの更新後、AEM インスタンスをドライブとしてマッピングできます。

Windows 7 以降の設定

保護されていないネットワーク上での基本認証を許可するようにレジストリを更新するには:

  1. 次のレジストリのサブキーを探します。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\WebClient\Parameters
  2. BasicAuthLevel レジストリエントリのサブキーの値を 2 以上に設定します。

    サブキーが存在しない場合は追加します。

  3. レジストリの変更を有効にするには、システムを再起動する必要があります。

このレジストリの変更について詳しくは、Microsoft サポート技術情報 841215 を参照してください。

Windows 環境での WebDav クライアントの応答性を改善する方法については、Microsoft サポート技術情報 2445570 を参照してください。

注意:

リポジトリユーザーと同じ資格情報を持つ Windows ユーザーを作成することをお勧めします。そうしないと、権限の競合が発生する可能性があります。

Windows 8 の設定

Windows 8 でも、Windows 7 以降の場合と同様に、レジストリエントリを変更する必要があります。ただし、事前にデスクトップエクスペリエンスを有効にして、レジストリエントリが表示されるようにする必要があります。

デスクトップエクスペリエンスを有効にするには、「サーバー マネージャー」、「機能」、「機能の追加」、「デスクトップ エクスペリエンス」の順に開きます。

再起動すると、Windows 7 以降で説明したレジストリエントリが使用可能になります。変更方法は Windows 7 以降の場合と同じです。

Windows での接続

Windows 環境で WebDAV を介して AEM に接続するには:

  1. Windows エクスプローラーまたはエクスプローラーを開き、「コンピューター」または「PC」をクリックします。

    chlimage_1
  2. ネットワークドライブの割り当て」をクリックして、ウィザードを起動します。

  3. マッピングの詳細を入力します。

    • ドライブ:使用可能な任意の文字を選択
    • フォルダーhttp://localhost:4502
    • 別の資格情報を使用して接続する」をオン

    「完了」をクリックします。

    chlimage_1

    注意:

    AEM が別のポートにある場合は、4502 の代わりにそのポート番号を使用してください。また、コンテンツリポジトリをローカルマシンで実行していない場合は、localhost を該当するサーバー名または IP アドレスに置き換えてください。

  4. ユーザー名として「admin」、パスワードとして「admin」と入力します。あらかじめ設定されている admin アカウントを使用してテストすることをお勧めします。

    chlimage_1
  5. ウィザードが閉じ、新規にマッピングしたドライブが Windows エクスプローラーまたはエクスプローラーに開きます。

    chlimage_1

以上で、WebDAV を介して AEM が Windows のドライブとしてマッピングされ、他のドライブと同じように使用できるようになります。

macOS

macOS では、WebDAV を介して接続するために必要な設定手順は特にありません。単に WebDAV サーバーに接続するだけです。

  1. 任意の Finder ウィンドウに移動して「移動」と「サーバへ接続」をクリックするか、Command + K キーを押します。

  2. サーバへ接続ウィンドウで、AEM の場所を入力します。

    • http://localhost:4502

    注意:

    AEM が別のポートにある場合は、4502 の代わりにそのポート番号を使用してください。また、コンテンツリポジトリをローカルマシンで実行していない場合は、localhost を該当するサーバー名または IP アドレスに置き換えてください。

  3. 認証を要求する画面が表示されたら、ユーザー名として「admin」、パスワードとして「admin」と入力します。あらかじめ設定されている admin アカウントを使用してテストすることをお勧めします。

以上で、WebDAV を介して AEM に接続され、Mac 上の他のフォルダーと同じように使用できるようになります。

Linux

Linux では、WebDAV を介して接続するために必要な設定は特にありませんが、デスクトップ環境によっては接続を確立するためにいくつかの手順が必要になる場合があります。

GNOME

GNOME を使用して WebDAV を介して AEM に接続するには:

  1. Nautilus(ファイルエクスプローラー)で、「Places」を選択し、「Connect to Server」を選択します。

  2. Connect to Server ウィンドウの「Service Type」で「WebDAV (HTTP)」を選択します。

  3. Server」に、「http://localhost:4502/crx/repository/crx.default」と入力します。

    注意:

    AEM が別のポートにある場合は、4502 の代わりにそのポート番号を使用してください。また、コンテンツリポジトリをローカルマシンで実行していない場合は、localhost を該当するサーバー名または IP アドレスに置き換えてください。

  4. Folder」に、「/dav」と入力します。

  5. ユーザー名として「admin」と入力します。あらかじめ設定されている admin アカウントを使用してテストすることをお勧めします。

  6. ポートは空白のままにして、接続用の名前を入力します。

  7. Connect」をクリックします。パスワードを要求する画面が表示されます。

  8. パスワードとして「admin」と入力し、「Connect」をクリックします。

以上で、AEM が GNOME のボリュームとしてマウントされ、他のボリュームと同じように使用できるようになります。

KDE

  1. ネットワークフォルダーウィザードを開きます。

  2. WebFolder」(webdav)を選択して「Next」をクリックします。

  3. Name」に接続名を入力します。

  4. User」に、「admin」と入力します。あらかじめ設定されている admin アカウントを使用することをお勧めします。

  5. Server」に、「http://localhost:4502/crx/repository/crx.default」と入力します。

    注意:

    AEM が別のポートにある場合は、4502 の代わりにそのポート番号を使用してください。また、コンテンツリポジトリをローカルマシンで実行していない場合は、localhost を該当するサーバー名または IP アドレスに置き換えてください。

  6. Folder」に、「/dav」と入力します。

  7. Save and Connect」をクリックします。

  8. パスワードを要求する画面が表示されたら、パスワードとして「admin」と入力し、「Connect」をクリックします。

以上で、AEM が KDE のボリュームとしてマウントされ、他のボリュームと同じように使用できるようになります。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー