現在表示中:

タッチ操作向け UI はクラシック UI を置き換えるようにデザインされているので、クラシック UI の使用を続行するには、AEM インスタンスのユーザーまたは管理者が自発的に決定する必要があります。クラシック UI はもうメンテナンスがおこなわれていないので、オーサリングユーザーはクラシック UI からタッチ操作向け UI の同等の機能に簡単に切り替えることはできません。

オーサリングユーザーが使用しやすいように、タッチ操作向け UI は必要に応じてクラシック UI に切り替えることができます。詳しくは、標準オーサリングのドキュメントの UI の選択を参照してください。

注意:

以前のバージョンからアップグレードされたインスタンスでは、ページオーサリング用にクラシック UI が保持されます。

アップグレード後、ページオーサリングが自動的にタッチ操作向け UI に切り替わることはありませんが、WCM オーサリング UI モードサービスAuthoringUIMode サービス)の OSGi 設定を使用して、これを設定できます。エディターの UI 上書きを参照してください。

個別の例に合わせたデフォルト UI の設定

システム管理者は、ルートマッピングを使用して、起動時およびログイン時に表示される UI を設定できます。

この設定はユーザーデフォルトまたはセッション設定によって上書きできます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー