現在表示中:

Adobe Experience Manager(AEM)のコンテンツフラグメントは、ページから独立したアセットとして作成および管理されます

これによりチャネルに依存しないコンテンツを、様々なバリエーション(チャネル固有)で作成できます。その後、コンテンツページをオーサリングする際に、これらのフラグメントとそれらのバリエーションを使用できます。

警告:

クラシック UI では、コンテンツフラグメント管理のすべての機能を使用できるわけではありません。標準オーサリングのドキュメントのコンテンツフラグメントを使用したページのオーサリングを参照してください。

コンテンツフラグメントコンポーネントは、クラシック UI のサイドキックに表示されますが、機能を使用することはできません。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー