現在表示中:

AEM では、次の設定が可能です。

  • 中央のログサービスのグローバルパラメーター
  • 要求データのログ(要求情報用の特殊なログ設定)
  • 個々のサービスに特有の設定(個々のログファイルおよびログメッセージの書式など)

これらはすべて、OSGi の設定です。

注意:

AEM のログは、Sling の原則に基づいています。詳しくは、Sling のログを参照してください。

グローバルログ

ルートロガーを設定するには、Apache Sling Logging Configuration を使用します。これにより、AEM のログのグローバル設定が定義されます。

  • ログレベル
  • 主要なログファイルの場所
  • 保存するバージョンの数
  • バージョンのローテーション(最大サイズまたは期間)
  • ログメッセージを書き込むときに使用する形式

注意:

このナレッジベースの記事では、request.log ファイルと access.log ファイルのローテーション方法について説明します。

個々のサービス用のロガーとライター

グローバルログ設定に加えて、AEM では個々のサービス用に具体的な設定をおこなうことができます。

  • 具体的なログレベル
  • 個々のログファイルの場所
  • 保存するバージョンの数
  • バージョンのローテーション(最大サイズまたは期間)
  • ログメッセージを書き込むときに使用する形式
  • ロガー(ログメッセージを提供する OSGi サービス)

これにより、単一のサービスに関するログメッセージを別個のファイルに送ることができます。これは、開発やテストの際、例えば特定のサービスのログレベルを上げる必要がある場合などに特に便利です。

AEM では、以下の手順でログメッセージをファイルに書き込みます。

  1. OSGi サービス(ロガー)がログメッセージを書き込みます。
  2. Logging Logger がこのメッセージを受け取り、仕様に従って書式設定します。
  3. Logging Writer が、これらすべてのメッセージを、定義済みの物理ファイルに書き込みます。

これらの要素は、該当する要素の次のパラメーターによってリンクされます。

  • Logger(Logging Logger)
    メッセージを生成するサービスを定義します。
  • Log File(Logging Logger)
    ログメッセージを格納する物理ファイルを定義します。
    これは、Logging Logger と Logging Writer をリンクさせる際に使用します。接続をおこなうには、Logging Writer 設定の同じパラメーターと同一の値を使用する必要があります。
  • Log File(Logging Writer)
    ログメッセージの書き込み先の物理ファイルを定義します。
    これが Logging Writer 設定の同じパラメーターと同一でない場合は、照合はおこなわれません。一致がない場合は、暗黙のライターがデフォルトの設定で作成されます(毎日のログローテーション)。

標準のロガーおよびライター

標準の AEM インストールには、特定のロガーおよびライターが含まれています。

1 つ目は特殊なケースで、request.log ファイルと access.log ファイルの両方を制御します。

  • ロガー:
    • Apache Sling Customizable Request Data Logger
      (org.apache.sling.engine.impl.log.RequestLoggerService)
    • 要求コンテンツに関するメッセージを request.log に書き込みます。
  • リンク先:
    • Apache Sling Request Logger
      (org.apache.sling.engine.impl.log.RequestLogger)
    • メッセージを request.log または access.log に書き込みます。

これらは必要に応じてカスタマイズできますが、ほとんどのインストールには標準設定が適しています。

その他のペアは、標準設定に従います。

  • ロガー:
    • Apache Sling Logging Logger Configuration
      (org.apache.sling.commons.log.LogManager.factory.config)
    • Information メッセージを logs/error.log に書き込みます。
  • リンク先のライター:
    • Apache Sling Logging Writer Configuration
      (org.apache.sling.commons.log.LogManager.factory.writer)
  • ロガー:
    • Apache Sling Logging Logger Configuration
      (org.apache.sling.commons.log.LogManager.factory.config.649d51b7-6425-45c9-81e6-2697a03d6be7)
    • Warning メッセージを、org.apache.pdfbox サービス用の ../logs/error.log に書き込みます。
  • 特定のライターにリンクしないので、デフォルト設定で暗黙のライターを作成して使用します(毎日のログローテーション)。

独自のロガーおよびライターの作成

次の手順で、独自のロガーとライターのペアを定義できます。

  1. ファクトリ設定の Apache Sling Logging Logger Configuration の新しいインスタンスを作成します。
    1. ログファイルを指定します。
    2. ロガーを指定します。
    3. 必要に応じてその他のパラメーターを設定します。
  2. ファクトリ設定の Apache Sling Logging Writer Configuration の新しいインスタンスを作成します。
    1. ログファイルを指定します。ロガーに指定したものと同じファイルを指定する必要があります。
    2. 必要に応じてその他のパラメーターを設定します。

注意:

状況によっては、カスタムログファイルを作成する必要があります。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー