現在表示中:

このページでは、オフラインチャネルと更新ハンドラーについて説明します。

Screens プレーヤーでは、ContentSync テクノロジーを利用してチャネルのオフラインサポートを提供しています。

プレーヤーは、解凍したコンテンツを提供するためにローカルの HTTP サーバーを使用します。

チャネルがオンラインで実行されるように設定されている場合、プレーヤーは AEM サーバーにアクセスしてチャネルリソースを提供します。これに対し、チャネルがオフラインで実行されるように設定されている場合、プレーヤーはローカルの HTTP サーバーからチャネルリソースを提供します。

このプロセスのワークフローを次に示します。

  1. 目的のページを解析します。
  2. すべての関連アセットを収集します。
  3. すべての要素を zip ファイルにパッケージ化します。
  4. zip ファイルをダウンロードし、ローカルに抽出します。
  5. コンテンツのローカルコピーを表示します。

更新ハンドラー

ContentSync は、更新ハンドラーを使用して、特定のプロジェクトに必要なすべてのページとアセットを解析および収集します。AEM Screens では、次の更新ハンドラーが使用されます。

共通オプション

  • type:使用する更新ハンドラーのタイプ
  • path:リソースのパス
  • [targetRootDirectory]:zip ファイル内のターゲットフォルダー
タイプ 説明 オプション
channels チャネルを収集します。 extension:収集するリソースの拡張子
[pathSuffix='']:チャネルパスに追加するサフィックス
[deep=true]:子ページを再帰的に解析するかどうか
[includeImages=true]:チャネル内のすべての画像を含む
[includeVideos=true]:チャネル内のすべてのビデオを含む
[includeProducts=true]:チャネル内のすべての製品を含む
clientlib 指定したクライアントライブラリを収集します。 [extension='']:css または js を指定可能(css と js のいずれかのみを収集する場合)
assetrenditions アセットのレンディションを収集します。 [renditions=[]]:収集するレンディションのリスト。デフォルトでは元のレンディション
copy 指定した構造をパスからコピーします。  

更新ハンドラーの設定例

ContentSync 設定のテスト

ContentSync 設定をテストするには、次の手順を実行します。

  1. http://localhost:4502/libs/cq/contentsync/content/console.html を開きます。
  2. リストから設定を選択します。
  3. 「キャッシュをクリア」をクリックします。
  4. 「キャッシュを更新」をクリックします。
  5. 「すべてダウンロード」をクリックします。
  6. zip ファイルを解凍します。
  7. 解凍したフォルダー内のローカルサーバーを起動します。
  8. スタートページを開き、アプリケーションの状態を確認します。

チャネルのオフライン設定の有効化

チャネルのオフライン設定を有効にするには、次の手順を実行します。

  1. チャネルコンテンツを調べて、それが AEM インスタンスから要求されているかどうかを確認します(オンライン)。

    chlimage_1
  2. チャネルのダッシュボードに移動し、チャネル情報パネルの三点リーダー(「...」)をクリックしてプロパティを変更します。

    chlimage_1
  3. チャネルのプロパティに移動し、「チャネル」タブのチェックボックスが無効になっていることを確認します。「保存して閉じる」をクリックします。

    chlimage_1

    コンテンツが Screens プレーヤーにプッシュされます。

    chlimage_1
  4. チャネルコンテンツを調べて、それがローカルの Player-Cache から要求されているかどうかを確認します。 

    chlimage_1

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー