現在表示中:

統合フレームワークには、API を備えた統合レイヤーが含まれます。以下を実行できます。

  • e コマースシステムを組み込んで、製品データを AEM に取り込む
  • 特定の e コマースエンジンに依存しないコマース機能用の AEM コンポーネントを作成する
詳しくは、次を参照してください。

注意:

e コマースフレームワークはあらゆる e コマースソリューションで使用できるので、Intershop、Elastic Path または IBM Websphere Commerce での開発について詳しくは、開発(汎用)を参照してください。

注意:

この統合フレームワークを外部 e コマースプロバイダーと連携して利用するには、まず必要なパッケージをインストールする必要があります。詳しくは、e コマースのデプロイを参照してください。

e コマースの実装の概念および管理について詳しくは、e コマースの管理を参照してください。

API に関するドキュメント

e コマース API は、次のパッケージで提供されます。

    com.adobe.cq.commerce.*

詳しくは、API に関するドキュメントを参照してください。

注意:

e コマースプロバイダーを作成する方法については、その手順を詳述した記事「独自の Adobe Experience Manager 6.2 e コマースプロバイダーの作成」を参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー