現在表示中:

テンプレートは、AEM の様々な場面で使用されます。

ここでは、次のテンプレートについて詳しく説明します。

テンプレート - ページ

現在、AEM には、ページ作成用として 2 つの基本的なタイプのテンプレートが用意されています。

注意:

新しいページを作成するときにテンプレートを使用する際、ページ編集者にとって見た目的な違いはなく、またどちらのタイプのテンプレートを使用しているかについての表示もありません。

編集可能テンプレート

編集可能テンプレートには、次の特徴があります。

  • 作成者が作成および編集できます。
  • テンプレートを使用して作成される任意のページで、以下の項目を定義できます。
    • 構造
    • 初期コンテンツ
    • コンテンツポリシー
  • 新しいページの作成後も、そのページとテンプレートの間に動的接続が維持されます。つまり、テンプレートの構造に対する変更は、そのテンプレートを使用して作成されるすべてのページに反映されます(初期コンテンツに対する変更は反映されません)。
  • デザインプロパティを保持するには、テンプレートエディターから編集できるコンテンツポリシーを使用します(ページエディター内のデザインモードは使用しません)。
  • /conf に保存されます。
  • 詳しくは、編集可能テンプレートを参照してください。

静的テンプレート

静的テンプレートには、次の特徴があります。

  • 開発者が定義および設定する必要があります。
  • いくつかのバージョンの AEM で使用可能になっています。 
  • 作成されるページと同じ構造のノード階層を含んでいますが、実際のコンテンツはありません。
  • 新しいページはテンプレートをコピーして作成されるので、動的接続は存在しません。
  • デザインプロパティを保持するには、デザインモードを使用します。
  • /apps に保存されます。
  • 詳しくは、静的テンプレートを参照してください。

使用可能なテンプレート

サイト管理インターフェイスで新しいページを作成する場合、使用可能なテンプレートのリストは、新しいページの場所と、各テンプレートで指定されている配置制限によって異なります。

以下のプロパティによって、テンプレート T が、ページ P の子として配置される新しいページに使用可能かどうかが決まります。これらのプロパティはそれぞれ複数値の文字列であり、パスとの照合に使用される正規表現がゼロ個以上含まれています。

  • P または P の上位ページの、jcr:content サブノードの cq:allowedTemplates プロパティ。
  • TallowedPaths プロパティ。
  • TallowedParents プロパティ。
  • P のテンプレートの allowedChildren プロパティ。

評価は次のようにおこなわれます。

  • P から始まるページ階層を昇順で検索したときに最初に見つかった空でない cq:allowedTemplates プロパティが、T のパスに対して照合されます。一致する値がない場合、T は拒否されます。
  • T に空でない allowedPaths プロパティがあるものの、P のパスと一致する値がない場合、T は拒否されます。
  • 上述の両方のプロパティが空または存在しない場合、P と同じアプリケーションに所属していない限り、T は拒否されます。TP と同じアプリケーションに所属するのは、T のパスの第 2 レベルの名前が P のパスの第 2 レベルの名前と同じ場合のみです。例えば、テンプレート /apps/geometrixx/templates/foo は、ページ /content/geometrixx と同じアプリケーションに所属します。
  • T に空でない allowedParents プロパティがあるものの、P のパスと一致する値がない場合、T は拒否されます。
  • P のテンプレートに空でない allowedChildren プロパティがあるものの、T のパスと一致する値がない場合、T は拒否されます。
  • その他すべての場合は、T は許可されます。

以下の図は、テンプレートの評価プロセスを示しています。

chlimage_1

子ページで使用するテンプレートの制限

特定のページの下に子ページを使用する際に使用できるテンプレートを制限するには、そのページの jcr:content ノードcq:allowedTemplates プロパティを使用して、子ページとして許可するテンプレートのリストを指定します。リスト内の値は、許可される子ページのテンプレートに対する絶対パスを指定する必要があります。例えば /apps/geometrixx/templates/contentpage などです。

テンプレートの jcr:content ノードの cq:allowedTemplates プロパティを使用すると、このテンプレートを使用するすべての新規作成ページにこの設定を適用できます。

制約を追加する場合(テンプレート階層に関してなど)は、テンプレートの allowedParents/allowedChildren プロパティを使用できます。その後、テンプレート T から作成されたページはテンプレート T から作成されたページの親または子でなければならないことを明示的に指定できます。

テンプレート - コンテンツフラグメント

詳しくは、コンテンツフラグメントテンプレートを参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー