現在表示中:

AEM Assets での非同期操作の概要

Adobe Experience Manger(AEM)Assets では、パフォーマンスを悪化させないために、長時間実行され、リソースを集中的に消費する特定のアセット操作は、非同期的に処理されます。

このような操作には以下のようなものがあります。

  • 多数のアセットの削除
  • 多数のアセットまたは多数の参照があるアセットの移動
  • アセットメタデータの一括での書き出しまたは読み込み

非同期処理では複数のジョブがエンキューされ、システムリソースの可用性に応じた順序でジョブが実行されます。

非同期ジョブのステータスは、非同期ジョブステータスページで確認できます。

注意:

デフォルトでは、AEM Assets でのジョブは並行して実行されます。N が CPU コアの数であるとすると、デフォルトでは N/2 のジョブを並行して実行できます。ジョブキューのカスタム設定を使用するには、Web コンソールで「Async Operation Default Queue」設定を変更します。詳しくは、Queue Configurations を参照してください。

非同期操作のステータスの監視

AEM Assets で操作が非同期的に処理される場合は常に、インボックスと電子メールで通知を受け取ります。

非同期操作のステータスの詳細を表示するには、非同期ジョブステータスページに移動します。

  1. AEM のロゴをタップまたはクリックし、アセットジョブに移動します。

  2. 非同期ジョブステータスページで、操作の詳細をレビューします。

    job_status

    特定の操作の進行状況を確認するには、「ステータス」列の値を参照します。進行状況に応じて、以下のいずれかのステータスが表示されます。

    アクティブ:操作は処理中です。

    成功:操作は完了しました。

    失敗:操作を処理できませんでした。

    スケジュール済み:操作は後で処理するためにスケジュールされています。

  3. アクティブな操作を停止するには、リストから対象の操作を選択し、ツールバーの「停止」アイコンをタップまたはクリックします。

    stop_icon
  4. 説明やログなど、その他の詳細を表示するには、操作を選択し、ツールバーの「開く」アイコンをタップまたはクリックします。

    open_icon

    ジョブの詳細ページが表示されます。

    job_details
  5. リストから操作を削除するには、ツールバーの「削除」を選択します。詳細を CSV ファイルでダウンロードするには、「ダウンロード」アイコンをタップまたはクリックします。

    注意:

    ステータスがアクティブまたは待機中のジョブは削除できません。

完了済みジョブのパージ

AEM Assets は、毎日午前 1 時にパージジョブを実行して、1 日以上経過した完了済みの非同期ジョブを削除します。

パージジョブのスケジュールと、完了済みジョブの詳細を削除するまでの保持期間を変更できます。任意の時点で詳細を保持する完了済みジョブの最大数を設定することもできます。

  1. AEM のロゴをタップまたはクリックし、ツール運営Web コンソールに移動します。

  2. Adobe CQ DAM Async Jobs Purge Scheduled」ジョブを開きます。

  3. 完了済みジョブを削除するまでの日数のしきい値と、詳細を履歴に保持するジョブの最大数を指定します。

    purge_job
  4. 変更内容を保存します。

非同期処理のしきい値の設定

AEM Assets が特定の操作を非同期的に処理する際の、アセットまたは参照の数のしきい値を設定できます。

 

非同期削除操作のしきい値の設定

削除するアセットまたはフォルダーの数がしきい値を超えると、削除操作が非同期的に実行されます。 

  1. AEM のロゴをタップまたはクリックし、ツール運営Web コンソールに移動します。

  2. Web コンソールで、「Async Delete Operation Job Processing」設定を開きます。

  3. Threshold number of assets」ボックスで、削除操作の非同期処理に関するアセットまたはフォルダーの数のしきい値を指定します。

    delete_threshold
  4. 変更内容を保存します。

非同期移動操作のしきい値の設定

移動するアセットやフォルダーまたは参照の数がしきい値を超えると、移動操作が非同期的に実行されます。 

  1. AEM のロゴをタップまたはクリックし、ツール運営Web コンソールに移動します。

  2. Web コンソールで、「Async Move Operation Job Processing」設定を開きます。

  3. Threshold number of assets/references」ボックスで、移動操作の非同期処理に関するアセットやフォルダーまたは参照の数のしきい値を指定します。

    move_threshold
  4. 変更内容を保存します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー