現在表示中:

Adobe Experience Manager(AEM)Assets は、コンテンツベロシティを通じてビジネス目標の達成に貢献する、高品質のデジタルマーケティングエクスペリエンスを実現する上できわめて重要な役割を果たします。AEM Assets でビデオやダイナミックメディアなどの多数のアセットを操作する、または定期的に大量のアセットをアップロードする場合、システムの効率化を実現する上でデジタルアセットの管理エクスペリエンスの最適化は重要な位置を占めます。

組織における AEM Assets のデプロイ方法や、アセットの取り込み、レンディションの生成およびメタデータの抽出に使用した機能に応じて、様々な領域でベストプラクティスを特定して順守することで、システムの安定性と高負荷下のパフォーマンスを大幅に改善できます。

ニーズに対応するエンタープライズアセット管理システムを構築、管理するためのプロセスとツールについては、次のガイドを参照してください。

  • Assets パフォーマンスチューニングガイド:実稼動環境への移行後を含めた実装のあらゆる段階における、システムから最大限のパフォーマンスを引き出すための各種ベストプラクティスが記載されています。
  • Assets サイジングガイドAssets 実装の予想図を描く際には、アセットのストレージ、CPU、メモリ、I/O、ネットワークスループットなどのリソースに十分な空きがあることを確認することが重要です。これらのアイテムのサイジングには、システムに読み込まれたアセットの数を理解しておく必要があります。このガイドには、AEM Assets のデプロイに必要なインフラストラクチャやリソースの予測に効果的な指標の判断に役立つベストプラクティスとサイジングツールが用意されています。
  • Assets 移行ガイド:従来使用していたシステムからアセットを AEM Assets に移行する場合、移行プロセスを効率化するにはいくつかの手順を考慮する必要があります。移行ガイドには、アセットを AEM に移行するタスクの、進行の各段階におけるベストプラクティスが記載されています。これには、メタデータの適用、レンディションの生成、パブリッシュインスタンスへのアセットのアクティベートなどが含まれています。
  • Assets のネットワークに関する考慮事項のドキュメント:AEM のインスタンスを処理する際に、ネットワークのトポロジを理解することは、ネットワークのパフォーマンスを理解し、渋滞地点を特定して、期待するユーザーエクスペリエンスを描くのに重要です。Assets のネットワークに関する考慮事項のドキュメントでは、AEM Assets のデプロイメントを設計する際のネットワークの考慮事項について説明します。
  • Assets 監視ガイド:AEM インスタンスのデプロイ後は、システムの整合性およびオペレーションの効率性が確保されるよう、特定のタスクおよびシステム全般を監視する必要があります。この監視ガイドには、システムの様々な側面を監視するためのベストプラクティスが記載されています。
  • Assets オフロードガイド:AEM Assets でサイズの大きいファイルや実行中のワークフローを処理すると、CPU、メモリおよび I/O リソースが大量に消費される可能性があります。 これらのタスクをオフロードすると、CPU、メモリおよび I/O のオーバーヘッドを削減することができます。Assets オフロードガイドには、Assets オフロードの推奨される使用例およびベストプラクティスが記載されています。
  • AEM Desktop App ベストプラクティス:AEM Desktop App は、デジタルアセット管理(DAM)ソリューションとユーザーのデスクトップをリンクします。ユーザーは、AEM Web UI で使用できるファイルをデスクトップで直接開くことができます。Desktop App の使いやすいワークフローは、デスクトップのオペレーティングシステムによって提供されるネットワーク共有テクノロジにより有効化されます。このガイドには、AEM Desktop App の主要な機能と推奨される使用例が記載されています。
  • AEM と Creative Cloud の統合のベストプラクティス:AEM インスタンスと Creative Cloud(CC)は、複数の方法で統合できます。ベストプラクティスに従って統合ワークフローおよびアセット転送ワークフローを効率化すると、効率を最大化することができます。 このガイドには、AEM Assets と Adobe CC の統合に関するベストプラクティスが記載されています。
  • AEM/CC フォルダー共有のベストプラクティス:DAM ユーザーが CC ユーザーとフォルダーを共有できるように AEM を設定すると、それらのフォルダーは CC Assets サービスで共有フォルダーとして使用できるようになります。この機能を使用すると、クリエイティブチームと DAM ユーザーの間でファイルを交換することができます。このガイドには、AEM/CC フォルダー共有機能を活用するベストプラクティスが記載されています。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー