現在表示中:

Adobe IO 統合開発者ポータル(UDP)を使用して、Adobe Experience Manager(AEM)とスマートタグクラウドサービスを統合することができます。

まず、AEM でスマートタグクラウドサービス設定を作成して、公開鍵を生成します。次に、Adobe IO UDP で統合を作成し、この公開鍵をアップロードします。次に、UDP から取得した API キーとその他の資格情報を使用して、AEM インスタンスを設定します。

この設定を使用して、AEM 内からスマートタグクラウドサービスにアクセスします。バックエンドでは、スマートタグクラウドサービスに要求を転送する前に、AEM サーバーが Adobe IO ゲートウェイでクラウドサービスの認証情報を認証します。

スマートタグクラウドサービスを設定するうえで重要なタスクは次のとおりです。

  • OAuth 統合用の公開証明書を取得
  • UDP 統合を作成
  • AEM インスタンスを設定

前提条件

スマートタグクラウドサービスを利用する前に、次のことを確認します。

  • Adobe Marketing Cloud でお客様の組織がプロビジョニングされている。
  • 組織の管理者権限を持つ Adobe ID アカウントがある。
  • お客様の組織で AEM Assets スマートタグサービスが有効になっている。
  • AEM 6.3 の最新のサービスパックをインストールしている。

これらの前提条件を 1 つでも満たしていないと思われる場合は、アドビにご連絡ください。

公開証明書を取得

UDP で統合プロファイルを作成する前に、UPD でプロファイルの認証に使用する公開証明書を取得します。次の手順を実行します。

  1. AEM ユーザーインターフェイスで、AEM のロゴをタップし、ツールデプロイメントクラウドサービスに移動します。

  2. クラウドサービスページで、アセットのスマートタグの下にある「今すぐ設定」をタップまたはクリックします。

    assets_smart_tags
  3. 設定ダイアログで、スマートタグ設定のタイトルおよび名前を指定して、「作成」をタップまたはクリックします。

  4. AEM スマートコンテンツサービスダイアログで、次のフィールドの値をそのまま使用します。

    サービス URLhttps://mc.adobe.io/marketingcloud/smartcontent

    認証サーバーhttps://ims-na1.adobelogin.com

    他のフィールドは空白のままにして、「OK」をタップまたはクリックします。

    aem_scs
  5. OAuth 統合用の公開証明書をダウンロード」をタップまたはクリックし、公開証明書ファイル AEM-SmartTags.crt をダウンロードします。

    download_link

UDP 統合を作成

スマートタグクラウドサービス API を使用できるようにするには、UDP 内で統合を作成して、API キー、テクニカルアカウント ID、組織 ID、クライアントの秘密鍵などの情報を生成します。

注意:

UDP 統合を作成するには Marketing Cloud 組織のシステム管理者権限が必要です。

  1. https://www.adobe.io/console から UDP にアクセスします。

  2. Integrations ページで組織を選択します。

    Integrations
  3. New Integration」をタップまたはクリックします。

  4. Create a new integration ページで「Access an API」を選択し、「Continue」をタップまたはクリックします。

  5. Experience Cloud の下にある「Smart Content」を選択して、「Continue」をタップまたはクリックします。

    smart_content
  6. 次のページで、「New integration」を選択し、「Continue」をタップまたはクリックします。

  7. Integration Details ページで、統合ゲートウェイの名前を指定し、説明を追加します。

    integration_details
  8. 公開証明書を取得でダウンロードした公開証明書ファイル AEM-SmartTags.crt をアップロードします。

     

  9. Create Integration」をタップまたはクリックします。

  10. 統合の情報を表示するには、「Continue to integration details」をタップまたはクリックします。

    integration_details

    テクニカルアカウント ID、組織 ID、クライアントの秘密鍵、認証サーバーおよび API キーの値を使用して、AEM でスマートタグクラウドサービスを設定します

Assets スマートタグクラウドサービスの設定

UDP で認証情報を生成後、その情報を使用して AEM インスタンスでスマートタグクラウドサービスを設定します。スマートタグクラウド設定を作成すると、AEM インスタンスからの API 要求を UDP が認証できるようになります。AEM で統合を設定するには、次のタスクを実行します。

  • AEM でスマートタグクラウドサービスを設定する
  • アセットの更新ワークフローで自動タグ付けを有効にする

AEM でスマートタグクラウドサービスを設定する

注意:

AEM 6.2 のインスタンスを実行している場合、フィーチャーパックをダウンロードする必要があります。フィーチャーパックの入手について詳細は、アドビサポートにご連絡ください。

  1. AEM ユーザーインターフェイスで、AEM のロゴをタップまたはクリックし、ツールデプロイメントクラウドサービスに移動して、クラウドサービスコンソールを開きます。

  2. アセットのスマートタグサービスで、公開証明書を取得で作成したスマートタグ設定を開きます。

  3. AEM スマートコンテンツサービスダイアログで、「サービス URL」および「認証サーバー」フィールドに事前入力された値を使用します。

  4. 「API キー」、「テクニカルアカウント ID」、「組織 ID」および「クライアントの秘密鍵」の各フィールドには、UDP 統合の手順 10 で生成した値を使用します。

アセットの更新ワークフローでスマートタグを有効にする

  1. AEM ユーザーインターフェイスで、AEM のロゴをタップまたはクリックし、ツールワークフローモデルに移動します。

  2. モデルページで、「DAM アセットの更新」ワークフローモデルを選択します。

  3. ツールバーの「編集」をタップまたはクリックします。

  4. スマートタグアセットプロセス」(DAM ワークフローセクションの下にあります)をサイドキックからドラッグし、「サムネールを処理」ステップの後に配置します。

    chlimage_1
  5. そのステップを編集モードで開きます。「詳細設定」で、「ハンドラー処理の設定」オプションが選択されていることを確認します。

    chlimage_1
  6. 自動タグ付けのステップに失敗してもワークフローを完了させたい場合は、「引数」タブで「エラーを無視」を選択します。

    chlimage_1

    フォルダーでスマートタグが有効になっているかに関わらずアップロード時にアセットをタグ付けするには、「スマートタグフラグを無視」を選択します。

    chlimage_1
  7. OK」をタップまたはクリックして、プロセスステップを閉じ、ワークフローを保存します。

Oak インデックスの作成

AEM 6.1 から 6.3 へアップグレードする場合、スマートタグの oak インデックスを手動で作成する必要があります。AEM 6.3 には、これらのインデックスがデフォルトで含まれています。

  1. CRX リポジトリを開きます。

  2. /oak:index/damAssetLucene/indexRules/dam:Asset/properties ノードに移動します。

  3. 添付の XML ファイルで指定されたインデックス構成を参考に、下記のノードを作成し、以下のとおりにプロパティを設定します。

    ダウンロード

    • simsearchVersion
      • jcr: primaryType:nt:unstructured
      • name:jcr:content/metadata/simsearchVersion
      • nullCheckEnabled:true
      • propertyIndex:true
    • predictedTags
      • index:true
      • isRegexp:true
      • jcr:primaryType:nt:unstructured
      • name:jcr:content/metadata/predictedTags/*/name
      • propertyIndex:false
    • predictedTagsConfidence
      • index:true
      • isRegexp:true
      • jcr:primaryType:nt:unstructured
      • name:jcr:content/metadata/predictedTags/*/confidence
      • propertyIndex:false

     

    jcr:content/metadata/predictedTags/*/confidence
    jcr:content/metadata/predictedTags/*/confidence
    jcr:content/metadata/predictedTags/*/confidence
    jcr:content/metadata/predictedTags/*/confidence
  4. /oak:index/ntBaseLucene/indexRules/nt:base/properties/ に移動し、damAutoTag ノードを作成して、以下のとおりにプロパティを設定します。

    • jcr:primaryType: nt:unstructured
    • name: jcr:content/autotag 
    • ordered: false
    • propertyIndex:true
    • type: Boolean
  5. 変更内容を保存します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー