現在表示中:

ここでは、ビデオアセットを管理および編集する方法について説明します。

注意:

ダイナミックメディアのユーザーの場合

ダイナミックメディアのライセンスをお持ちの場合は、ダイナミックメディアのビデオの関するドキュメントを参照してください。

ビデオアセットのアップロードとプレビュー

Adobe Experience Manager Assets によって、拡張子が .mp4 のビデオアセット用のプレビューが生成されます。アセットの形式が mp4 でない場合、プレビューを生成するには FFmpeg パックをインストールする必要があります。詳しくは、FFmpeg のインストール手順を参照してください。FFmpeg により、ogg および mp4 タイプのビデオレンディションが作成されます。これらのレンディションを、Adobe Experience Manager Assets ユーザーインターフェイスでプレビューできます。

  1. デジタルアセットフォルダー(またはサブフォルダー)で、デジタルアセットを追加する場所に移動します。

  2. アセットをアップロードするには、ツールバーの「作成」をクリックまたはタップして、「ファイル」を選択します。または、アセット領域に直接ドロップします。アップロード操作について詳しくは、アセットのアップロードを参照してください。

  3. カード表示でビデオをプレビューするには、ビデオアセットの再生ボタンをクリックします。

    ビデオのプレビュー

    ビデオの一時停止や再生は、カード表示でのみ可能です。リスト表示では、再生/一時停止ボタンを使用できません。

  4. カードの編集アイコンをクリックまたはタップして、ビデオをアセットの詳細ページでプレビューします。

    ビデオは、ブラウザーのネイティブなビデオプレーヤーで再生されます。再生、一時停止、音量の調節およびビデオの全画面表示をおこなうことができます。

    chlimage_1

2 GB を超えるビデオアセットをアップロードするための設定

デフォルトでは、ファイルサイズの上限により、AEM Assets のタッチ UI で 2 GB を超えるアセットはアップロードできません。ただし、この上限は CRXDE Lite に入り、/apps ディレクトリの下にノードを作成することで上書きできます。ノードには、同じノード名とディレクトリ構造および類似した順序のノードプロパティが必要です。

注意:

AEM クラシックユーザーインターフェイスには、2 GB のファイルサイズ上限の制約がありません。また、サイズの大きなビデオでは、エンドツーエンドのワークフローが完全にはサポートされません。

/apps ディレクトリのファイルサイズ上限を増やす(30 GB など)には、次の手順を実行します。

  1. AEM で、ツール一般CRXDE Lite とタップします。

  2. CRXDE Lite ページの左側に表示されるディレクトリウィンドウで、/libs/dam/gui/content/assets/jcr:content/actions/selection/create/items/fileupload に移動します。

    場合によっては、>> アイコンをタッチしてディレクトリウィンドウを表示する必要があります。

  3. ツールバーで「ノードをオーバーレイ...」ボタンをタップします。または、コンテキストメニューの「ノードをオーバーレイ...」を選択します。

  4. ノードをオーバーレイダイアログで「OK」をタップします。

    chlimage_1
  5. ブラウザーを更新します。左側のディレクトリウィンドウで、オーバーレイノード /jcr_root/apps/dam/gui/content/assets/jcr:content/actions/selection/create/items/fileupload が既に選択されています。

  6. サイズ上限を必要なサイズに増やすには、「プロパティ」タブに適切な値をバイト単位で入力します。例えば、サイズ上限を 30 GB に増やすには、以下の値を入力します。

    {sizeLimit : "32212254720"}

  7. ツールバーで「すべて保存」をタッチします。

  8. AEM で、ツール操作Web コンソールをタップします。

  9. Adobe Experience Manager Web Console Bundles ページの表の「Name」列で、Adobe Granite Workflow External Process Job Handler を探してタップします。

  10. Adobe Granite Workflow External Process Job Handler ページで、「Default Timeout」フィールドと「Max Timeout」フィールドの秒数を18000(5 時間)に設定します。

  11. Save」をタップします。

  12. AEM で、ツールワークフローモデルをタップします。

  13. ワークフローモデルページで「ダイナミックメディアエンコーディングビデオ」を選択し、「編集」をタップします。

  14. ワークフローページで、ダイナミックメディアビデオサービスのプロセスコンポーネントをダブルタップします。

  15. ステップのプロパティダイアログボックスの「共通」タブにある「詳細設定」を展開します。

  16. 「タイムアウト」フィールドの値を 18000 に指定し、「OK」をタップしてダイナミックメディアエンコーディングビデオワークフローページに戻ります。

  17. ページの上のほうのダイナミックメディアエンコーディングビデオページのタイトルの下にある「保存」をタップします。

ビデオアセットの公開

ビデオアセットを公開すると、URL として Web ページに含めることや、Web ページに埋め込むことができます。

詳しくは、アセットの公開を参照してください。

ビデオアセットへの注釈の追加

  1. アセットコンソールで、アセットカードの「編集」アイコンをクリックまたはタップしてアセットの詳細ページを表示します。

  2. プレビューアイコンをクリックまたはタップしてビデオを再生します。 

  3. ビデオに注釈を付けるには、「注釈」ボタンをクリックします。注釈がビデオ内の特定の時点(フレーム)に追加されます。

    注釈を付ける場合は、キャンバス上に描画し、その描画を使用してコメントを追加できます。コメントは Adobe Experience Manager Assets に自動的に保存されます。

    chlimage_1

    注釈ウィザードを終了するには、「閉じる」をクリックします。

  4. ビデオ内の特定のポイントに移動するには、テキストフィールドに時刻(秒)を指定して、「ジャンプ」をクリックします。例えば、ビデオの最初の 20 秒をスキップするには、テキストフィールドに 10 と入力します。

    chlimage_1
  5. 注釈をクリックして、タイムラインで表示します。「削除」をクリックすると、注釈がタイムラインから削除されます。

    chlimage_1

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー