現在表示中:

テクスチャマップファイルなど、プライマリ 3D モデルファイルの依存関係は、可能な場合には自動的に解決されます。この機能は、アセットフォルダー付近で、3D ファイル内にあるものと同じ名前を持つファイルを AEM が検索すると実行されます。プレビュー処理の作成ステージで 1 つ以上の依存関係が未解決の場合、カード表示では、そのアセットのカードに次の赤いバナーメッセージが表示されます。
       

chlimage_1

ファイルの依存関係を解決するには:

  1. カード表示で、マウスポインターをカードの「未解決の依存関係」バナーメッセージに置き、感嘆符のアイコンをタップします。

    chlimage_1
  2. メタデータのプロパティページで、「依存関係」タブをタップします。

    AEM が自動解決できなかったファイルが、「元のパス」列の下に赤色で一覧表示されます。

  3. 次の操作を 1 つ以上おこないます。

    • 依存関係を参照して選択する(この選択肢は、依存性ファイルを既にアップロード済みであることを前提としています)。
      1. 赤いパスの左側のファイル参照アイコンをタップします。
      2. コンテンツを選択ページで、見つからなかったファイルに移動し、そのファイルのカードをタップして選択します。
      3. コンテンツを選択ページの左上隅にある「閉じる」(「X」アイコン)をタップして、プロパティを表示ページに戻ります。
    • 依存関係をアップロードする(この選択肢は、見つからなかったファイルをまだアップロードしていないことを前提としています)。
      1. 見つからなかったパスとファイル名を書き留めます。
      2. プロパティページの右上隅にある「閉じる」をタップします。

    ファイルがアップロードされたら、プロパティを表示/依存関係ページに戻ります。新たにアップロードされたアセットが、参照されているファイルとして正しく一覧表示されるようになります。

    • 依存関係を無視する
      見つからなかった依存関係がもう必要ない場合は、AEM 3D がこのファイルを無視するように、「参照されているアセット」列の下にある、見つからなかったファイルの左側のテキストフィールドに「n/a」と入力します。
  4. プロパティを表示ページの右上隅にある「保存」をタップします。

  5. 閉じる」をタップして、カード表示に戻ります。

    新たに解決された依存関係を使用して、アセットが自動的に再処理されます。
                

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー