現在表示中:

AEM 3D には、Web ページに 3D モデルのインタラクティブな表示を実装するために使用できる AEM Sites コンポーネントが含まれています。

3D コンポーネントを追加すると、そのコンポーネントで 3D アセットを表示できます。

ページテンプレートへの 3D コンポーネントの追加

3D コンポーネントは、ページに配置する前に、ページで有効にする必要があります。テンプレートでコンポーネントを有効にする方法について詳しくは、テンプレートの編集を参照してください。

次の手順は、3D コンポーネントを有効にする方法の 1 つを示しています。

  1. ツール一般テンプレートに移動します。

  2. 3D コンポーネントを有効にするページテンプレートに移動し、テンプレートを選択します。

  3. 編集」をタップしてテンプレートを開きます。

  4. 右上のドロップダウンメニューで、構造モードを選択します(まだアクティブでない場合)。

  5. レイアウトコンテナ領域をタップして選択します。

  6. ポリシー」ボタンをタップして、ポリシーエディターを開きます。

  7. 「プロパティ」セクションで 3D チェックマークを選択し、「完了」をタップして変更を保存し、ポリシーエディターを閉じます。

    これで、このテンプレートを使用するすべてのページに 3D サイトコンポーネントを配置できます。

Web ページへの 3D ビューアコンポーネントの追加

警告:

このバージョンの AEM 3D では、Web ページごとに 3D コンポーネントのインスタンスを 1 つだけサポートします。同じページに複数の 3D コンポーネントを追加すると、正しく機能しません。

AEM Sites で任意の Web ページにインタラクティブな 3D エクスペリエンスを追加するには:

  1. AEM Sites を開き、3D コンポーネントを追加する Web ページを選択します。

  2. 編集(鉛筆)アイコンをタップして、ページをページエディターで開きます。ページの右上で編集モードが選択されていることを確認します。

  3. レールセレクターをタップしてサイドパネルを開きます。

  4. プラス記号をタップして、コンポーネントリストを開きます。

  5. 3D ビューアコンポーネントをコンポーネントリストから、3D コンポーネントを配置するページ上の場所にドラッグします。

3D コンポーネントの設定

  1. AEM Sites のページエディターで、前にページに追加した 3D ビューアコンポーネントを選択します。

  2. 設定アイコン(レンチ)をクリックして、コンポーネント設定ダイアログを開きます。

    次のコンポーネントプロパティを使用できます。

    プロパティ 説明
    高さ 3D コンポーネントの目的の高さをピクセル単位で指定します。空の場合、デフォルトの 600 ピクセルになります。
    ステージ 使用可能なステージのリストから 3D ステージを選択します。ステージは背景とライティングを提供します。 
    自動スピンの速度 3D ビューアは、読み込みとリセットの後に、カメラの周りを継続的に回ります。自動スピンは、ユーザーが手動で周回操作を開始すると終了します。スピン速度を RPM で指定します。正の値を設定すると右向きにスピンし、負の値を設定すると左向きにスピンします。0 に設定すると、自動スピンが無効になります。デフォルトは 3 rpm で、20 秒かけて 1 回転します。

    注意:スピン速度では 60/秒のフレームレートを想定しています。これは通常、強力なグラフィックハードウェアで小~中程度のサイズのモデルを使用した場合に実現されます。より大きなモデルや低速のデバイスの場合は、より低い速度で自動スピンします。
    コントロールのメインの色 カラーピッカーを使用して、ビューアのコントロールボタンのメインの色を選択します。
    コントロールのポイント時の色 カラーピッカーを使用して、ビューアのコントロールボタンのポイント時および選択時の色を選択します。
  3. チェックマークをタップして、変更内容を保存します。

    注意:

    コンポーネント設定ダイアログで使用可能な設定に加えて、CRXDELite を介して変更できるグローバル設定がいくつかあります。これらのグローバル設定について詳しくは、詳細設定を参照してください。

コンポーネントへの 3D モデルの割り当て

  1. AEM Sites のページエディターで、アセットアイコンをクリックして、サイドパネルのアセットリストを開きます。

  2. 3D モデルフィルターを選択して、不要なアセットタイプを非表示にします。

    screen_shot_2017-12-11at124258
  3. 編集中のページに表示する 3D アセットを検索するか、スクロールして見つけます。

  4. 3D アセットをアセットリストから、前にページに配置した 3D ビューアコンポーネントにドラッグします。

3D コンポーネントを含む Web ページのプレビュー

Web ページが編集モードの場合、3D コンポーネントに 3D モデルが表示されますが、モデルを操作することはできません。

3D コンポーネントの機能をすべて利用できる状態でページエディターで Web ページをプレビューするには、以下の手順を実行します。

  1. ページの右上にある「プレビュー」をクリックして、プレビューモードに切り替えます。

  2. Web ブラウザーの再読み込みボタンを使用して、ブラウザーでページを再読み込みし、3D ビューアを完全にインスタンス化します。

    注意:

    3D コンポーネントは、ブラウザーでページを再読み込した後にのみ、プレビューモードで完全に初期化されます。

    または、ブラウザーでページの URL から /edit.html を削除して、ページエディターを使用せずにページをプレビューします。この方法を使用する場合、ページを更新する必要はありません。

ページとアセットの公開

アセットの公開方法について詳しくは、アセットの公開を参照してください。ページの公開方法について詳しくは、ページの公開を参照してください。

注意:

ページ情報メニューのページを公開メニュー項目を使用すると、ページとプライマリのすべての依存関係が公開されます。この方法でページを公開した場合、3D モデルや 3D ステージで参照される可能性のあるセカンダリの依存関係(テクスチャマップや IBL 画像など)は公開されません。

これらのアセットを参照する Web ページを公開する前に、すべての 3D アセットを AEM Assets から直接公開することをお勧めします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー