現在表示中:

ガイドライン、ヒント、テクニック

AEM Communities の操作は、以前は Java Server Pages に大きく依存していましたが、ビジネスロジック、スタイルおよびページコンテンツが相互に異なる場合にテンプレートスクリプト言語を柔軟に選択できるように進化しています。

ユーザー生成コンテンツ(UGC)の操作の柔軟性は SocialResourceProvider API によってさらに向上しているので、デプロイメント用にどの SRP オプションが選択されたかを意識する必要がなくなっています。

AEM Communities 開発者向けのさまざまなコーディングのガイドラインとベストプラクティスを次に示します。

コード

スクリプト

IDE

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー