現在表示中:

概要

貢献度の制限機能を使用すると、スパムからの保護手段として、コミュニティメンバーの貢献度を制限できます。

制限されているメンバーが貢献度の許可される数を超えて投稿すると、制限を超えたので、投稿が拒否されたことを伝えるアラートが表示されます。その場合、コミュニティメンバーはコミュニティメッセージセンターに移動し、コミュニティマネージャーに連絡して、必要に応じて制限を解除してもらうことができます。

貢献度の制限は、メンバーコンソールから個別に有効にすることや、サイト訪問者が新たにメンバーになると自動的に有効になるよう設定することができます。

コミュニティマネージャーは、メンバーコンソールを使用し、いつでも先回りしてメンバーの貢献度の制限を解除できます。また、メンバーから解除依頼を受け取った後で解除することもできます。

AEM Communities ユーザー生成コンテンツの貢献度の制限の設定

この OSGi 設定では、次をおこないます。

  • 貢献度の制限の特徴(特定の期間内の投稿数)の定義
  • 制限に達した場合にメッセージを送信できるメンバーの指定
  • 制限する必要のないドメインの指定

この OSGi 設定にアクセスするには、次の手順に従います。

  • プライマリパブリッシャーに移動します。
  • 管理者権限でサインインします。
  • Web コンソールにアクセスします。
  • AEM Communities User Generated Content Contribution Limits Configuration を見つけます。
  • 編集アイコンを選択します。
chlimage_1
  • Automatically Apply UGC Contribution Limits
    オンにした場合、ユーザーがコミュニティメンバーとして登録すると、そのユーザーに対して貢献度の制限が自動的に設定されます。 この制限は、コミュニティメンバーのプロファイルに反映され、メンバーコンソールから有効または無効にできます。 電子メールアドレスのドメインがホワイトリストに登録されている新規メンバーには制限が適用されません。
    初期設定はオフです。
  • UGC Limit
    貢献度の最大数。
    初期設定は 10 件です。
  • UGC Limit Frequency
    UGC の制限が適用される期間。
    初期設定は 60 分です。
  • Domains
    1 つ以上の電子メールドメインのホワイトリスト。エントリを追加するには、「+」アイコンを選択します。
    電子メールアドレスのドメインがホワイトリストに登録されているユーザーに UGC の貢献度の制限が自動的に適用されることはありません。例えば、ドメイン mycompany.com がドメインリストに追加されている場合、電子メールアドレスが me@mycompany.com のメンバーは投稿の制限を受けません。
    初期設定では、ホワイトリストは空です。
  • Messaging Recipients
    メンバーの貢献度の制限を変更できるメンバーの 1 つ以上の認証可能な ID のリスト。エントリを追加するには、「+」アイコンを選択します。
    メンバーは、制限に達した場合にのみ、指定されたメンバーに連絡できます。
    初期設定では、メッセージの受信者はいません。

注意:初期設定では、1 時間以内で 10 件までに投稿が制限されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー