現在表示中:

概要

コミュニティコンテンツは、ユーザー生成コンテンツ(UGC)とも呼ばれ、メンバー(サインインした訪問者)がパブリッシュ環境で以下のいずれかのコミュニティコンポーネントを操作してコンテンツを投稿したときに作成されます。

  • ブログ:メンバーはブログ記事またはコメントを投稿します。
  • カレンダー:メンバーはカレンダーイベントまたはコメントを投稿します。
  • コメント:メンバーはコメントまたはコメントに対する返信を投稿します。
  • フォーラム:メンバーは新しいトピックまたはトピックに対する返信を投稿します。
  • アイディエーション:メンバーはアイデアまたはコメントを投稿します。
  • Q&A:メンバーは質問を作成したり質問に回答したりします。
  • レビュー:メンバーはアイテムの評価時にコメントを投稿します。

UGC のモデレートは、肯定的な投稿を見分けるだけでなく、否定的な投稿(スパムや暴言など)を制限するためにも役立ちます。UGC は、以下に示す複数の環境からモデレートできます。

モデレートアクション

投稿コンテンツ(UGC)に対して実行できるアクションは、ユーザーの種類と環境によって異なります。以下の表では、次の用語を使用して、ユーザーの種類ごとの役割を説明しています。

  管理者 モデレーター 作成者 メンバー 訪問者 発生する
イベント
事前モデレート
編集/
削除
X X X        
切り取り X X          
拒否 X X       X  
閉じる/
再度開く
X X       X X
フラグ/
フラグ解除
X X   X   X  
許可 X X       X X

編集/削除

投稿後、作成者、管理者またはコミュニティモデレーターは、投稿を編集または削除できます。 

UGC を削除すると、リポジトリから消去され、復元できなくなります。

切り取り

管理者またはコミュニティモデレーターは、1 つ以上のフォーラムトピックまたは Q&A の質問を、ある場所から別の場所に移動できます。これには、あるコミュニティサイトから別のコミュニティサイトへの移動も含まれます。その場合、同じメンバーが両方のサイトでモデレート権限を持っている必要があります。

切り取りのアクションを選択すると、コンテンツはクリップボードにコピーされます。複数の投稿をコピーし、まとめて新しい場所に移動できます。

 

CutUGC
PutBackUGC

別の場所で、クリップボードにコンテンツが存在するときには、新しい投稿の横に「貼り付け」ボタンと貼り付けられる投稿数が表示されます。「貼り付け」ボタンには、貼り付ける代わりにクリップボードを消去するオプションも含まれています。

chlimage_1
chlimage_1

拒否

モデレーターは、公開済みのサイトで特定の UGC の表示を禁止できます。管理者とコミュニティモデレーターはその投稿を引き続き使用できます。このような投稿はスパムとして注釈を付けられます。

閉じる/再度開く

閉じるのアクションは、会話(フォーラムトピックまたは最初のコメント)のスレッド全体に作用し、後続のすべての投稿または返信も含まれます。

閉じるを実行すると、返信がそれ以上できなくなり、さらにモデレートアクションもできなくなります。

何か操作を実行するには、トピックまたはコメントを再度開く必要があります。

閉じる/再度開くのアクションは、管理者またはコミュニティモデレーターが実行できます。

フラグ/フラグ解除

フラグ設定は、サインインしたメンバー(コンテンツの作成者を除く)が投稿のコンテンツに問題があることを示す手段です。フラグを付けると、フラグ解除アイコンが表示されます。フラグを付けたメンバーは、このアイコンを使用してコンテンツのフラグを解除できます。

コンテキスト内モデレートは、設定によりメンバーが投稿にフラグを付けた理由を選択可能にできます。カスタムの理由を入力できるかどうかを含め、選択可能なフラグの理由のリストを設定可能です。フラグの理由は UGC と共に保存されますが、その理由によって特定のアクションが呼び出されることはありません。通知が送出されるのは、フラグが一定数に達した場合のみです。フラグが設定されたコンテンツには注釈が付くので、モデレーターが適宜対処できます。

すべてのフラグと、フラグを付けた人、フラグの理由はシステムで追跡され、しきい値に達するとイベントが送信されます。コミュニティモデレーターが UGC を許可した場合は、フラグがアーカイブされます。許可およびアーカイブの後にフラグが設定された場合は、以前のフラグ設定はなかったものとして、後のフラグがアーカイブされます。

許可

許可のアクションは、フラグが設定された UGC や、拒否された UGC、事前モデレートシステムで承認されなかった UGC に対するオプションです。許可のアクションを適用すると、フラグや拒否/スパムのステータスが消去され、フラグが設定されたデータがアーカイブされます。

一般的なモデレートの概念

事前モデレート

UGC の事前モデレートがおこなわれる場合、投稿は、モデレートアクションで承認されるまでは公開サイトに表示されません。コミュニティサイトの作成時に、「コンテンツを事前にモデレート」のボックスをオンにすると、サイト全体で事前モデレートが有効になります。モデレートに対応しているコンポーネントをページに配置したら、各コンポーネントの編集ダイアログの以下の設定を使用して、事前モデレートを設定できます。

スパム検出

スパム検出は、送信済みのユーザー生成コンテンツの中から、好ましくないコンテンツをスパムとしてマーキングして除外する自動モデレート機能です。undesireablepieces of submitteduser generatedスパム検出を有効にすると、事前定義されたスパムワードのコレクションに基づいて、ユーザー生成コンテンツがスパムかどうか識別されます。user generatedデフォルトのスパムワードは次の場所にあります。

/libs/settings/community/sites/moderation/spamdetector-conf/profiles/spam_words.txt

ただし、デフォルトのスパムワードをカスタマイズまたは拡張するには、overlay を使用して、デフォルトのスパムワードの構造に従って /apps ディレクトリ内にスパムワードを作成します。

スパムワードを含むユーザー生成投稿(ブログやフォーラム、コメントなど、あらゆるコンテンツタイプの投稿)には、「この投稿はスパムとして分類されました」というテキストが表示されます。user generatedpost (across all the content types, forexampleblogs, forums, and comments) containing spam word(s) is marked with the text “This post was classified as spam” above the post.

モデレーターは、このような投稿を表示して同じようにマーキングし、サイトへの表示を許可または拒否できます。これらの投稿に対するモデレートアクションは、コンテキスト内でおこなうことも、一括モデレート UI でおこなうこともできます。

SpamDetection

スパム検出エンジンを有効にするには、次の手順に従います。

  1. /system/console/configMgr に移動して、Web コンソールを開きます。configMgr.
  2. AEM Communities Auto Moderation 設定を見つけて編集します。
  3. 「SpamProcess」エントリを追加します。
SpamProcess

注意:

スパム検出は英語ロケールにのみ実装されます。

好感度

好感度は、投稿(UGC)内に存在する肯定的および否定的なキーワード(ウォッチワード)の数に基づいて計算されます。

好感度分析では、あらかじめ設定した一連のルールが使用され、UGC の好感度が計算されます。デフォルトのルールは次の場所にあります。/libs/cq/workflow/components/workflow/social/sentiments/rules

ルールにより生成される値は、1(すべて否定的、肯定的な言葉なし)~ 10(すべて肯定的、否定的な言葉なし)です。値 5 は中立の好感度を表し、これがデフォルトになります。

/libs コンポーネントで定義されているルールを以下に示します。

  • ルール 1:肯定的な言葉が 1 つもなく、否定的な言葉が少なくとも 1 つある場合は、値を 1 に設定
  • ルール 2:否定的な言葉が 1 つもなく、肯定的な言葉が少なくとも 1 つある場合は、値を 10 に設定
  • ルール 3:肯定的な言葉よりも否定的な言葉が多い場合は、値を 3 に設定
  • ルール 4:否定的な言葉よりも肯定的な言葉が多い場合は、値を 8 に設定

ルールを上書きまたは追加するには、デフォルトのルールの構造に従って、/apps ディレクトリに一連のルールを作成します。好感度設定を編集してルールの場所を指定します。

分析が完了すると、好感度が UGC と共に保存されます。

一括モデレートコンソールでは、肯定的、否定的または中立のいずれかの好感度で UGC をフィルタリングして表示できます。

ウォッチワード

AEM Communities では、好感度の評価プロセスの一部として、ウォッチワード分析を使用できます。ウォッチワードによる好感度値は、投稿されたコンテンツに使用されている否定的なウォッチワード、肯定的なウォッチワード、禁止語句の比較結果に基づいています。

好感度とウォッチワードの設定

好感度のルールと同様に、肯定的および否定的なウォッチワードのリストをカスタマイズできます。

ウォッチワードのデフォルトのリストは、リポジトリ内のノードのプロパティとして、デフォルトと同様に入力できます。また、単語のリストを使用して OSGi サービス sentimentprocess.name を設定することで、デフォルトを上書きしても入力できます。

また、sentimentprocess.name を変更して、好感度ルールのカスタムセットの場所を参照することもできます。

好感度とウォッチワードを設定するには:

  • オーサーインスタンスに移動します。
  • 管理者としてサインインします。
  • Web コンソールを開きます。
  • sentimentprocess.name を見つけます。
  • 設定を選択して編集モードを開きます。
SentimentProcess
  • Positive Watchwords
    デフォルトを上書きするための、肯定的な好感度に影響を与える単語のコンマ区切りリストです。デフォルトは空のリストです。
  • Negative Watchwords
    デフォルトを上書きするための、否定的な好感度に影響を与える単語のコンマ区切りリストです。デフォルトは空のリストです。
  • Explicit Path to Watchwords Node
    デフォルトのウォッチワードを指定するデフォルトの肯定的および否定的なプロパティを含んでいるノードのリポジトリの場所です。デフォルトは /libs/settings/community/watchwords/default です。
  • Sentiment Rules
    肯定的および否定的ウォッチワードに基づいて好感度を計算するルールのリポジトリの場所です。デフォルトは /libs/cq/workflow/components/workflow/social/sentiments/rules です(ただし、ワークフローとは関係ありません)。

次に、「Explicit Path to Watchwords Node」が /libs/settings/community/watchwords/default に設定されている場合の、デフォルトのウォッチワードのカスタムエントリの例を示します。

CRXDE

モデレーター権限

以下の権限は、同じリソースに割り当てられている場合、総称してモデレーター権限と呼ばれます。

  • 読み取り
  • 変更
  • 作成
  • 削除
  • レプリケーション

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー