現在表示中:

PDF Generator では、サポートされるファイルタイプについてアプリケーション設定を指定できます。Windows では、サポートされる各ファイルタイプについてアプリケーション設定を指定できます。UNIX および Linux では、HTML から PDF および OpenOffice についてアプリケーション設定を指定できます。

ファイルタイプごとの設定ページでは、次のタスクを実行できます。

注意:

HTML から PDF への変換、Microsoft PowerPoint、Microsoft Word、および Microsoft Excel に関して、Acrobat などのフォールバックコンバーターでは、ファイルタイプ設定は使用できません。

ファイルタイプ設定の作成または編集

サポートされるファイルタイプの変換をアプリケーションで処理する方法を指定するには、ファイルタイプ設定の作成または編集を行います。Windows では、サポートされる各ファイルタイプについてアプリケーション設定を指定できます。UNIX および Linux では、HTML から PDF および OpenOffice についてアプリケーション設定を指定できます。

  1. 管理コンソールで、「サービスPDF Generatorファイルタイプごとの設定」をクリックします。

  2. 「新規作成」をクリックするか、設定の名前をクリックします。

  3. 「ファイル名の拡張子」ボックスに、このアプリケーションで使用できるファイルタイプのファイル拡張子をコンマで区切って入力します。拡張子の前にピリオドを含めたり、間にスペースを入れたりしないでください。デフォルトは「bmp、gif、jpeg、jpg、tif、tiff、png」です。

  4. (オプション)グラフィックや画像でテキストの光学式コード認識(OCR)を使用するには、「OCR を使用」を選択して、次のオプションを設定します。

プライマリ OCR 言語:OCR エンジンで文字の識別に使用される言語です。デフォルトは、「英語(アメリカ)」です。

PDF の出力形式:前景にページのビットマップ画像を含め、その下の非表示レイヤーにスキャンされるテキストを含めるには、「検索可能な画像」を選択します。ページの外観は変わりませんが、テキストの選択と読み取りができるようになります。認識されるテキスト、フォント、画像などのグラフィック要素を使用して元のページを再構築するには、「テキストとグラフィック」を選択します。デフォルトは、「検索可能な画像(非圧縮)」です。

画像のダウンサンプル:カラー画像、グレースケール画像およびモノクロ画像のピクセル数が減少します。スキャンされた画像のダウンサンプルは、OCR の完了後に実行されます。デフォルトは、「最低(600 dpi)」です。このオプションは、PDF の出力形式を「検索可能な画像(非圧縮)」に設定した場合には使用できません。

様々なファイルタイプのサポートをカスタマイズできます(詳しくは、「AEM Forms によるプログラミング」の「追加のネイティブファイル形式に対するサポートの追加」を参照)。

デフォルト設定の変更

新しく作成したソースに適用する Adobe PDF 設定、セキュリティ設定およびファイルタイプ設定のデフォルト値を変更できます。デフォルトを変更しても、既存のソースの設定への影響はありません。

  1. 管理コンソールで、「サービス/PDF Generator」をクリックします。

  2. Adobe PDF 設定ページ、ファイルタイプ設定ページまたはセキュリティ設定ページで、「デフォルト設定の調整」をクリックします。

  3. 適切なデフォルト設定を選択します。デフォルト設定の調整ページでは、次の設定を 1 つ以上使用できます。

    Adobe PDF 設定:最初のデフォルト設定は、「標準」(Acrobat 6)です。

    セキュリティ設定:最初のデフォルト設定は、「セキュリティなし」(Acrobat 5)です。

    ファイルタイプ設定:最初のデフォルト設定は、「標準」です。

  4. 保存」をクリックします。

ファイルタイプ設定の削除

不要になったファイルタイプ設定は削除できます。

  1. 管理コンソールで、「サービス/PDF Generator/ファイルタイプごとの設定」をクリックします。
  2. 削除する設定の隣にあるチェックボックスを選択します。複数のソースを選択できます。横にチェックボックスがない設定は、PDF Generator に必ず含まれているものなので削除できません。
  3. 削除」をクリックし、削除の確認ページで「削除」をクリックします。

画像から PDF の設定

次のオプションでは、画像ファイルを PDF に変換する方法を決定します。これらの設定へのアクセス方法については、ファイルタイプ設定の作成または編集を参照してください。

ファイル名の拡張子:

変換可能なファイル拡張子のコンマ区切りリスト。

フォールバックコンバーターを試行:

PDF Generator では、Java™ または Acrobat を使用して画像ファイルを PDF に変換できます。このオプションを選択している場合に、変換が失敗するかまたは指定のタイムアウト制限に達すると、PDF Generator は、変換を別の方法で試行します。別の方法が失敗または指定のタイムアウト制限に達すると、ログファイルに例外が書き込まれます。

注意:JPEG 2000 ファイルは、Acrobat を使用しないと変換できません。

OCR を使用:

PDF に OCR(光学式文字認識)を適用するかどうかを指定します。OCR ソフトウェアでは、PDF 内のテキストを検索、修正およびコピーできます。

注意:OCR PDF(検索可能な PDF)の機能は Microsoft Windows でのみサポートされています。

プライマリ OCR 言語:

OCR エンジンで文字の識別に使用される言語を指定します。

PDF の出力形式:

作成する PDF の種類を指定します。どの形式でも、テキスト画像に対して OCR およびフォントとページ認識が適用され、通常のテキストに変換されます。

検索可能な画像:

テキストの検索と選択を可能にします。このオプションを選択すると、元の画像が保持され、必要に応じてゆがみが補正され、その上に非表示のテキストレイヤーが配置されます。「画像のダウンサンプル」オプションは、画像をどの程度ダウンサンプルするかを指定します。

検索可能な画像(非圧縮):

テキストの検索と選択を可能にします。このオプションを選択すると、元の画像が保持され、その上に非表示のテキストレイヤーが配置されます。元の画像に対して最高の再現性が求められる場合に推奨されるオプションです。

ClearScan:

元の画像と非常に近似する Type 3 フォントを新しく合成し、低解像度のコピーを使用してページの背景を保持します。

画像のダウンサンプル:

OCR が完了した後に、カラー、グレースケール、白黒の各画像のピクセル数を減らします。適用するダウンサンプリングのレベルを選択します。オプションの数値が大きくなると、ダウンサンプリングは低下し、より高解像度の PDF が生成されます。

Adobe PDF の書き出し設定(Windows のみ)

PDF ファイルを別の形式に変換するには、「Adobe PDF の書き出し」設定セクションの「書き出すファイルタイプ」を使用します。デフォルトは、カスケーディングスタイルシート(CSS)1.0 を使用した HTML 4.01(*.htm、*.html)です。

この設定へのアクセス方法については、「ファイルタイプ設定の作成または編集」を参照してください。

HTML から PDF の設定

次のオプションでは、HTML ファイルを PDF に変換する方法を決定します。これらのオプションへのアクセス方法については、ファイルタイプ設定の作成または編集を参照してください。

フォールバックコンバーターを試行:

PDF Generator では、Java™ または Acrobat を使用して HTML ファイルを PDF に変換できます。このオプションを選択している場合に、変換が失敗するかまたは指定のタイムアウト制限に達すると、PDF Generator は、変換を別の方法で試行します。別の方法が失敗または指定のタイムアウト制限に達すると、ログファイルに例外が書き込まれます。

デフォルトのエンコーディング:

オペレーティングシステムおよび文字体系のメニューから、ファイルテキストの入力エンコーディングを設定します。「デフォルトのエンコーディング」オプションに表示された選択項目は、HTML ソースファイルでエンコーディングの種類を指定していない場合のみ使用します。

選択されたエンコーディングを強制的に使用:

HTML ソースファイルで指定されているエンコーディングを無視して、「デフォルトのエンコーディング」オプションに表示された選択項目を使用します。

スパイダリング設定

スパイダリング」は、他の Web ページへのリンクがないか Web ページをスキャンします。他の Web ページへのリンクが見つかると、そのページが取り込まれて、生成される PDF ドキュメントに組み込まれます。取り込んで PDF に変換するレベル数を設定するには、次のオプションを有効にします。

サイトの一部(X レベル):

ベースページ URL から指定したレベルの深さまでページがスパイダリングされて変換されます。1 を指定すると、指定した URL のみが変換されます。

サイト全体:

指定した URL から開始して、サイト全体が変換されます。

同じパスのページだけを取得:

ベース URL と異なる相対パスのページを指すリンクはスパイダリング中に変換されません。

同一サーバーを使用:

別のサーバー上のページを指すリンクはスパイダリング中に変換されません。指定した URL と同じサーバーを指すリンクのみが変換されます。

ページ変換設定

HTML ページの変換方法を指定するには、次のオプションを有効にします。ページサイズに基づいて、幅、高さおよび余白の値を適切に調整します。

ページサイズ:

カスタムを選択して幅と高さを入力するか、事前に定義された寸法を選択します。

向き:

変換後の PDF ドキュメントの向きについて、縦または横のいずれかを選択します。

余白:

生成された PDF ドキュメントで余白(上、下、左および右)を指定します。

PDF にしおりを追加:

PDF ドキュメントにしおりを追加します。

タグ付き PDF を有効にする:

PDF ドキュメントにタグが埋め込まれます。

初期表示設定:

ドキュメントのオプション、ウィンドウのオプションおよびユーザーインターフェイスのオプションを設定できます。これらの設定では、コンテンツを最初に表示する方法を指定します。

ドキュメントのオプション

コンテンツの表示方法、PDF ドキュメントでのページの表示方法を指定したり、表示倍率を指定したりするには、これらのオプションを有効にします。

表示:

PDF ドキュメントを開いたときに Acrobat で開くウィンドウを選択します。

ページレイアウト:

PDF ドキュメントのページレイアウトの種類を選択します。

倍率:

PDF ドキュメントの初期表示のプリセット倍率を選択するか、カスタム値を選択します。デフォルト設定を選択すると、Acrobat のデフォルト倍率が使用されます。

指定した番号のページを開く:

PDF を開くページ番号を指定します。

ウィンドウのオプション

ウィンドウの表示サイズと表示方法を指定するには、これらのオプションを有効にします。

初期ページにウィンドウのサイズを合わせる:

Acrobat ウィンドウのサイズが初期ページのサイズに変更されます。

ウィンドウを画面中央に配置:

画面の中央にウィンドウを開きます。

フルスクリーンモードで開く:

ウィンドウがフルスクリーンモードで開きます。

表示:

ウィンドウにドキュメントのタイトルまたはファイル名が表示されます。

ユーザーインターフェイスのオプション

ウィンドウの外観を指定するには、これらのオプションを有効にします。

メニューバーを非表示にする:

PDF ドキュメントのメニューバーが非表示になります。

ツールバーを非表示にする:

PDF ドキュメントのツールバーが非表示になります。

ウィンドウコントロールを非表示にする:

PDF ドキュメントのウィンドウコントロールが非表示になります。

Flash Video から PDF の設定

PDF Generator では、Adobe Flash 用のビデオ(SWF または FLV ファイル)を発行したり、Adobe Flash 用のビデオを埋め込んだ PDF ファイルを作成したりすることができます。この変換を行うために、forms サーバー上に Adobe Flash Player をインストールする必要はありません。このオプションへのアクセス方法については、ファイルタイプ設定の作成または編集を参照してください。

ファイル名の拡張子:

変換可能なファイル拡張子のコンマ区切りリスト。

XPS から PDF の設定

XML Paper Specification(XPS)は、Windows Printing のマシンで使用されます。XPS は Microsoft の形式であり、Microsoft Office アプリケーションで作成できます。AEM Forms には、XPS ファイルから PDF への変換機能があります。

ファイル名の拡張子:

変換できるすべての XPS ファイル拡張子をコンマ区切りでリスト表示します。現時点で指定できる形式は 1 つ(.xps)です。

PDF の最適化設定

PDF Generator では、PDF ファイルのサイズを低減することができます。これらの設定をすべて使用するか、または一部のみを使用するかは、ファイルの使用目的と、ファイルに設定する必要がある基本的なプロパティによって異なります。ほとんどの場合、デフォルト設定が適しています。デフォルト設定にすると、埋め込みフォントの削除と画像圧縮によって領域を節約でき、不要になったアイテムがファイルから削除されるので、非常に効率的です。

注意:

デジタル署名されたドキュメントを最適化すると、デジタル署名が削除されて無効になります。

この設定へのアクセス方法については、「ファイルタイプ設定の作成または編集」を参照してください。

対象 PDF バージョン:

PDF と互換性のある Acrobat のバージョンを指定します。

フォント

  1. フォント」を選択します。

  2. 次のいずれかのオプションを選択します。

    すべてのフォントを埋め込む:すべての埋め込みフォントの埋め込みを解除します。

    フォントを埋め込み解除しない:すべてのフォントの埋め込みを解除しません。

    一部のフォントを埋め込み解除:指定したフォントのみ埋め込みを解除します。埋め込みを解除するフォントを指定するには、次の手順を実行します。

    • 必要に応じて、フォントソースドロップダウンメニューで、別のフォントディレクトリを選択します。このドロップダウンメニューには、ホーム/設定/コアシステム/コア設定で指定したフォントディレクトリが表示されます。

    • 使用可能なフォントリストから 1 つ以上のフォントを選択し、「追加」をクリックします。これらのフォントは、埋め込み解除するフォントリストに追加されます。

    • forms サーバーに存在しないいくつかのフォントの埋め込みを解除する場合、それらのフォントの名前を「埋め込み解除するフォントを追加」ボックスに入力します。「追加」をクリックします。

    注意:

    ドキュメントにサブセットが埋め込まれているフォントの埋め込みを解除する場合、+ 記号をフォント名のプレフィックスとして指定します。例えば、「+Helvetica」とします。

  3. 埋め込まれたフォントの使用中のサブセットのみを埋め込む場合、「すべての埋め込まれたフォントをサブセット化」を選択します。

    注意:

    このオプションを「いくつかのフォントの埋め込みを解除」と組み合わせて使用している場合、埋め込み解除するフォントを追加リストのフォントは、完全に埋め込み解除されたままになります。

    注意:

    フォントのサブセット化は、フォントの一部のみを埋め込む方法です。フォントのサブセットには、ドキュメントで使用される文字のみが含まれます。

透明効果

透明効果を使用したアートワークが PDF 文書に含まれている場合、PDF の最適化設定を使用して透明効果を平坦化し、ファイルサイズを小さくすることができます。

注意:

「対象 PDF バージョン」として Acrobat 4.0 以降が選択されている場合、すべての透明オブジェクトが平坦化されます。「対象 PDF バージョン」でその他のバージョンが選択されている場合、透明効果がサポートされ、透明効果を設定できます。

PDF 文書の最適化で透明効果を設定するには、透明効果を選択します。

透明効果レベル

保存するベクトル情報の量を指定します。 高い値に設定すると、より多くのベクトルオブジェクトが保存され、低い値に設定すると、より多くのベクトルオブジェクトがラスタライズされます。中間の値に設定すると、ベクトル形式の簡単な部分が保存され、複雑な部分がラスタライズされます。 すべてのアートワークをラスタライズするには、最低値を選択します。

 

 

注意:

実際にラスタライズされる割合は、ページの複雑さと重なったオブジェクトの種類によって変化します。

ラインアートとテキスト

画像、アートワーク内のベクトル部分、テキストおよびグラデーションを含む、すべてのオブジェクトがラスタライズされる解像度です。サポートされる値は、1 ppi(ピクセル/インチ)~ 9600 ppi です。

 

注意:

高品質なラスタライズを実現するには(特にセリフ系フォントや小さいポイントサイズのフォントの場合)、「ラインアートとテキストの解像度」は、通常、600 ~ 1200 ppi に設定してください。

グラデーションとメッシュ

グラデーションとメッシュがラスタライズされる解像度です。サポートされる値は、1 ppi ~ 1200 ppi です。

 

 

注意:

グラデーションとメッシュの解像度は、一般的には 150 ~ 300 ppi に設定します。解像度をより高く設定しても、印刷時間とファイルサイズが増えるばかりで、グラデーション、ドロップシャドウ、境界のぼかしの品質は必ずしも向上するわけではありません。

すべてのテキストをアウトラインに変換

すべてのテキストオブジェクト(文字、文字領域、テキストパス)をグラフィックス化し、透明を使用したページにあるすべての字形情報を破棄します。 このオプションを選択すると、分割・統合処理によるテキストへの影響が抑制されます。 このオプションを有効にすると、Acrobat で表示したり、低解像度のデスクトッププリンターで印刷した場合、小さなフォントが多少太く出力されるので注意してください。高解像度のプリンターやイメージセッタで印刷された文字の品質は影響を受けません。

すべての線をアウトラインに変換

透明を使用したページにあるすべての線を単一に塗られたパスに変換します。 このオプションを選択すると、分割・統合処理による線幅への影響が抑制されます。 このオプションを有効にすると、細い線が多少太く表示され、分割・統合のパフォーマンスが低下する場合があることに注意してください。

複雑な領域をクリップ

アートワーク内のベクトル部分とラスタライズ部分の境界線が、オブジェクトのパスに重なるように処理されます。 このオプションを選択すると、ベクトルオブジェクトの一部のみがラスタライズされる場合に、カラーステッチ(ベクトルオブジェクトとラスタライズオブジェクトの移行部分が目立ってぎざぎざに表示される現象)の発生が軽減されます。

注意:

一部のプリンタードライバーはラスタライズ画像とベクトルオブジェクトに異なる処理を行いますが、これがカラーステッチの原因となることがあります。プリンタードライバー独自のカラーマネジメント設定を無効にすることによって、カラーステッチの問題を最小限にできる場合があります。 これらの設定はプリンターによって異なりますので、お使いのプリンターに付属の説明書を参照してください。

オーバープリントを保持:透明なオブジェクトのカラーと背景色をブレンドして、オーバープリントの効果を作成します。

次の表に、一般的なプリンターの解像度(dpi)、デフォルトのスクリーン線数(lpi)、および画像をリサンプルする解像度(ppi)を示します。例えば、600 dpi のレーザープリンターで印刷する場合は、画像をリサンプルする解像度を 170 ppi に設定します。

画像

カラー画像、グレースケール画像およびモノクロ画像の圧縮および再サンプリングオプションを指定するには、「画像」を選択します。これらのオプションを使用して、ファイルのサイズと画像品質のバランスを適切に調整することができます。カラー画像とグレースケール画像の解像度の設定は、そのファイルを印刷するときの画面のスクリーン線数の 1.5 倍から 2 倍が適当です。白黒画像の解像度は、出力デバイスと同じにします。ただし、1500 dpi を超える解像度で白黒画像を保存しても、ファイルサイズが大きくなるだけで画質は大幅に向上しません。地図などの拡大される画像に高解像度が必要な場合があります。

注意:

白黒画像をリサンプルした場合に、画像が何も表示されないなど、予想外の結果が生じることがあります。このような場合は、リサンプルをオフにして、もう一度ファイルを変換してみてください。このような問題は、サブサンプルを選択した場合に発生することが多く、ダウンサンプルではほとんど起こりません。

プリンターの解像度

デフォルトのスクリーン線数

画像の解像度

300 dpi(レーザープリンター)

60 lpi

120 ppi

600 dpi(レーザープリンター)

85 lpi

170 ppi

1200 dpi(イメージセッタ)

120 lpi

240 ppi

2400 dpi(イメージセッタ)

150 lpi

300 ppi

オブジェクトを破棄

  • PDF から削除するオブジェクトを指定し、CAD 描画内の曲線を最適化するには、「オブジェクトを破棄」を選択します。
  • すべてのフォームの送信、読み込み、リセットアクションを破棄:フォームデータの送信または読み込みに関連するすべてのアクションを無効にし、フォームフィールドをリセットします。アクションがリンクされているフォームオブジェクトは保持されます。
  • すべての JavaScript アクションを破棄:JavaScript を使用するアクションを PDF から削除します。
  • 埋め込みページサムネールを破棄:埋め込みページサムネールを削除します。このオプションは、「ページ」ボタンをクリックしてからページサムネールが描画されるまでに時間がかかる大きなドキュメントに有効です。
  • 曲線のコントロールポイントを減らす:CAD 図面でカーブを描くために使用されるコントロールポイントの数を減らします。これにより PDF ファイルのサイズが小さくなり、画面でのレンダリングが速くなります。
  • 埋め込み印刷設定を破棄:ドキュメントから埋め込み印刷設定(ページの拡大縮小、両面モードなど)を削除します。
  • しおりを破棄:ドキュメントからしおりをすべて削除します。
  • フォームのフィールドを統合:表示方法を変えることなく、フォームフィールドを使用不可にします。フォームデータはページに結合され、ページコンテンツになります。
  • すべての代替画像を破棄:画面上に表示するバージョンを除き、画像のバージョンをすべて削除します。PDF によっては、同じ画像の複数のバージョンが様々な目的(低解像度の画面表示、高解像度印刷など)で使用するために含まれている場合があります。
  • ドキュメントタグを破棄:ドキュメントからタグを削除します。それに伴い、テキストのアクセシビリティおよび折り返し機能も削除されます。
  • 画像フラグメントを検出および統合:薄いスライスにフラグメント化された画像またはマスクを探し、それらのスライスを 1 つの画像またはマスクに結合するよう試みることができます。
  • 埋め込み検索インデックスを破棄:埋め込み検索インデックスを削除します(ファイルサイズが減少します)。

ユーザーデータを破棄

他のユーザーに配信または共有しない個人情報を削除するには、「ユーザーデータを破棄」を選択します。

  • すべてのコメント、フォーム、マルチメディアを破棄:PDF から、コメント、フォーム、フォームのフィールドおよびマルチメディアをすべて削除します。
  • すべてのオブジェクトデータを破棄:PDF からすべてのオブジェクトを削除します。
  • 外部相互参照を破棄:他の文書へのリンクを削除します。PDF 内の他の場所にジャンプするリンクは削除されません。
  • 非表示のレイヤーコンテンツを破棄して表示レイヤーを統合:ファイルサイズを減らします。最適化されたドキュメントは、元の PDF に似ていますが、レイヤー情報が含まれていません。
  • ドキュメント情報およびメタデータを破棄:ドキュメント情報ディクショナリ内の情報と、すべてのメタデータストリームを削除します。(「名前を付けて保存」コマンドを使用して、メタデータストリームを PDF のコピーに戻します)。
  • 添付ファイルを破棄:PDF にコメントとして追加されている添付ファイルも含め、添付ファイルをすべて削除します(PDF の最適化によって添付ファイルは最適化されません)。
  • 他のアプリケーションの個人データを破棄:PDF ドキュメントの作成元アプリケーションでのみ役立つ情報をドキュメントから削除します。この設定は、PDF の機能には影響しませんが、ファイルサイズが減少します。

クリーンアップ

不必要なアイテムをドキュメントから削除するには、「クリーンアップ」を選択します。
例えば、古くなった要素や、文書の使用目的に合わない項目を削除できます。特定の要素を削除すると、PDF の機能に重大な影響を与えることがあります。デフォルトでは、機能に影響を与えない要素だけが選択されています。オプションの削除による影響を十分に理解していない限り、デフォルトの設定を使用してください。

圧縮

ドロップダウンメニューから、次の Flate 圧縮オプションの 1 つを選択します。

  • ファイル全体を圧縮
  • 文書構造を圧縮
  • 圧縮を削除
  • 圧縮を変更しない

エンコードされていないストリームを Flate を使用してエンコード:エンコードされていないすべてのストリームに Flate 圧縮を適用します。

無効なしおりを破棄:ドキュメント内の削除されたページをポイントしているしおりを削除します。

非参照の指定された宛先を破棄:PDF ドキュメント内で内部参照されていない、指定の宛先を削除します。他の PDF ファイルまたは Web サイトからのリンクの有無は確認されません。

PDF を Web 表示用に最適化:Web サーバーからページを一度に 1 つずつダウンロード(バイト処理)できるように PDF ドキュメントを再構成します。

ストリームで LZW エンコーディングの代わりに Flate を使用:LZW エンコーディングを使用するすべてのコンテンツストリームおよび画像に Flate 圧縮を適用します。

無効なリンクを破棄:無効な宛先に移動するリンクを削除します。

ページコンテンツを最適化:すべての行末文字をスペース文字に変換します。この結果 Flate 圧縮が向上します。

 

Microsoft Excel の設定(Windows のみ)

以下に示すように、これらのオプションでは、Microsoft Excel ファイルを変換する方法を決定します。これらのオプションへのアクセス方法については、ファイルタイプ設定の作成または編集を参照してください。

OpenOffice をフォールバックコンバーターとして試行:このオプションを選択している場合に、Microsoft Excel による変換が失敗または指定のタイムアウト制限に達すると、PDF Generator は、OpenOffice を使用した変換を試行します。OpenOffice を使用した変換が失敗または指定のタイムアウト制限に達すると、ログファイルに例外が書き込まれます。

ファイル名の拡張子:このアプリケーションで使用されるファイルタイプのファイル拡張子をコンマで区切って指定します。デフォルトは「xls、xlsx」です。拡張子の前にピリオドを含めたり、間にスペースを入れたりしないでください。

PDF/A-1a に準拠するファイルを作成:PDF/A-1b:2005 RGB Adobe PDF 設定が強制的に使用されます。

Adobe PDF にしおりを追加:Excel ワークシート名がしおりに変換されます。このオプションはデフォルトで選択されています。

ワークシートを単一ページに合わせる:単一ページにワークシートが収まるように、テキストのサイズが縮小されます。

ワークブック全体を変換:Excel ファイルのすべてのワークシートが変換されます。このオプションを選択していない場合は、現在のページのみが変換されます。

マクロを自動的に実行:ドキュメントを変換する前に Excel ドキュメントでマクロ(現在の時刻を挿入するマクロなど)を実行します。

ドキュメント情報を変換:ソースファイルのドキュメント情報に基づいて、PDF ドキュメントのプロパティを追加します。例えば、ドキュメントのタイトル、作成者、件名、キーワードなどの情報です。

Adobe PDF にリンクを追加:ソースファイルのハイパーリンクを PDF ドキュメントのハイパーリンクに変換します。

Adobe PDF にソースファイルを添付:このオプションを選択すると、元の Excel スプレッドシートは生成される PDF ドキュメント内の添付ファイルとして挿入されます。

タグ付き Adobe PDF によってアクセシビリティと折り返しを有効にする:PDF ドキュメント内にタグを挿入して、アクセシビリティおよび折り返しを有効にします。

読み込む Excel アドインの一覧:(セキュリティ上の理由から)デフォルトでは、Excel ファイルを PDF に変換するときに Excel のアドインは実行されません。変換中に特定の Excel アドインを実行できるようにするには、アドイン名をコンマで区切ったリストを指定します。

変換するワークシートの一覧:このボックスを空にすると、生成される PDF に Excel のすべてのワークシートが含まれます。ワークシートの一部を選択して変換するには、ワークシート名をコンマで区切ったリストを指定します。

 

Microsoft PowerPoint の設定(Windows のみ)

これらのオプションでは、Microsoft PowerPoint ファイルを変換する方法を決定します。これらのオプションへのアクセス方法については、ファイルタイプ設定の作成または編集を参照してください。

OpenOffice をフォールバックコンバーターとして試行:このオプションを選択している場合に、Microsoft PowerPoint による変換が失敗または指定のタイムアウト制限に達すると、PDF Generator は、OpenOffice を使用した変換を試行します。OpenOffice を使用した変換が失敗または指定のタイムアウト制限に達すると、ログファイルに例外が書き込まれます。

ファイル名の拡張子:このアプリケーションで使用されるファイルタイプのファイル拡張子をコンマで区切って指定します。デフォルトは「ppt、pptx」です。拡張子の前にピリオドを含めたり、間にスペースを入れたりしないでください。

ドキュメント情報を変換:ソースファイルのプロパティダイアログボックスから、タイトル、件名、作成者、キーワード、管理者、会社名、カテゴリおよびコメントなどのドキュメント情報が追加されます。このオプションはデフォルトで選択されています。

Adobe PDF にしおりを追加:PowerPoint のタイトルがしおりに変換されます。このオプションはデフォルトで選択されています。

Adobe PDF にソースファイルを添付:ソースファイルを添付ファイルとして PDF ファイルに追加します。このオプションはデフォルトでは選択されていません。

タグ付き Adobe PDF によってアクセシビリティと折り返しを有効にする:PDF ファイルにタグが埋め込まれます。このオプションはデフォルトでは選択されていません。

マルチメディアを PDF マルチメディアに変換:可能な場合に、マルチメディアが PDF マルチメディアに変換されます。このオプションはデフォルトで選択されています。

スピーカーノートを変換:スピーカーノートが PDF に変換されます。

マクロを自動的に実行:ドキュメントを変換する前に PowerPoint ドキュメントでマクロ(現在の時刻を挿入するマクロなど)を実行します。

PowerPoint プリンター設定に基づく PDF レイアウト:PowerPoint プリンター設定を使用して PDF ドキュメントがレイアウトされます。

Adobe PDF にリンクを追加:ファイルの変換時に、既存のリンクが保持されます。通常、リンクの表示形式は変更されません。アクセシビリティを有効にするオプションも選択されている場合にのみリンクが作成されます。このオプションはデフォルトでは選択されていません。

Adobe PDF 内にスライド効果を保存:スライド効果が変換されます。このオプションはデフォルトで選択されています。

Adobe PDF 内にアニメーションを保存:PDF ファイルに変換対象のアニメーションが保存されます。

非表示のスライドを PDF ページに変換:非表示のスライドが変換されます。

PDF/A-1a に準拠するファイルを作成:PDF/A-1b:2005 RGB Adobe PDF 設定が強制的に使用されます。PDF ファイルの生成時、PowerPoint の機能の一部は変換されません。PowerPoint の効果と同等の効果が Acrobat では保持されない場合、同様の効果で置き換えられます。例えば、同じスライドに複数のアニメーション効果が設定されている場合は、単一のアニメーション効果が使用されます。ページ効果や箇条書きのスライドインは変換されます。

 

Microsoft Project の設定(Windows のみ)

以下に示すように、これらのオプションでは、Microsoft Project ファイルを変換する方法を決定します。これらのオプションへのアクセス方法については、ファイルタイプ設定の作成または編集を参照してください。

  1. ファイル名の拡張子: このアプリケーションで使用されるファイルタイプのファイル拡張子をコンマで区切って指定します。デフォルトは「mpp」です。拡張子の前にピリオドを含めたり、間にスペースを入れたりしないでください。
  2. ドキュメント情報を変換:ソースファイルのプロパティダイアログボックスから、タイトル、件名、作成者、キーワード、管理者、会社名、カテゴリおよびコメントなどのドキュメント情報が追加されます。このオプションはデフォルトで選択されています。
  3. Adobe PDF にソースファイルを添付:ソースファイルを添付ファイルとして PDF ファイルに追加します。
  4. PDF/A-1a に準拠するファイルを作成:PDF/A-1b:2005 RGB Adobe PDF 設定が強制的に使用されます。
  5. マクロを自動的に実行:ドキュメントを変換する前に Microsoft Project ドキュメントでマクロ(現在の時刻を挿入するマクロなど)を実行します。

Microsoft Word の設定(Windows のみ)

以下に示すように、これらのオプションでは、Microsoft Word ファイルを変換する方法を決定します。これらのオプションへのアクセス方法については、ファイルタイプ設定の作成または編集を参照してください。

OpenOffice をフォールバックコンバーターとして試行:このオプションを選択している場合に、Microsoft Word による変換が失敗または指定のタイムアウト制限に達すると、PDF Generator は、OpenOffice を使用した変換を試行します。OpenOffice を使用した変換が失敗または指定のタイムアウト制限に達すると、ログファイルに例外が書き込まれます。

ファイル名の拡張子:このアプリケーションで使用されるファイルタイプのファイル拡張子をコンマで区切って指定します。デフォルトは「doc、docx、rtf、txt」です。拡張子の前にピリオドを含めたり、間にスペースを入れたりしないでください。

ドキュメント情報を変換:ソースファイルのプロパティダイアログボックスから、タイトル、件名、作成者、キーワード、管理者、会社名、カテゴリおよびコメントなどのドキュメント情報が追加されます。このオプションはデフォルトで選択されています。

Adobe PDF にしおりを追加:見出しがしおりに変換されます。このオプションはデフォルトで選択されています。

Adobe PDF にソースファイルを添付:ソースファイルを添付ファイルとして PDF ファイルに追加します。

相互参照と目次をリンクに変換:すべての相互参照と目次登録がリンクに変換されます。このオプションはデフォルトで選択されています。

タグ付き Adobe PDF によってアクセシビリティと折り返しを有効にする:PDF ファイルにタグが埋め込まれます。このオプションはデフォルトで選択されています。

PDF/A-1a に準拠するファイルを作成:選択すると、PDF/A-1b:2005 RGB Adobe PDF 設定が強制的に使用されます。

マクロを自動的に実行:ドキュメントを変換する前に Word ドキュメントでマクロ(現在の時刻を挿入するマクロなど)を実行します。

Adobe PDF 内のドキュメントマークアップを保持:Word ドキュメントのマークアップを PDF ファイルの注釈に変換します。

Adobe PDF にリンクを追加:ソースファイルのハイパーリンクを PDF ドキュメントのハイパーリンクに変換します。

脚注と文末脚注のリンクを変換:脚注引用および文末脚注引用のリンクを PDF ドキュメントのノート注釈に変換します。

表示されたコメントを Adobe PDF のノート注釈に変換:Word ドキュメントのコメントを PDF ドキュメントのテキスト注釈に変換します。

高度なタグ付けを有効にする:アクセシビリティを強化するために高度なタグを追加します。

すべてのスタイルをしおりに変換:Word ドキュメントのすべてのスタイルを PDF ドキュメントのブックマークに変換します。

レベルごとのスタイル:PDF ドキュメントのしおりに変換する Word ドキュメントのスタイルを指定します。また、しおりのレベルを指定します。この機能を使用するには、「すべてのスタイルをしおりに変換」の選択を解除して、次の形式でスタイル名を指定します。

styleName1=level1[,styleName2=level2...]

Microsoft Word のスタイル名にコンマ(,)または等号(=)が含まれる場合、記号の前にエスケープ文字("\_)を付ける必要があります。例えば、「Heading, 1」というスタイルは Heading\, 1 と指定します。 

 

Microsoft Visio の設定(Windows のみ)

ドキュメント情報を変換:ソースファイルのプロパティダイアログボックスから、タイトル、件名、作成者、キーワード、管理者、会社名、カテゴリおよびコメントなどのドキュメント情報が追加されます。このオプションはデフォルトで選択されています。このオプションはデフォルトで有効になっています。

Adobe PDF にリンクを追加:すべてのリンクが保持されます。このオプションはデフォルトで選択されています。

Adobe PDF にしおりを追加:見出しがしおりに変換されます。このオプションはデフォルトで選択されています。

Adobe PDF にソースファイルを添付:ソースファイルを添付ファイルとして PDF ファイルに追加します。

Adobe PDF のレイヤーを常に統合:すべての Visio レイヤーが統合されます。

すべてのページを変換:Visio ファイルのすべてのページが変換されます。

Adobe Acrobat で表示するときにレイヤーパネルを開く:Visio レイヤーを統合しない場合に、Acrobat で PDF ファイルを開くと、PDF ファイルで保持するレイヤーを指定できるウィンドウが開きます。このオプションはデフォルトで選択されています。

PDF/A-1b に準拠するファイルを作成:PDF/A-1b:2005(RGB)Adobe PDF 設定が強制的に使用されます。

コメントを Adobe PDF 注釈に変換:Visio メモが PDF 注釈に変換されます。

Microsoft Publisher の設定(Windows のみ)

以下に示すように、これらのオプションでは、Microsoft Publisher ファイルを変換する方法を決定します。これらのオプションへのアクセス方法については、ファイルタイプ設定の作成または編集を参照してください。

ファイル名の拡張子:このアプリケーションで使用されるファイルタイプのファイル拡張子をコンマで区切って指定します。デフォルトは「pub」です。拡張子の前にピリオドを含めたり、間にスペースを入れたりしないでください。

AutoCAD の設定(Windows のみ)

以下に示すように、これらのオプションでは、AutoCAD ファイルを変換する方法を決定します。これらのオプションへのアクセス方法については、ファイルタイプ設定の作成または編集を参照してください。

ファイル名の拡張子:このアプリケーションで使用されるファイルタイプのファイル拡張子をコンマで区切って指定します。デフォルトは「dwg」です。拡張子の前にピリオドを含めたり、間にスペースを入れたりしないでください。

ドキュメント情報を変換:ソースファイルのプロパティダイアログボックスから、タイトル、件名、作成者、キーワード、管理者、会社名、カテゴリおよびコメントなどのドキュメント情報が追加されます。このオプションはデフォルトで選択されています。

Adobe PDF にしおりを追加:見出しがしおりに変換されます。

Adobe PDF のレイヤーを常に統合:すべての AutoCAD レイヤーが統合されます。

Adobe Acrobat で表示するときにレイヤータブを開く:PDF を Acrobat で開くと、レイヤー構造が表示されます。

PDF/E-1 準拠ファイルを作成:PDF/E-1 に準拠するファイルを作成します。PDF/E は、技術ドキュメント交換のための ISO 規格です。PDF/E-1 について詳しくは、アドビと業界標準を参照してください。

すべてのレイアウトを変換:PDF にすべてのレイアウトを含めます。

モデルスペースを 3D に変換:選択すると、モデルスペースのレイアウトが PDF で 3D 注釈に変換されます。

Adobe PDF にリンクを追加:選択すると、すべてのリンクが保持されます。

Adobe PDF にソースファイルを添付:ソースファイルを添付ファイルとして PDF ファイルに追加します。

PDF/A-1b に準拠するファイルを作成:PDF/A-1b Adobe PDF 設定が強制的に使用されます。

すべてのレイヤーを変換:デフォルトで、PDF Generator は、AutoCAD ファイル内のすべてのレイヤーではなく、デフォルトレイヤーだけを PDF に変換します。ファイルのすべてのレイヤーを変換するには、このオプションを選択します。

スケール情報を埋め込む:描画スケール情報を保持します。

現在のレイアウトを変換:PDF に現在のレイアウトだけを含めます。

変換する AutoCAD レイアウトの一覧:AutoCAD 図面には複数のレイアウトが含まれることがあります。このボックスを空にすると、生成される PDF ドキュメントに AutoCAD 図面のすべてのレイアウトが含まれます。レイアウトの一部を選択して変換するには、レイアウト名をコンマで区切ったリストを指定します。 

 

OpenOffice 設定

以下に示すように、これらのオプションでは、OpenOffice ファイルを変換する方法を決定します。これらのオプションへのアクセス方法については、ファイルタイプ設定の作成または編集を参照してください。

PDFMaker をフォールバックコンバーターとして試行:このオプションを選択している場合に、OpenOffice による変換が失敗または指定のタイムアウト制限に達すると、PDF Generator は、PDFMaker を使用した変換を試行します。PDFMaker を使用した変換が失敗または指定のタイムアウト制限に達すると、ログファイルに例外が書き込まれます。

ファイル名の拡張子:このアプリケーションで使用されるファイルタイプのファイル拡張子をコンマで区切って指定します。デフォルトは「odt、odp、ods、odg、odf、sxw、sxi、sxd」です。拡張子の前にピリオドを含めたり、間にスペースを入れたりしないでください。

範囲:すべてのページを変換するか、特定のページまたはページ範囲を指定します。ページ範囲を指定しない場合、すべてのページが変換されます。ページの範囲を書き出すには、3-6 などの形式で指定します。ページを個別に書き出すには、7;9;11 などの形式で指定します。ページ範囲と個別のページを組み合わせて書き出すには、3-6;8;10;12 などの形式で指定します。

ページの向き:プレーンテキストファイルのみの場合、変換後の PDF ドキュメントの向きについて縦または横のいずれかを選択します。

画像:画像の変換方法を設定します。プレビューが埋め込まれている EPS 画像は、プレビューとしてのみ書き出されます。プレビューが埋め込まれていない EPS 画像は、空のプレースホルダーとして書き出されます。画像のロスレス圧縮では、すべてのピクセルが保持されます。画像の JPEG 圧縮を高画質で行う場合は、ほとんどすべてのピクセルが保持されます。また、低画質で圧縮する場合は、一部のピクセルが消失し、アーティファクトが生じますが、ファイルサイズは減少します。

一般:PDF に、タグ付き PDF を変換したり、Writer や FormCalc のドキュメント注釈を書き出したり、Impress のスライド効果を書き出したり、空白ページを書き出したりするには、これらのオプションを有効にします。タグを書き出すと、ファイルサイズが大幅に増加する可能性があります。書き出されるタグは、目次、ハイパーリンク、コントロールなどです。

フォームの送信方法を指定することもできます。XML、FDF、PDF または HTML を指定できます。この設定は、ドキュメントで設定したコントロールの URL プロパティを上書きします。PDF ドキュメントに対して選択できる共通設定は 1 つだけです。

  • PDF(ドキュメント全体を送信)
  • FDF(コントロールのコンテンツを送信)
  • HTML
  • XML

タグ付き PDF:OpenOffice ドキュメントからのタグ付き PDF の作成を有効にします。タグ付き PDF には、ドキュメントコンテンツの構造に関する情報が含まれます。この情報は、様々な画面でデバイスにドキュメントを表示するとき、およびスクリーンリーダーソフトウェアを使用するときに役立ちます。また、アクセシビリティソフトウェアが PDF ドキュメント使用の際に役立つ様々な操作(PDF ドキュメントの内容を読み上げるなど)を実行しやすくなります。

ノート注釈を書き出し:OpenOffice ドキュメントのノート注釈を、生成される PDF ドキュメントのノート注釈に変換します。

トランジション効果を使用:OpenOffice プレゼンテーションのスライドのトランジション効果を、対応する PDF のトランジション効果に変換します。

フォームを次の形式でサブミット:PDF ドキュメントのユーザーが入力および印刷できる PDF フォームを作成します。

挿入された空白ページを自動的に書き出す:このオプションを選択すると、生成される PDF ドキュメントに、自動的に挿入された空のページが作成されます。これは PDF ドキュメントを両面印刷する場合に役立ちます。例えば、章の最初のページが常に奇数ページで始まるようにブックを設定できます。前の章が奇数ページで終わった場合、OpenOffice では空の偶数ページが挿入されます。このオプションで、生成される PDF に偶数ページを含めるかどうかを制御します。

その他のアプリケーションの設定(Windows のみ)

管理コンソールを利用して、他のアプリケーションの設定を変更することはできません。サポートされているファイルタイプのファイル拡張子は表示できます。これらの設定へのアクセス方法については、ファイルタイプ設定の作成または編集を参照してください。

  • Corel WordPerfect:wpd
  • Adobe PageMaker:pmd、pm6、p65、pm
  • Adobe FrameMaker:fm
  • Adobe Photoshop:psd

これらのファイルタイプのサポートにはカスタマイズが必要になる場合があります。詳しくは、『AEM forms によるプログラミング』の「追加のネイティブファイル形式に対するサポートの追加」を参照してください。

PDFG ネットワークプリンターの設定のヘルプについては、PDFG ネットワークプリンターの設定(Windows のみ)を参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー