現在表示中:

Web ブラウザーに返す HTML 出力の形式の指定

  1. 管理コンソールで、サービス/Forms をクリックします。

  2. 「Form 出力」の「出力形式」で次のどちらかのオプションを選択します。

    フル HTML:すべての HTML タグを含む形(完全な HTML ページ)でフォームをレンダリングします。これがデフォルト値です。

    Body のみ:<BODY> タグの範囲(完全な HTML ページではない)でフォームをレンダリングします。

  3. 「保存」をクリックします。

PDF コンテンツのレンダリング位置の指定

  1. 「Form 出力」の「レンダリング位置」リストで次のいずれかのオプションを選択します。

    クライアント:Adobe Acrobat または Adobe Reader 内で PDF フォームをレンダリングします。クライアント側でレンダリングを行うと AEM Forms のパフォーマンスが向上します。ただし、これは PDFForm 変換にのみ適用されます。

    サーバー:アプリケーションサーバーで PDF フォームをレンダリングします。

    自動:XDP ファイルの dynamicRender 設定値の示す位置で PDF フォームをレンダリングします。これがデフォルト値です。

  2. 「保存」をクリックします。

フォーム送信前のカスタムスクリプトの呼び出しの設定

この機能を有効にするには、次の手順を実行します。

  1. 管理コンソールにログインします。

  2. サービスForms をクリックします。

  3. 「出力形式」で「Body のみ」を指定します。

  4. 設定を保存します。

  5. HTML コードの head セクションで JavaScript 変数 __CUSTOM_SCRIPTS_VERSION を宣言し、その値を 1 に設定します。

    注意:

    この機能を無効にするには、JavaScript 変数を削除するか、その値を 0 に設定します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー