現在表示中:

この記事では、AEM DS Settings Service の設定方法について説明します。この設定は、次のような場合に使用できます。

  • Correspondence Management において
    • AEM Forms ワークフローを設定する場合
    • ドラフトまたは送信のリモート保存にフォームポータルを使用する場合
  • アダプティブフォームにおいては、アダプティブフォームが発行インスタンスから送信される場合

次の手順に従って、「AEM DS 設定」を構成します。

  1. 次の URL で、発行インスタンスにある Configuration Manager を開きます。
    http://localhost:port/system/console/configMgr

     

    AEM_web_configuration_console
  2. Adobe Experience Manager Web Console Configuration ウィンドウで、「AEM DS 設定」オプションを見つけてクリックします。

     

    DS_settings
  3. AEM DS 設定サービスウィンドウに、AEM DS コンポーネントの共通設定が表示されます。

    DS_settings_1
  4. 次の情報をそれぞれのフィールドに追加します。

    処理サーバー URL:処理サーバーは、Forms または AEM ワークフローをトリガーする必要のあるサーバーです。これは、AEM オーサーインスタンスの URL または他のサーバー URL(つまり、http://localhost:port/)と同じである可能性があります。

    処理サーバーのユーザー名:ワークフローユーザーのユーザー名 [使用中のサーバー URL に基づく]

    処理サーバーのパスワード:ワークフローユーザーのパスワード

    注意:

    Forms または AEM ワークフローのいずれかを使用しているときは、発行サーバーから送信を行う前に、DS 設定サービスを構成する必要があります。このサービスを構成しないと、フォームの送信が失敗します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー