現在表示中:

インタラクティブ通信用のドキュメントフラグメントの作成

これは、「最初のインタラクティブ通信を作成する」シリーズを構成するチュートリアルです。チュートリアル内のユースケースを理解して実際に操作できるように、このシリーズのチュートリアルを最初から順に学習することをお勧めします。

ドキュメントフラグメントとは再利用可能な通信のコンポーネントを指し、インタラクティブ通信の作成に使用されます。ドキュメントフラグメントは、次のいずれかの種類になります。

  • テキスト -  テキストアセットは、1 つまたは複数の段落で構成される 1 つのコンテンツです。段落は静的または動的にすることができます。
  • リスト - リストは、テキスト、リスト、条件、画像を含む、一連のドキュメントフラグメントです。 
  • 条件 - 条件により、フォームデータモデルから受信したデータに基づいてインタラクティブ通信に含めるコンテキストを定義することができます。

本チュートリアルは、「インタラクティブ通信の計画」セクションの分析に基づいて、複数のテキストドキュメントフラグメントの作成方法を順を追って説明します。このチュートリアルを完了すると、次の操作を実行できるようになります。

  • ドキュメントフラグメントの作成
  • 変数の作成
  • ルールを作成して適用
text_document_fragments

このチュートリアルで作成されたドキュメントフラグメントのリストは次のとおりです。

各ドキュメントフラグメントには、スタティックテキスト、フォームデータモデルから受信したデータ、エージェント UI を使用して入力したデータが含まれます。すべてのフィールドは、「  インタラクティブ通信の計画」セクションに示されています。

このチュートリアルでドキュメントフラグメントを作成する際、エージェント UI を使用してデータを受信するフィールドの変数が作成されます。

このチュートリアルのドキュメントフラグメントを作成するためのフォームデータモデルとして、「フォームデータモデルを作成」セクションの説明に従って、FDM_Create_First_IC を使用します。

手順 1:請求明細テキストドキュメントフラグメントの作成

請求明細ドキュメントフラグメントには次のフィールドが含まれています。

フィールド データソース
請求書番号 エージェント UI
請求期間 エージェント UI
請求日 エージェント UI
計画 フォームデータモデル

エージェント UI をデータソースとしてフィールドの変数やスタティックテキストを作成して、ドキュメントフラグメント内でフォームデータモデル要素を使用するには、次の手順を実行します。

  1. フォームドキュメントフラグメント」の順に選択します。

  2. 作成テキスト」を選択します。

  3. 次の情報を指定します。

    1. タイトル」フィールドに、bill_details_first_ic を名前としてと入力します。「名前」フィールドにタイトルが自動入力されます。
    2. データモデル」セクションから、「フォームデータモデル」を選択します。
    3. FDM_Create_First_IC をフォームデータモデルとして選択し、「選択」をタップします。
    4. 次へ」をタップします。
  4. 左側のペインで、「変数」タブを選択して「作成」をタップします。

  5. 変数の作成」セクションで、次の手順を実行します。

    1. 変数の名前として、Invoicenumber を入力します。
    2. 文字列をタイプとして選択します。
    3. 作成」をタップします。
    variable_create_string

    手順 4 と 5 を繰り返し、次の変数を作成します。

    • Billperiod:文字列タイプ
    • BillDate:日付タイプ
    variables_bill_details
  6. 右側のペインを使用して、次のフィールドのスタティックテキストを作成します。

    • 請求書番号
    • 請求期間
    • 請求日
    • 計画
    variable_bill_details_static_text
  7. 請求書番号」フィールドの隣にカーソルを置き、左側のペインで、「変数」タブのInvoiceNumber 変数をダブルクリックします。

  8. 請求期間」フィールドの隣にカーソルを置き、Billperiod 変数をダブルクリックします。

  9. 請求日」フィールドの隣にカーソルを置き、Bill Date 変数をダブルクリックします。

  10. 左側のペインで、「データモデルオブジェクト」タブを選択します。

  11. 計画」フィールドの隣にカーソルを置き、カスタマーcustomerplan プロパティをダブルクリックします。

    bill_details_customerplan_fdm
  12. 保存」をクリックして、請求明細のテキストドキュメントフラグメントを作成します。

手順 2:顧客情報テキストドキュメントフラグメントの作成

顧客情報ドキュメントフラグメントには次のフィールドが含まれています。

フィールド データソース
顧客名 フォームデータモデル
住所 フォームデータモデル
供給場所 エージェント UI
都道府県コード エージェント UI
携帯電話番号 フォームデータモデル
代替電話番号 フォームデータモデル
関係番号 フォームデータモデル
接続数 エージェント UI

エージェント UI をデータソースとしてフィールドの変数やスタティックテキストを作成して、ドキュメントフラグメント内でフォームデータモデル要素を使用するには、次の手順を実行します。

  1. フォームドキュメントフラグメント」の順に選択します。

  2. 作成テキスト」を選択します。

  3. 次の情報を指定します。

    1. タイトル」フィールドに、customer_details_first_ic を名前としてと入力します。「名前」フィールドにタイトルが自動入力されます。
    2. データモデル」セクションから、「フォームデータモデル」を選択します。
    3. FDM_Create_First_IC をフォームデータモデルとして選択し、「選択」をタップします。
    4. 次へ」をタップします。
  4. 左側のペインで、「変数」タブを選択して「作成」をタップします。

  5. 変数の作成」セクションで、次の手順を実行します。

    1. 変数の名前として、Placesupply を入力します。
    2. 文字列をタイプとして選択します。
    3. 作成」をタップします。

    手順 4 と 5 を繰り返し、次の変数を作成します。

    • Statecode:番号の種類
    • Numberconnections:番号の種類
  6. データモデルオブジェクト」タブを選択し、右側のペインにカーソルを置き、カスタマー名前プロパティをダブルクリックします。

  7. カーソルを次の行に移動するには Enter キーを押し、カスタマー住所プロパティをダブルクリックします。

  8. 右側のペインを使用して、次のフィールドのスタティックテキストを作成します。

    • 携帯電話番号
    • 代替電話番号
    • 供給場所
    • 関係番号
    • 都道府県コード
    • 接続数
    customer_details_static_text_fdm
  9. 携帯電話番号」フィールドの隣にカーソルを置き、カスタマーmobilenum プロパティをダブルクリックします。

  10. 代替電話番号」フィールドの隣にカーソルを置き、カスタマーalternatemobilenumber プロパティをダブルクリックします。

  11. 関係番号」フィールドの隣にカーソルを置き、カスタマーrelationshipnumber プロパティをダブルクリックします。

  12. 変数」タブを選択して、「供給場所」フィールドの隣にカーソルを置き、Placesupply変数をダブルクリックします。

  13. 都道府県コード」フィールドの隣にカーソルを置き、Statecode 変数をダブルクリックします。

  14. 接続数」フィールドの隣にカーソルを置き、Numberconnections 変数をダブルクリックします。

    customer_details_df2
  15. 保存」をクリックして、顧客情報のテキストドキュメントフラグメントを作成します。

手順 3:請求内容テキストドキュメントフラグメントの作成

請求内容ドキュメントフラグメントには次のフィールドが含まれています。

フィールド データソース
繰越請求額 エージェント UI
支払い エージェント UI
調整 エージェント UI
現在の請求期間の料金 フォームデータモデル
請求額 エージェント UI
支払期日 エージェント UI

エージェント UI をデータソースとしてフィールドの変数やスタティックテキストを作成して、ドキュメントフラグメント内でフォームデータモデル要素を使用するには、次の手順を実行します。

  1. フォームドキュメントフラグメント」の順に選択します。

  2. 作成テキスト」を選択します。

  3. 次の情報を指定します。

    1. タイトル」フィールドに、bill_summary_first_ic を名前としてと入力します。「名前」フィールドにタイトルが自動入力されます。
    2. データモデル」セクションから、「フォームデータモデル」を選択します。
    3. FDM_Create_First_IC をフォームデータモデルとして選択し、「選択」をタップします。
    4. 次へ」をタップします。
  4. 左側のペインで、「変数」タブを選択して「作成」をタップします。

  5. 変数の作成」セクションで、次の手順を実行します。

    1. 変数の名前として、Previousbalance を入力します。
    2. 番号をタイプとして選択します。
    3. 作成」をタップします。

    手順 4 と 5 を繰り返し、次の変数を作成します。

    • Payments:番号の種類
    • Adjustments:番号の種類
    • Amountdue:番号の種類
    • Duedate:日付タイプ
  6. 右側のペインを使用して、次のフィールドのスタティックテキストを作成します。

    • 繰越請求額
    • 支払い
    • 調整
    • 現在の請求期間の料金
    • 請求額
    • 支払期日
    • 支払期日経過後の遅延延滞金は、20 ドル
    bill_summary_static
  7. 繰越請求額」フィールドの隣にカーソルを置き、Previousbalance 変数をダブルクリックします。

  8. 支払い」フィールドの隣にカーソルを置き、Payments 変数をダブルクリックします。

  9. 調整」フィールドの隣にカーソルを置き、Adjustments 変数をダブルクリックします。

  10. 請求額」フィールドの隣にカーソルを置き、Amountdue 変数をダブルクリックします。

  11. 支払期日」フィールドの隣にカーソルを置き、Duedate 変数をダブルクリックします。

  12. データモデルオブジェクト」タブを選択し、右側のペインの「現在の請求期間の料金」フィールドの隣にカーソルを置き、billsusagecharges プロパティをダブルクリックします。

    bill_summary_static_variables
  13. 保存」をクリックして、顧客情報のテキストドキュメントフラグメントを作成します。

手順 4:請求概要テキストドキュメントフラグメントの作成

請求概要ドキュメントフラグメントには、次のフィールドが含まれています。

フィールド データソース
通話料金 フォームデータモデル
会議通話料金 フォームデータモデル
SMS 料金 フォームデータモデル
携帯インターネット料金 フォームデータモデル
国内ローミング料金 フォームデータモデル
国際ローミング料金 フォームデータモデル
付加価値サービス料金 フォームデータモデル
合計請求金額 フォームデータモデル
合計支払金額 フォームデータモデル

スタティックテキストを作成してドキュメントフラグメント内でフォームデータモデル要素を使用するには、次の手順を実行します。

  1. フォームドキュメントフラグメント」の順に選択します。

  2. 作成テキスト」を選択します。

  3. 次の情報を指定します。

    1. タイトル」フィールドに、summary_charges_first_ic を名前としてと入力します。「名前」フィールドにタイトルが自動入力されます。
    2. データモデル」セクションから、「フォームデータモデル」を選択します。
    3. FDM_Create_First_IC をフォームデータモデルとして選択し、「選択」をタップします。
    4. 次へ」をタップします。
  4. 右側のペインを使用して、次のフィールドのスタティックテキストを作成します。

    • 通話料金
    • 会議通話料金
    • SMS 料金
    • 携帯インターネット料金
    • 国内ローミング料金
    • 国際ローミング料金
    • 付加価値サービス料金
    • 合計請求金額
    • 合計支払金額
    summary_charges_static
  5. データモデルオブジェクト」タブを選択します。

  6. 通話料金」フィールドの隣にカーソルを置き、billscallcharges プロパティをダブルクリックします。

  7. 会議 通話料金」フィールドの隣にカーソルを置き、billsconfcallcharges プロパティをダブルクリックします。

  8. SMS 料金」フィールドの隣にカーソルを置き、billssmscharges プロパティをダブルクリックします。

  9. 携帯インターネット料金」フィールドの隣にカーソルを置き、billsinternetcharges プロパティをダブルクリックします。

  10. 国内ローミング料金」フィールドの隣にカーソルを置き、billsroamingnational プロパティをダブルクリックします。

  11. 国際ローミング料金」フィールドの隣にカーソルを置き、billsroamingintnl プロパティをダブルクリックします。

  12. 付加価値サービス料金」フィールドの隣にカーソルを置き、billsvas プロパティをダブルクリックします。

  13. 合計請求金額」フィールドの隣にカーソルを置き、billsusagecharges プロパティをダブルクリックします。

  14. 合計支払金額」フィールドの隣にカーソルを置き、billsusagecharges プロパティをダブルクリックします。

    summary_charges_static_fdm
  15. 付加価値サービス料金行のテキストを選択し、「ルールの作成」をタップして、インタラクティブ通信で表示された行に基づいて条件を作成します。

  16. ルールの作成ポップアップウィンドウで、次の手順を実行します。

    1. データモデルと変数を選択して、bills/callchargesを選択します。
    2. 演算子として未満を選択します。
    3. 番号」を選択し、60 の値を入力します。

    この条件に基づいて、付加価値サービス料金の列は、通話料金フィールドの値が 60 未満の場合にのみ表示されます。

    create_rules_caption
  17. 保存」をクリックして、請求概要のテキストドキュメントフラグメントを作成します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー