現在表示中:

インタラクティブ通信を作成するには、インタラクティブ通信エディターを使用します。ドラッグアンドドロップ機能を使用してインタラクティブ通信を作成し、各種のデバイスで印刷出力と Web 出力のプレビューを表示することができます。

概要

インタラクティブ通信を使用すると、各種のインタラクティブな通信記録の作成と配信を、カスタマイズされた安全な方法で一元的に管理することができます。印刷出力を Web 用のマスターチャネルとして使用することにより、インタラクティブ通信の Web 出力を作成する手間を大幅に省くことができます。

前提条件

インタラクティブ通信を作成するための前提条件を以下に示します。

インタラクティブ通信の作成

  1. AEM オーサーインスタンスにログインし、Adobe Experience Managerフォームフォームとドキュメントに移動します。

  2. 作成をタップし、「インタラクティブ通信」を選択します。インタラクティブ通信作成ページが表示されます。

    create-interactive-communication
  3. 以下の情報を入力します。

    • タイトル:インタラクティブ通信のタイトルを入力します。
    • 名前*:インタラクティブ通信のタイトルが、インタラクティブ通信の名前として設定されます。必要な場合は、名前を編集します。
    • 説明:インタラクティブ通信の説明を入力します。
    • フォームデータモデル*:フォームデータモデルを参照して選択します。フォームデータモデルの詳細については、「AEM Forms のデータ統合機能」を参照してください。
    • 事前入力サービス:取得したデータをインタラクティブ通信に事前に取り込むためのサービスを選択します。
    • 後処理のタイプ:インタラクティブ通信の送信時にトリガーする AEM ワークフローまたは Forms ワークフローを選択することができます。トリガーするワークフローのタイプを選択します。
    • 後処理:トリガーするワークフローの名前を選択します。AEM ワークフローを選択した場合は、添付ファイルのパス、レイアウトのパス、PDF のパス、印刷データのパス、Web データのパスを指定する必要があります。
    • タグ:インタラクティブ通信に適用するタグを選択します。新しいタグやカスタムタグの名前を入力して Enter キーを押すと、タグを作成できます。
    • 作成者:ログインしたユーザーの名前が、作者の名前として自動的に設定されます。
    • 発行日:インタラクティブ通信の発効日を入力します。
    • 非公開日:インタラクティブ通信の非公開日を入力します。
  4. 次へ」をタップします。印刷チャネルと Web チャネルの詳細情報を指定するための画面が表示されます。

  5. 以下を入力します。

    • 印刷:インタラクティブ通信の印刷チャネルを生成する場合は、このオプションを選択します。
    • 印刷テンプレート*:印刷テンプレートとして使用する XDP を参照して選択します。
    • Web チャネルのマスターとして印刷を使用:印刷チャネルに同期される Web チャネルを作成する場合は、このオプションを選択します。印刷チャネルを Web チャネルのマスターとして使用すると、Web チャネルに連結されたコンテンツとデータが印刷チャネルから取得され、「同期」をタップしたときに、印刷チャネルに対する変更内容が Web チャネルに反映されます。ただし、作成者は、Web チャネル内の特定のコンポーネントについて、必要に応じて継承設定を解除することができます。詳しくは、「Web チャネルと印刷チャネルの同期」を参照してください。
    • Web:インタラクティブ通信の Web チャネルまたはレスポンシブ出力を生成する場合は、このオプションを選択します。
    • インタラクティブ通信の Web テンプレート*:Web テンプレートを参照して選択します。
    • テーマ」と「テーマを選択*」:インタラクティブ通信の Web チャネルのスタイルを設定するためのテーマを参照して選択します。詳しくは、「AEM Forms のテーマ」を参照してください。

    印刷チャネルと Web チャネルの詳細については、「印刷チャネルと Web チャネル」を参照してください。

  6. 作成」をタップします。インタラクティブ通信が作成され、警告ボックスが表示されます。インタラクティブ通信のコンテンツの作成を開始する場合は、「編集」をタップします。作成方法については、「インタラクティブ通信にコンテンツを追加する」を参照してください。「完了」をタップして、後でインタラクティブ通信の編集を行うこともできます。

インタラクティブ通信にコンテンツを追加する

インタラクティブ通信を作成したら、インタラクティブ通信のオーサーリングインターフェイスを使用してコンテンツを追加することができます。 

インタラクティブ通信のオーサリングインターフェイスの詳細については、「インタラクティブ通信オーサリング UI の概要」を参照してください。

  1. インタラクティブ通信の作成」の説明に従って「編集」をタップすると、インタラクティブ通信のオーサリングインターフェイスが起動します。または、AEM 上の既存のインタラクティブ通信に移動して選択し、「編集」をタップしてもかまいません。この場合も、インタラクティブ通信のオーサリングインターフェイスが起動します。

    インタラクティブ通信が Web チャネル専用として設定されていない限り、インタラクティブ通信の印刷チャネルがデフォルトで表示されます。インタラクティブ通信の印刷チャネルには、選択した XDP テンプレートまたは印刷チャネルテンプレートで使用可能なターゲット領域が表示されます。これらのターゲット領域とフィールドで、コンポーネントやアセットを追加することができます。 

  2. 印刷チャネルを選択した状態で、「コンポーネント」タブを選択します。印刷チャネルでは、以下のコンポーネントを使用することができます。

    コンポーネント 機能
    グラフ インタラクティブ通信で使用できるグラフを追加して、フォームデータモデルのコレクションから取得された 2 次元のデータを視覚的に表現することができます。詳しくは、「インタラクティブ通信でグラフを使用する」を参照してください。
    ドキュメントフラグメント 再利用可能なコンポーネント(テキスト、リスト、条件など)をインタラクティブ通信に追加することができます。インタラクティブ通信に追加する再利用可能なコンポーネントは、フォームデータモデルベースのコンポーネントでも、フォームデータモデルを持たないコンポーネントでもかまいません。
    画像 画像を挿入できるようにします。

    コンポーネントをインタラクティブ通信にドラッグアンドドロップし、必要に応じてそれらのコンポーネントを設定します。 

  3. 印刷チャネルを選択した場合は、「アセット」タブに移動して、必要なアセットだけを表示するためのフィルターを適用します。

    アセットブラウザーを使用して、インタラクティブ通信のターゲット領域にアセットを直接ドラッグアンドドロップすることもできます。 

    Assets-DocFragments
  4. ドキュメントフラグメントをインタラクティブ通信にドラッグアンドドロップします。以下の表に、インタラクティブ通信の印刷チャネルで使用できるドキュメントフラグメントのタイプを示します。  

    ドキュメントフラグメントタイプ 用途の例
    テキスト 住所、受信者の電子メールアドレス、レターの本文を追加するためのテキストとして使用する
    条件 ポリシーのタイプ(標準またはプレミアム)に基づいて、適切なヘッダー画像を通信に追加するための条件として使用する
    リスト ドキュメントフラグメント(テキスト、条件、リスト、画像など)のグループとして使用する

    ドキュメントフラグメントについて詳しくは、「ドキュメントフラグメント」を参照してください。

  5. 変数の連結を設定するには、目的の変数をタップして アイコン(設定アイコン)を選択し、サイドバーのプロパティパネルで連結プロパティを設定します。

    • なし:このプロパティを選択すると、エージェントによって変数の値が設定されます。
    • テキストフラグメント:このプロパティを選択すると、フィールド内でコンテンツがレンダリングされるテキストドキュメントフラグメントを参照して選択できるようになります。既に変数が含まれているテキストドキュメントフラグメントを別の変数に連結することはできません。
    • データモデルオブジェクト:フィールド内に値を取り込むデータモデルプロパティを選択します。

    関連するテキストドキュメントフラグメントを設定することもできます。プロパティパネルには、そのテキストドキュメントフラグメントの変数リストが表示されます。変数名の横にある アイコン(編集アイコン)をタップすると、その変数の設定が編集モードで表示されます。

  6. テーブルを追加するには、印刷チャネルを選択した状態で、レイアウトフラグメントだけを表示するためのフィルターを「アセット」タブで適用します。次に、必要なレイアウトフラグメントをインタラクティブ通信にドラッグアンドドロップします。レイアウトフラグメントは、XDP をベースとしています。インタラクティブ通信でレイアウトフラグメントを使用して、グラフィカルレイアウト、静的なテーブル、動的なテーブルを作成することができます。動的なテーブルには、動的なデータが取り込まれます。

    例えば、新しいポリシーと古いポリシーで、保険料の総額、特別割引率(%)、緊急ロードサイドサービスを表示するためのレイアウトテーブルを作成することができます。

    レイアウトフラグメントについて詳しくは、「ドキュメントフラグメント」を参照してください。

  7. 印刷チャネルを選択した状態で、画像を表示するためのフィルターを「アセット」タブで適用します。必要な画像(会社のロゴなど)をインタラクティブ通信にドラッグアンドドロップします。

  8. Web チャネルに切り替えます。インタラクティブ通信エディターに Web チャネルが表示されます。初めて印刷チャネルから Web チャネルに切り替えた場合、自動同期処理が実行されます。詳しくは、「印刷チャンネルから Web チャネルを同期する」を参照してください。  

    この例では、Web チャネルのマスターとして印刷チャネルを使用しているため、印刷チャネルのプレースホルダー、コンテンツ、データ連結が Web チャネルに同期されます。ただし、Web チャネルの特定のコンテンツを必要に応じてカスタマイズすることができます。 

    WebChannelAssets
  9. Web チャネルにコンポーネントを追加するには、Web チャネルを選択した状態で「コンポーネント」をタップします。必要に応じて、インタラクティブ通信の Web チャネルにコンポーネントをドラッグアンドドロップし、そのコンポーネントの設定を行います。

    コンポーネント 機能
    グラフ インタラクティブ通信で使用できるグラフを追加して、フォームデータモデルのコレクションから取得された 2 次元のデータを視覚的に表現することができます。詳しくは、「グラフコンポーネントの使用」を参照してください。
    ドキュメントフラグメント 再利用可能なコンポーネント、テキスト、リスト、条件をインタラクティブ通信に追加することができます。インタラクティブ通信に追加する再利用可能なコンポーネントは、フォームデータモデルベースのコンポーネントでも、フォームデータモデルを持たないコンポーネントでもかまいません。
    画像 画像を挿入できるようにします。
    パネル パネルコンポーネントは、他のコンポーネントをグループ化するためのプレースホルダーです。パネルコンポーネントにより、インタラクティブ通信内でのコンポーネントグループ(アコーディオンやタブなど)の配置方法が制御されます。パネルコンポーネントを使用して、エンドユーザーが繰り返し使用できるコンポーネントグループ(学歴を入力するための複数のエントリなど)を作成することもできます。 
    テーブル 行と列のデータを整理するためのテーブルを追加することができます。 
    ターゲット領域 Web チャネル固有のコンポーネントを整理するためのターゲット領域を、その Web チャネルに挿入することができます。ターゲット領域は、Web チャネル固有のコンポーネントをグループ化するためのプレーンコンテナです。 
    テキスト インタラクティブ通信の Web チャネルにリッチテキストを追加することができます。追加したテキストでフォームデータオブジェクトを使用して、動的なコンテンツを作成することもできます。
  10. 必要に応じて、Web チャネルにアセットを挿入します。 

    インタラクティブ通信のプレビューを表示してインタラクティブ通信の印刷出力と Web 出力の外観を確認し、必要に応じてさらに編集を行うことができます。

インタラクティブ通信のプレビュー表示

プレビューオプションを使用して、インタラクティブ通信の外観を確認することができます。インタラクティブ通信の Web チャネルには、各種のデバイスでインタラクティブ通信の操作性をエミュレートするためのオプションも用意されています。例えば、iPhone、iPad、デスクトップパソコンなどのデバイスについて、エミュレーションを行うことができます。「プレビュー」オプションと「エミュレーターオプションを組み合わせて使用することにより、画面サイズの異なるデバイスの Web 出力をプレビュー表示することができます。プレビュー画面に表示されるサンプルデータは、指定したフォームデータモデルから取得されます。

  1. プレビュー表示する印刷チャネルまたは Web チャネルを選択して「プレビュー」をタップします。インタラクティブ通信が表示されます。

    注意:

    プレビュー画面には、指定したフォームデータモデルのサンプルデータが表示されます。サンプルデータ以外のデータまたは事前入力サービスを使用してインタラクティブ通信のプレビューを表示する方法については、「フォームデータモデルの使用」と「フォームデータモデルの操作」を参照してください。

  2. Web チャネルの場合は、 アイコンを使用して、各種デバイスにおけるインタラクティブ通信の外観を確認します。

    WebChannelPreview

インタラクティブ通信でプロパティを設定する

添付ファイルとライブラリへのアクセス

印刷チャネルでは、添付ファイルとライブラリへのアクセスを設定して、インタラクティブ通信の添付ファイルをエージェント UI で管理することができます。

  1. 印刷チャネルでドキュメントコンテナをハイライト表示して、「プロパティ」をタップします。

    DocumentContainerProperties

    サイドバーにプロパティパネルが表示されます。 

    PropertiesAttachments
  2. 添付ファイル」を展開し、以下のプロパティを指定します。

    • ライブラリのアクセスを許可:エージェント UI でエージェントによるライブラリへのアクセスを許可する場合は、このプロパティを選択します。このプロパティを選択すると、インタラクティブ通信の準備を行う際に、エージェントを使用してライブラリ内のファイルを追加できるようになります。
    • 添付ファイルの順番の変更を許可:インタラクティブ通信の添付ファイルの順序を変更できるようにするには、このプロパティを選択します。
    • 許可される添付ファイルの最大数:インタラクティブ通信で許可される添付ファイルの最大数を指定します。
    • 添付するファイル:「追加」をタップし、添付するファイルを参照して選択します。次に、以下のオプションを指定します。
      • デフォルトでドキュメントにこのファイルを添付する:ファイルの添付が必須でない場合のみ、このオプションを変更することができます。
      • 必須:このオプションを選択すると、エージェント UI で添付ファイルを削除できなくなります。
    AttachFiles
  3. 完了」をタップします。

XDP またはレイアウトフィールドのプロパティの設定

  1. インタラクティブ通信の印刷チャネルを編集する際に、印刷チャネルテンプレート内のフィールドにカーソルを置いて アイコン(設定アイコン)を選択します。

    サイドバーにプロパティダイアログが表示されます。 

    XDPFieldProperties
  2. 以下のプロパティを指定します。

    • 名前:JCR ノードの名前を入力します。
    • タイトル:タイトルを入力します。ここで入力したタイトルは、エージェント UI とドキュメントコンテナツリーに表示されます。
    • 連結タイプ:フィールドの連結タイプとして、以下のいずれかを選択します。
      • なし:このプロパティを選択すると、エージェントによってプロパティの値が設定されます。
      • テキストフラグメント:このプロパティを選択すると、フィールド内でコンテンツがレンダリングされるテキストドキュメントフラグメントを参照して選択できるようになります。 
      • データモデルオブジェクト:フィールド内に値を取り込むデータモデルプロパティを選択します。 
    • デフォルト値:指定したデータモデルオブジェクトまたはテキストフラグメントでフィールドの値を設定しなかった場合、そのフィールドにデフォルト値が設定されます。データの「連結タイプ」を「なし」に設定すると、フィールドにデフォルト値が設定されます。  
    • エージェントによる編集が可能:エージェント UI のフィールド値をエージェントを使用して編集できるようにするには、このオプションを選択します。「連結タイプ」として「テキストフラグメント」を選択した場合、この設定は適用されません。  
    • ラベル:フィールドと共にエージェント UI に表示されるテキスト文字列を指定します。「連結タイプ」として「テキストフラグメント」を選択した場合、この設定は適用されません。
    • ツールヒント:エージェント UI でエージェントにマウスを置いたときに表示されるテキスト文字列を入力します。「連結タイプ」として「テキストフラグメント」を選択した場合、この設定は適用されません。
    • 必須:フィールドを入力必須にするには、このオプションを選択します。「連結タイプ」として「テキストフラグメント」を選択した場合、この設定は適用されません。
    • 複数行:フィールドに複数行のテキストを入力できるようにするには、このオプションを選択します。「連結タイプ」として「テキストフラグメント」を選択した場合、この設定は適用されません。
  3. をタップします。

インタラクティブ通信のコンポーネントにルールを適用する

インタラクティブ通信のコンポーネントやコンテンツに条件を設定するには、目的のコンポーネントまたはコンテンツをタップし、 アイコン(ルール作成アイコン)を選択してルールエディターを起動します。

詳しくは、次を参照してください。

テーブルの使用

インタラクティブ通信の動的テーブル

レイアウトフラグメントを使用して、インタラクティブ通信に動的なテーブルを追加することができます。以下の手順では、クレジットカードの取引明細を例として、レイアウトフラグメントを使用して、インタラクティブ通信内に動的なテーブルを作成する方法について説明します。 

  1. テーブルを作成するために必要なレイアウトフラグメントが AEM で使用可能な状態になっていることを確認します。

  2. インタラクティブ通信の印刷チャネルで、複数行テーブルが含まれているレイアウトフラグメントを、アセットブラウザーのターゲット領域にドラッグアンドドロップします。 

    LF_DragDrop

    インタラクティブ通信のレイアウト領域にテーブルが表示されます。

    LF_DragDrop_Table
  3. テーブル内のセルごとに、データ連結を指定します。繰り返し可能な行を作成するには、フォームデータモデルのプロパティを、共通コレクションプロパティの行に挿入します。 

    1. テーブル内の任意のセルをタップして アイコン(設定アイコン)を選択します。

      サイドバーにプロパティダイアログが表示されます。 

      LF_Cell_Properties
    2. 以下のプロパティを設定します。

      • 名前:JCR ノードの名前を入力します。
      • タイトル:タイトルを入力します。ここで入力したタイトルは、インタラクティブ通信エディターに表示されます。
      • 連結タイプ*:フィールドの連結タイプとして、以下のいずれかを選択します。
        • なし
        • データモデルオブジェクト:フォームデータモデルのプロパティ値がフィールド内に取り込まれます。
      • データモデルオブジェクト:フィールド内に値を取り込むフォームデータモデルプロパティを選択します。
      • デフォルト値:指定したデータモデルオブジェクトでフィールドの値を設定しなかった場合、そのフィールドにデフォルト値が設定されます。デフォルト値は、フィールド内に取り込まれます。  
      • エージェントによる編集が可能:エージェント UI のフィールド値をエージェントを使用して編集できるようにするには、このオプションを選択します。
    3. をタップします。

  4. インタラクティブ通信のプレビューを表示して、データを使用してレンダリングされたテーブルを確認します。

    LF_Preview

Web チャネル専用テーブル

コレクションタイプのデータモデルプロパティを使用して、インタラクティブ通信内に Web チャネル専用の動的なテーブルを作成することができます。こうしたテーブルにより、コレクションプロパティの子プロパティを表示することができます。編集できるのは、テーブル内のセルの書式設定プロパティだけです。 

  1. Web チャネルに切り替えて、データソースブラウザーを表示します。

  2. コレクションプロパティをサブフォームにドラッグアンドドロップします。 

    サブフォーム内にテーブルが作成されます。 

  3. インタラクティブ通信の Web チャネル内のテーブルをプレビュー表示します。 

Web チャネルと印刷チャネルの同期

インタラクティブ通信を作成する際に、Web チャネルのマスターとして印刷チャネルを選択すると、印刷チャネルに同期された Web チャネルが作成されます。Web チャネルに連結されたコンテンツとデータは印刷チャネルから取得され、「同期」をタップすると、印刷チャネルに対する変更内容が Web チャネルに反映されます。

ただし、作成者は、Web チャネル内のコンポーネントについて、必要に応じて継承設定を解除することができます。 

printweb_2
(クリックして拡大)インタラクティブ通信エディターに表示された印刷チャネルと Web チャネル

自動同期

Web チャネルのマスターとして印刷チャネルを使用している場合、印刷チャネルから Web チャネルに切り替えると、自動同期が実行されます。自動同期により、印刷チャネルのプレースホルダー、コンテンツ、データ連結が Web チャネルに取り込まれます。インタラクティブ通信のコンテンツが複雑な場合は、自動同期が完了するまで多少時間がかかることがあります。 

注意:

チャネルを同期すると、ドキュメントフラグメント、画像、条件、リスト、およびレイアウトフラグメントのみが印刷チャネルから Web チャネルに同期されます。このような要素を含むサブフォームまたはその親ノードは同期されません。 

継承のキャンセル

Web チャネルでは、ターゲット領域内にコンポーネントが組み込まれます。 

継承をキャンセルするには、Web チャネル内の関連するターゲット領域にカーソルを置いて アイコン(継承キャンセルアイコン)を選択し、継承キャンセルダイアログで「はい」をタップします。

ターゲット領域内でコンポーネントの継承がキャンセルされ、必要に応じてコンポーネントを編集できるようになります。 

継承を再度有効にする

Web チャネルでコンポーネントの継承をキャンセルした場合は、その継承を再度有効にすることができます。継承をもう一度有効にするには、目的のコンポーネントが含まれているターゲット領域の境界線にカーソルを置いて をタップします。

継承を元に戻すためのダイアログが表示されます。

RevertInheritance

必要に応じて、「継承を元に戻してからページを同期」を選択します。インタラクティブ通信を全体的に同期する場合に、このオプションを選択してください。このオプションを選択しなかった場合は、  継承を元に戻したときに、関連するターゲット領域だけが同期されます。   

はい」をタップします。

同期

Web チャネルのマスターとして印刷チャネルを使用している場合は、印刷チャネルを変更して「同期」をタップすると、その変更内容が Web チャネルに反映されます。  

  1. Web チャネルと印刷チャネルを同期するには、「同期」をタップします。

    マスターチャネルからコンテンツを同期するためのダイアログが表示されます。 

    SynchronizeContentFromMasterChannel
  2. 以下に示すいずれかのオプションをタップします。

    • 変更を破棄:Web チャネルで行った変更の内容に関係なく、すべての変更が破棄されます。
    • 変更を保持:継承がキャンセルされていないターゲット領域のコンテンツだけが同期されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー