現在表示中:

初期設定の状態の HTML5 フォームでは、エラーメッセージおよび警告の位置と外観(フォントおよび色)は固定されており、エラーは選択されたフィールドにのみひとつだけ表示されます。

HTML5 フォームのエラーメッセージをカスタマイズすることで、

  • エラーメッセージの外観および位置を変更できます。エラーの表示位置は、フィールドの上側、下側、または右側から選べます。 
  • 複数のフィールドのエラーメッセージをいつでも表示できます。 
  • フィールドが選択されているかどうかに関わらず、エラーメッセージを表示できます。

エラーメッセージのカスタマイズ

エラーメッセージをカスタマイズする前に、添付のパッケージ (CustomErrorManager-1.0-SNAPSHOT.zip) をダウンロードして抽出します。 

ダウンロード

エラーメッセージの位置のカスタマイズ

エラーメッセージの位置をカスタマイズするには、各エラーおよび警告フィールドごとに <div> タグを追加し、<div> タグを左側または右側に配置して <div> タグに CSS スタイルを適用します。詳しくは、次の手順を参照してください。

  1. CustomErrorManager-1.0-SNAPSHOT フォルダーに移動し、etc\clientlibs\mf-custom-error-manager\CustomErrorManager\javascript フォルダーを開きます。

  2. customErrorManager.js ファイルを開き、編集します。ファイル内の markError 関数は、次のパラメーターを受け付けます。

       
    jqWidget ウィジェットのハンドル
    msg エラーメッセージが含まれています
    type   エラーか警告かを表します
  3. 初期設定での実装では、エラーメッセージはフィールドの右側に表示されます。エラーメッセージを上側に表示するには、次のコードを使用します。

    markError: function (jqWidget, msg, type) {
                var element = jqWidget.element,                                //Gives the div containing widget
                    pos = $(element).offset(),                          //Calculates the position of the div in the view port
                                                                    msgHeight = xfalib.view.util.TextMetrics.measureExtent(msg).height + 5;  //Calculating the height of the Error Message
                    styles = {};
                    styles.left = pos.left + "px";         // Assign the desired left position using pos.left. Here it is calculated for exact left of the field 
                    styles.top = pos.top - msgHeight + "px";  // Assign the desired top position using pos.top. Here it is calculated for top of the field 
                if (type != "warning") {
                    if(!jqWidget.errorDiv){
                                                                                    //Adding the warning div if it is not present already
                        jqWidget.errorDiv=$("<div id='customError'></div>").appendTo('body');
                    }
                    jqWidget.$css(jqWidget.errorDiv.get(0), styles); // Applying the styles to the warning div
                    jqWidget.errorDiv.text(msg).show();                     //Showing the warning message
                } else {
                    if(!jqWidget.errorDiv){
                                                                                    //Adding the error div if it is not present already
                        jqWidget.errorDiv=$("<div id='customWarning'></div>").appendTo('body');
                    }
                    jqWidget.$css(jqWidget.errorDiv.get(0), styles); // Applying the styles to the error div
                    jqWidget.errorDiv.text(msg).show();                     //Showing the warning message
                }
    
            },
    
  4. ファイルを保存して閉じます。

  5. CustomErrorManager-1.0-SNAPSHOT フォルダーに移動し、jcr_root および META-INF フォルダーのアーカイブを作成します。アーカイブの名前を CustomErrorManager-1.0-SNAPSHOT.zip に変更します。

     

  6. パッケージマネージャーを使ってパッケージをアップロードし、インストールします。 

複数のフィールドのエラーメッセージの表示

すべてのフィールドのエラーメッセージを同時に表示するには、添付されているパッケージを使用します。エラーメッセージを単独で表示するには、デフォルトのプロファイルを使用します。

エラーメッセージの外観のカスタマイズ 

  1. etc\clientlibs\mf-custom-error-manager\CustomErrorManager\css フォルダーに移動します。

  2. sample.css ファイルを開いて編集します。CSS ファイルには、#customError と #customWarning の 2 つの ID が含まれています。これらの ID を使用して、色やフォントサイズなど、さまざまなプロパティを変更することができます。エラー/警告メッセージのフォントサイズおよび色を変更するには、次のコードを使用します。

    #customError {
    color: #0000FF; // it changes the color of Error Message
    display:none;
    position:absolute;
    opacity:0.85;
    font-size: 24px;  // it changes the font size of Error Message
    z-index:5;
    }
    
    #customWarning {
    color: #00FF00;  // it changes the color of Warning Message
    display:none;
    position:absolute;
    opacity:0.85;
    font-size: 18px;   // it changes the font size of Warning Message
    z-index:5;
    }
    
    Save the changes.
  3. ファイルを保存して閉じます。

  4. CustomErrorManager-1.0-SNAPSHOT フォルダーに移動し、jcr_root および META-INF フォルダーのアーカイブを作成します。アーカイブの名前を CustomErrorManager-1.0-SNAPSHOT.zip に変更します。

     

  5. パッケージマネージャーを使ってパッケージをアップロードし、インストールします。

新しいプロファイルでフォームをレンダリングします。 

初期設定では、HTML5 フォームはデフォルトのプロファイル http://<server>/content/xfaforms/profiles/default.html?contentRoot=<xdp location>&template=<name of the xdp> を使用しています。

カスタムエラーメッセージのついたフォームを表示するには、エラープロファイル http://<server>/content/xfaforms/profiles/error.html?contentRoot=<xdp location>&template=<name of the xdp> でフォームをレンダリングします。

注意:

エラープロファイルは、添付されているパッケージによりインストールされます。 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー