現在表示中:

ロガーユーティリティを設定することで、HTML5フォームでログの作成を開始することができます。ロガーユーティリティにはいくつかのレベルがあり、要件に応じてレベルを設定することができます。HTML5フォームは、サーバーコンポーネントとクライアントコンポーネントから構成されています。両方のコンポーネントに対してログを設定できます。

サーバー側のログの設定

次の手順を実行して、サーバーサイドログを構成します。

  1. http://[サーバー]:[ポート]/system/console/configMgr. に移動します。Apace Sling ロギングロガー設定 オプションを探して開きます。ダイアログボックスが表示されます。

    Apace Sling ロギングのロガー設定オプションのダイアログボックス
    Apace Sling ロギングロガー設定オプション

  2. ログレベルデバッグに変更します。

  3. ログファイルのパスと名前を指定します。

    注意:

    HTML5 フォームログディレクトリ内にログを生成する場合は、ファイル名の前に ../logs/ を追加します。

  4. Logger を HTMLFormsPerfLoggerに変更します。 保存」をクリックします。

クライアントロギングの設定

次の方法により、HTML5 フォームのクライアント側のロギングを有効にできます。

  • log という名前の要求パラメーターの使用
  • CQ Configuration Manager の使用

要求パラメーターの使用によるログの有効化

この方法を使用して、特定の要求に対するログを生成できます。要求パラメーターの名前は log です。 ログ URL は次のとおりです。

http://<server>:<port>/content/xfaforms/profiles/test.html?contentRoot=<path of the folder containing form xdp>&template=<name of the xdp>&log=<log configuration>。

ログの設定はログレベルとロガーカテゴリで構成されています。

 

ログの宛先

ログの宛先 詳細
1 ログはブラウザーのコンソールに送信されます。
2 ログはクライアント側の JavaScript オブジェクトに収集され、サーバーにポストできます。 
3 両方の上記のオプション

ログのレベル

ログのレベル 詳細
0 OFF
1 FATAL
2 エラー
3 WARN
4 INFO
5 DEBUG
6 TRACE
7 ALL

ロガーカテゴリ

ログカテゴリ 詳細
a xfa (スクリプティングエンジン関連ログ)
b xfaView (レイアウトエンジン関連ログ)
c xfaPerf (パフォーマンス関連ログ)

ログの設定

ログ URL では、ログ設定クエリーの文字列パラメーターは次のとおりに定義します。

{宛先}-{a レベル}-{b レベル}-{c レベル}

以下に例を挙げます。

ログの設定 詳細
2-a4-b5-c6
保存場所:Server
xfa レベル:INFO
xfaView レベル:DEBUG
xfaPerf レベル: TRACE

注意:

a(xfa)、b(xfaView)、および c(xfaPerf)のそれぞれのログカテゴリに対するデフォルトログレベルは 2(エラー)です。そのため、ログ設定 2-b6 では、異なるカテゴリのログレベルは:
a(xfa):2(デフォルトレベル ERROR)
b(xfaView):6(ユーザー指定 TRACE)
a(xfaPerf):2(デフォルトレベル ERROR)

Configuration Manager の使用によるログの有効化

ログを有効化するために Configuration Manager を使用すると、ログが再び無効化されるまで、すべてのレンダリング要求に対してログが生成されます。

  1. http://[server]:[port]/system/console/configMgrで CQ Configuration Manager にログインして、管理者の資格情報でログインします。

  2. 「LC Forms Configurations」を探してクリックします。

  3. 「Debug Options」テキストボックスで、前のセクションで説明されたとおりにログ設定を入力します。例:2-a4-b5-c6

    Forms 設定
    Forms 設定

ログのアップロード

宛先が 1 として設定されている場合、すべてのクライアントスクリプトのログメッセージはコンソールに送信されます。管理者がサーバーログと供にこれらのログを必要とする場合は、出力先レベルを 2 に設定します。このレベルでは、すべてのログはクライアント側の JS オブジェクトに収集されて、フォームがデフォルトプロファイルでレンダリングされる場合、ツールバーの [Highlight Existing Fields] ボタンの左に [Send Logs] ボタンが表示されます。ユーザーがリンクをクリックすると、収集されたすべてのログはサーバーに投稿され、サーバー上の設定されたエラーログファイルに記録されます。

デフォルトでは、すべての情報が /crx-repository/logs/ ディレクトリに保存されている error.log ファイルに追加されます。 

ログファイルの場所と名前を変更するには、次の操作を実行します。

  1. 管理者として「Configuration Manager」にログインします。Configuration Manager のデフォルト URL はhttp://[サーバー]:[ポート]/system/console/configMgr です。

  2. 「Apace Sling ロギングロガー設定」をクリックします。ダイアログボックスが表示されます。

    logconfig
  3. 「ログレベル」を「デバッグ」に変更します。

  4. ログファイルのパスと名前を指定します。

    注意:

    他のログファイルが保存されている同じディレクトリにログを作成するには、Log Files プロパティで ../logs/<filename> を指定します。

  5. Logger を HTMLFormsPerfLogger に変更し、「保存」 をクリックします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー