現在表示中:

アプリケーションのジェスチャーをカスタマイズして、AEM Forms アプリケーションと対話操作するための独自の方法を提供できます。 例えば、タスクまたは Startpoint を開くまたは閉じるためのジェスチャーを追加できます。

AEM Forms アプリケーションのジェスチャーをカスタマイズするには

AEM Forms アプリケーションで、左スワイプは新しいタスクまたは Startpoint を開き、右スワイプは何もしません。次の例は、AEM Forms アプリケーション内で右スワイプジェスチャーを実行したときに新しいタスクまたは Startpoint を開くための手順を提供しています

  1. プロジェクトを開きます。

    • IOS の場合、Xcode で Capture.xcodeproj を開きます。
    • Android の場合、Eclipse で Android プロジェクトを開きます。 
    • Windows の場合、Visual Studio で MWSWindows.sln を開きます。
  2. views フォルダーに移動し、編集するためにtask.jsファイルを開きます。

    • Xcode で、Capture > www > wsmobile > js > runtime > views フォルダーに移動します。
    • Eclipse で、assets > www > wsmobile > js > runtime > views フォルダーに移動します。
    • Visual Studio で、MWSWindows > www > wsmobile > js > runtime > views フォルダーに移動します。

    注意:

    task.js ファイルには、タスクリストまたは Startpoint リストに表示されている各タスクまたは Startpoint に関連付けられた Backbone ビューが含まれています。

  3. tasks.js ファイルで、ビューのイベントプロパティを検索します。 

    イベントプロパティは、イベントプロパティは次の形式で各エントリにマッピングされます。
    "EventName Selector":"Function"

    Selector で指定された HTML 要素で EventName という名前の Javascript をトリガーすると、Function が呼び出されます。 

  4.   以下を検索し、

    • "tap .taskContentArea" : "onTaskClick",
      "tap .taskOpenArea" : "onTaskClick",
      "tap .task-content" : "onTaskClick",
      "tap .last_empty_div" : "onTaskClick",

    これを

    • "swipe .taskContentArea" : "onTaskClick",
      "swipe .taskOpenArea" : "onTaskClick",
      "swipe .task-content" : "onTaskClick",
      "swipe .last_empty_div" : "onTaskClick",
  5. で置き換え、task.js ファイルを保存して閉じます。

  6. AEM Forms アプリケーションをビルドし実行します。これで、左スワイプと右スワイプを使用してタスクを開くことができます。 

同様に、さまざまな組み合わせのジェスチャー、HTML 要素、および関数に対して、他のビューで変更を行うことができます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー