現在表示中:

AEM Forms Android アプリケーションを構築するには、以下の手順を、記載されている順序で実行します。

  1. AEM Forms アプリケーションのソースコードパッケージのダウンロード
  2. 環境変数の設定
  3. 標準的な AEM Forms アプリケーションの構築

AEM Forms アプリケーションのソースコードパッケージのダウンロード

AEM Forms アプリケーションのソースコードパッケージは adobe-lc-mobileworkspace-src-<version>.zip アーカイブを参照します。このアーカイブにはカスタムの AEM Forms アプリケーションを構築するために必要なソースコードが含まれています。アーカイブはパッケージ共有にある adobe-aemfd-forms-app-src-pkg-<version>.zip パッケージに含まれています。

adobe-aemfd-forms-app-src-pkg-<version>.zip ファイルをダウンロードするには、次の手順を実行します。

  1. AEM サーバーのオーサーインスタンスに管理者としてログインし、パッケージ共有を開きます。パッケージ共有にログインするには、Adobe ID が必要です。

  2. AEM パッケージ共有adobe-aemfd-forms-app-src-pkg-<version>.zip を検索し、お使いのオペレーティングシステムに対応するパッケージをクリックして、「ダウンロード」をクリックします。ライセンス使用許諾契約書を読んでから同意し、「OK」をクリックします。ダウンロードが開始します。ダウンロードが完了すると、パッケージの横に「ダウンロード済み」というテキストが表示されます。

  3. ダウンロードが完了したら、「ダウンロード済み」をクリックします。パッケージマネージャーに切り替わります。パッケージマネージャーで、ダウンロードしたパッケージを探して、「インストール」をクリックします。

  4. ソースコードアーカイブをダウンロードするには、ブラウザーで http://<server>:<port>/crx/de/content/forms/mobileapps/src/adobe-lc-mobileworkspace-src-<version>.zip を開きます。Android アプリケーションの .zip ファイルがお使いのデバイスにダウンロードされます。

  5. ローカルファイルシステム上のフォルダーに .zip ファイルの内容を解凍します。例:C:\<Folder Structure>\adobe-lc-mobileworkspace-src-2.4.20

次の画像は、adobe-lc-mobileworkspace-src-<version>.zip\android フォルダーの構造を示しています。

zip_android_folder_structure

環境変数の設定

AEM Forms アプリケーションの構築プロセスを開始する前に、次の環境変数を設定します。

  • JAVA_HOME 環境変数を、ローカルファイルシステム上の JDK ソフトウェアの場所に設定します。例:C:\Program Files\Java\jdk1.8.0_181
  • ANDROID_SDK_ROOT システム環境変数を、Android の SDK の場所に設定します。例:C:\Users\<username>\AppData\Local\Android\Sdk
  • Path システム環境変数を、Android の platform-tools フォルダーおよび tools フォルダーに含めるように設定します。例:C:\Users\<username>\AppData\Local\Android\Sdk\platform-tools および C:\Users\<username>\AppData\Local\Android\Sdk\tools

標準的な AEM Forms アプリケーションの構築

adobe-lc-mobileworkspace-src-<version>.zip ファイルをローカルファイルシステムに保存して環境変数を設定したら、次のいずれかのオプションを使用して、標準的な AEM Forms Android アプリケーションを構築します。

Android Studio を使用した AEM Forms アプリケーションの構築

Android Studio を使用して AEM Forms アプリケーションを構築するには、次の手順を実行します。

  1. お使いのマシンで Android Studio アプリケーションを起動します。

  2. Open an existing Android Studio project」をクリックします。既存のプロジェクトを開くダイアログボックスが自動的に表示されない場合は、FileOpen を選択します。

  3. ローカルファイルシステム上の adobe-lc-mobileworkspace-src-<version>.zip/android に移動し、「OK」をクリックします。
    android」オプションが左側のペインに表示されます。

     

    android_folder_studio
  4. 左側のペインで「android」を選択し、RunRun 'android' をクリックします。

  5. Select Deployment Target ダイアログボックスの「Connected Devices」セクションで Android デバイスを選択し、「OK」をクリックします。
    開発環境を正しく構築すると、アプリケーションをカスタマイズできるようになります。アプリケーションをカスタマイズする場合は、次の記事を参照してください。

    アプリケーションを適切にカスタマイズした後、.apk ファイルを生成して配布できます。

Android Studio を使用した .apk ファイルの生成

Android Studio を使用して .apk ファイルを生成するには、次の手順を実行します。

  1. お使いのマシンで Android Studio アプリケーションを起動します。

  2. Open an existing Android Studio project」を選択します。既存のプロジェクトを開くダイアログボックスが自動的に表示されない場合は、FileOpen を選択します。

  3. ローカルファイルシステム上の adobe-lc-mobileworkspace-src-<version>.zip/android に移動し、「OK」をクリックします。
    「android」オプションが左側のペインに表示されます。

  4. BuildBuild APK を選択し、.apk ファイルを生成します。

    オプションで、BuildGenerate Signed APK を選択し、.apk ファイルの署名バージョンを生成することもできます。

Android Debug Bridge の使用

.apk ファイルの生成後、次のコマンドを実行して、Android Debug Bridge を使用して Android デバイスにアプリケーションをインストールします。

Windows ユーザー:adb install %HOMEPATH%\Projects\[your-project]\adobe-lc-mobileworkspace-src-[version]\android\build\outputs\apk\android-debug.apk

MAC ユーザー: adb install [User_Home]/Projects/[your-project]/adobe-lc-mobileworkspace-src-[version]/android/build/outputs/apk/android-debug.apk

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー