現在表示中:

注意:

アドビは、シングルページアプリケーションフレームワークをベースにしたクライアント側のレンダリング(React など)を必要とするプロジェクトには SPA エディターを使用することをお勧めします。詳細情報

警告:

コンテンツサービス機能は、プレビューのみを目的として文書化されています。

6.3 GA Service Pack 1 のリリースで変更されることがあります。 

Adobe Experience Manager(AEM)Mobile コンテンツサービスは、AEM の管理下にあるコンテンツをリクエストするための軽量な機能です。この機能を使用すれば、アプリ開発者は、AEM のコンテンツリポジトリ(JCR)や Web フレームワーク(Sling)について知らなくても、コンテンツを取得できます。この機能により、リクエスト元アプリケーションをコンテンツリポジトリから分離できます。

コンテンツサービスで導入されるいくつかの新しい AEM 構成要素を使用して、開発者は、コンテンツのリポジトリ構造を知らなくても AEM の管理対象アセットにアクセスできます。 

これらの構成要素は、柔軟性を維持し、今後の拡張を可能にするために必要なもので、AEM の管理対象アセットと、コンテンツを使用するモバイルアプリとの間に抽象レイヤーを提供します。これにより、AEM コンテンツサービスは、ネイティブアプリケーションのコンテンツ要件と AEM コンテンツリポジトリの間の抽象レイヤーとして機能できます。 

コンテンツサービスは、コンテンツをアセット、パッケージド HTML(HTML/CSS/JS)またはチャネル独立コンテンツとして配信できます。

警告:

前提条件:

コンテンツサービスの使用を始める前に、コンテンツサービスのフラグを有効にしてください。アプリ内でモデルの作成および管理を有効にするには、設定ブラウザーでデータモデルを有効にする必要があります。

詳しくは、コンテンツサービスの管理を参照してください。

chlimage_1

コンテンツサービスのフラグを設定し、設定ブラウザーでデータモデルを有効にしたら、以下のリソースを参照してください。これらのリソースで、AEM Mobile コンテンツサービスの使用と、モデル管理やエンティティ管理、AEM Mobile コンテンツサービスのコンテンツ配信/レンダリングなどのコンテンツサービスの概念について学習することができます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー