現在表示中:

注意:

アドビは、シングルページアプリケーションフレームワークをベースにしたクライアント側のレンダリング(React など)を必要とするプロジェクトには SPA エディターを使用することをお勧めします。詳細情報

モデルは、コンテンツのタイプを定義し、ネイティブアプリケーションで使用可能な情報を示します。このセクションでは、新しいモデルの作成について説明します。

警告:

モデルの作成の前提条件

モデルは、設定ブラウザーによって有効化されたノード下にのみ作成できます。また、設定ブラウザーでは、様々なユーザーが特定の設定下でのモデル作成にのみアクセスできるように権限を定義することもできます。

手順について詳しくは、コンテンツサービスの管理データモデルの有効化を参照してください。

モデルの作成

注意:

モデルの作成を開始するには、モデルタイプが存在する必要があります。モデルタイプは、そのタイプから作成される各モデルのデフォルト状態と、そのモデルで使用できるデータタイプを定義します。

設定ブラウザーで設定を定義したら、アプリケーションダッシュボードでモデルを作成および管理できます。次に、モデルの作成フローを示します。

  1. モデルコンソールに移動し、設定を選択します。

    chlimage_1
  2. 作成」をクリックして、新しいモデルを作成します。

  3. テンプレートのタイプとして、「エンティティグループ」または「プリミティブタイプモデル」を選択します。「次へ」をクリックします。

    chlimage_1
  4. モデルタイトル」と「説明」を入力します。「作成」をクリックして、モデルを作成します。

    chlimage_1

    注意:

    モデルを作成したら、「完了」をクリックしてデータモデルエディターを開き、データタイプを追加して、エディターにプロパティを設定します。

    テンプレートとしてエンティティグループを使用してモデルを作成した場合は、そのモデルに対して「プロパティ」や「コピー」、「削除」といったオプションが表示されるのみです。

    chlimage_1

    テンプレートとしてプリミティブタイプモデルを使用してモデルを作成した場合は、そのモデルに対して「編集」や「プロパティ」、「コピー」、「削除」といったオプションが表示されるのみです。

    chlimage_1
  5. テンプレートとしてプリミティブタイプモデルを選択している場合は、「編集」をクリックして、データモデルエディターを使用してデータタイプを追加します。

    chlimage_1

    または、モデルにエンティティテンプレートを使用している場合は、「プロパティを表示」をクリックして、画像をアップロードするか、定義済みモデルに関する詳細情報を入手します。

    chlimage_1

    注意:

    また、独自のカスタムモデルも作成できます。独自のモデルの作成とデータタイプの定義について詳しくは、「リポジトリのモデル」を参照してください。

モデルの管理

モデルの管理では、プロパティの表示、編集およびモデルの削除をおこなう必要があります。

モデルの表示

次に、モデルの読み取り/表示に必要な手順を示します。

  1. モデルコンソールに移動します。
  2. アイコンをクリックして、リストからモデルを選択します。
  3. ツールバーアイコンの「プロパティ」を選択します。
  4. 完了したら、「保存して閉じる」または「保存」をクリックします。

モデルの編集

次に、モデルの編集に必要な手順を示します。

  1. モデルコンソールに移動します。
  2. アイコンをクリックして、リストからモデルを選択します。
  3. ツールバーアイコンの「編集」を選択して、データモデルエディターを開きます。
  4. モデルに変更を加えます。
  5. 完了したら、「保存」をクリックします。

注意:

編集できるのは、プリミティブタイプモデルのみです。

モデルの読み取り

次に、モデルの編集に必要な手順を示します。

  1. モデルコンソールに移動します。
  2. アイコンをクリックして、リストからモデルを選択します。
  3. ツールバーアイコンの「プロパティ」を選択します。
  4. モデルに変更を加えます。
  5. 完了したら、「保存」をクリックします。

モデルの削除

次に、モデルの削除に必要な手順を示します。

  1. モデルコンソールに移動します。
  2. アイコンをクリックして、リストからモデルを選択します。
  3. 「削除」をクリックします。

モデルを削除しても、そのモデルから生成されたエンティティは削除されません。

その他のリソース

モデルをオーサーとして作成する方法を習得したら、次のリソースを参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー