現在表示中:

リリース情報

製品 Adobe Experience Manager
バージョン 6.4
タイプ メジャーリリース
正式版の日付 2018 年 4 月 4 日
推奨されるアップデート なし - この節は定期的に更新されます。
機能パック 利用可能な機能パックのリストについては、AEM 6.4 機能パックをご覧ください。

参考情報

このバージョンの Adobe Experience Manager のリリースサイクルは 2017 年 4 月 27 日に開始され、22 回の品質保証とバグ修正を繰り返し、2018 年 3 月 22 日に終了しました。このリリースで修正された、機能強化と新機能を含むお客様関連の問題の総数は 704 件です。

Adobe Experience Manager 6.4 は、2018 年 4 月 4 日より正式版として提供されています。

新機能

Adobe Experience Manager 6.4 は、Adobe Experience Manager 6.3 コードベースのアップグレードリリースです。新機能および強化機能、お客様向けの重要な修正、お客様向けの優先順位の高い機能強化、製品の安定性向上のための全般的なバグ修正が加えられています。また、すべての Adobe Experience Manager 6.3 機能パック、ホットフィックスおよびサービスパックリリースが含まれています。

以下のリストはその概要です。詳細については以降のページを参照してください。

Experience Manager の基盤

変更点の完全なリストについては、AEM の基盤を参照してください。

Adobe Experience Manager 6.4 のプラットフォームは、アップデートバージョンの OSGi ベースのフレームワーク(Apache Sling および Apache Felix)と Java コンテンツリポジトリの Apache Jackrabbit Oak 1.8.2 上に構築されています。

Quickstart は、サーブレットエンジンとして Eclipse Jetty 9.3.22 を使用します。

ユーザーインターフェイス

UI に対して様々な機能強化がおこなわれ、生産性と使いやすさが向上しました。

これらの機能について詳しくは、オーサリングのドキュメントを参照してください。 

警告:

クラシック UI の機能がさらに強化される予定はありません。AEM 6.4 にはクラシック UI が含まれており、以前のリリースからアップグレードするお客様はクラシック UI をそのまま使用し続けることができます。クラシック UI は廃止中は引き続き完全にサポートされます(詳細情報)。

コンテンツリポジトリ

  • オンラインリビジョンクリーンアップによるコンパクションの処理速度と効率が向上しました。社内テストによれば、新しいテールコンパクションは処理が最大で 10 倍速くおこなわれ、AEM 6.3 よりも少ない IOPS で多くのディスク領域を回収できます。この結果、オンラインリビジョンクリーンアップの実行中もパフォーマンスへの影響が少なくなります。詳しくは、ドキュメントページを参照してください。
  • スケジュールに従ったクリーンアップメンテナンスの代わりに、MongoMK の継続的なリビジョンクリーンアップが実行されるようになりました。
  • ドキュメントノードストアに対するリビジョンクリーンアップの効率が向上しました。

検索とインデックス作成

  • oak-run(CLI)を使用したインデックス作成操作のサポートが強化されました。
    • インデックスの整合性チェック
    • インデックス作成に関する統計情報の提供
    • インデックス設定の読み込み/書き出し
    • インデックス再作成
  • Lucene 関連リポジトリのサイズの増大を抑えることで、システム全体のパフォーマンスが向上しました。

詳しくは、このドキュメントページを参照してください。

監視

  • 新しいシステム概要には、パフォーマンス関連のあらゆるシステムステータスおよびアクティビティのスナップショットが表示されます。
  • インデックス作成、クエリ、メンテナンスに関する一連のヘルスチェックが新しく用意されています。

プロジェクトとワークフロー

タッチ UI ベースのワークフローエディター

以前のバージョンからのアップグレード

  • 後方互換性:AEM 6.4 の機能には後方互換性があるので、カスタムコードはほとんどの場合そのまま動作し、アップグレードの労力を削減できます。
  • アップグレードの複雑さの評価:新しいパターン検出ツールにより、アップグレードの複雑さを実行前に評価することができます。
  • リポジトリの再構築:大幅な再構築(主に /etc)により、アップグレードが容易になり、実装に関するベストプラクティスの適用が促進されます。
  • アップグレードについて詳しくは、このページを参照してください。

Experience Manager Sites

変更点の完全なリストについては、AEM Sites とアドオンを参照してください。

Fluid Experience

コンテンツフラグメント、エクスペリエンスフラグメント、コンテンツサービスをベースとした Fluid Experience が 2017 年初頭に導入されたことをきっかけに、マルチチャネルファーストのコンテンツ管理への進化が始まりました。AEM 6.4 では、それぞれの機能が大幅に拡張されています。

コンテンツフラグメント

コンテンツモデルのビジュアルエディターと新しい設定可能なコンポーネントが AEM 6.4 で新たに導入され、コンテンツサービスに組み込む HTML 出力と JSON を柔軟に生成できるようになりました。

エクスペリエンスフラグメント

構築ブロック機能により、コンテンツが同じでレイアウトの異なるフラグメントバリエーションを、より効率的に作成できるようになりました。エクスペリエンスフラグメントを Facebook や Pinterest に送信できるだけでなく、Adobe Target にオファーとして送信できるようになりました。

コンテンツサービス

Sling Model Exporter とコアコンポーネントに対して様々な機能強化がおこなわれ、シングルページアプリで作成されるモバイルアプリおよびエクスペリエンスにコンテンツを埋め込むための堅牢な JSON 出力を生成できるようになりました。

サイト作成の迅速化

AEM 6.4 で次世代のコンポーネントモデルへの転換が完了します。AEM 6.3 で導入されたコアコンポーネントの概念にスタイルシステムが加わって、新規サイトの作成や既存サイトの拡張を効率的におこなえるようになりました。 

新しいコンポーネントモデルの最善の活用方法については、AEM Sites の開発の手引き - WKND チュートリアルを参照することをお勧めします。

Screens アドオン

デジタルサイネージやキオスクネットワークなどのあらゆるマーケティングチャネルで一貫したメッセージを発信することが AEM Screens の目的です。AEM 6.4 では、Microsoft Windows および Google Chrome OS ハードウェアでサイネージプレーヤーを実行できるようになりました。さらに、リモートデバイス管理およびスケジュール(チャネルグループ)の機能強化もおこなわれています。

Screens のアップデートについて詳しくは、AEM Screens ユーザーガイドを参照してください。

Experience Manager Communities

AEM 6.4 では、Communities に多くの新機能や機能強化が加えられています。変更点の完全なリストについては、AEM Communities を参照してください。主なものを以下に示します。

モデレートの機能強化

自動スパム検出

新しいスパム検出エンジンが組み込まれ、コミュニティサイトやコミュニティグループで不要なユーザー生成コンテンツを除外できるようになりました。このエンジンを system/console/configMgr から有効にすると、事前定義済みのスパム単語リストを基に、該当するユーザー生成コンテンツにスパムのマークが付けられます。スパム検出エンジンについて詳しくは、コミュニティユーザーが生成したコンテンツの自動モデレートを参照してください。

SpamDetection

新しい Q&A フィルター

「回答済み」と「未回答」という新しいフィルターが一括モデレートコンソールに追加され、Q&A の質問をフィルター処理できるようになりました。回答済みと未回答のステータスフィルターの動作について詳しくは、ユーザー生成コンテンツの一括モデレートを参照してください。

ブックマークモデレートフィルター

事前定義済みのモデレートフィルターをモデレートコンソールでブックマークできるようになりました。これらのフィルターは URL 文字列の末尾に追加されるので、後で共有、再利用、再検討することができます。フィルターのブックマーク方法については、一括モデレートコンソールを参照してください。

UGC とユーザープロファイルの削除

AEM 6.4 Communities では、エンドユーザーがデータを制御するための、そのまま使用できる API およびサンプルサーブレットを公開することができます。また、これらの API を使用すると、データ処理やデータ管理をおこなう組織で EU の GDPR に準拠することができます。

サイトおよびグループ管理の機能強化

マルチロケールグループを単一手順で作成

多言語グループを 1 つの操作だけで作成できるようになりました。このようなグループを作成するには、サイトコンソールから目的のコミュニティサイトのグループコレクションに移動します。グループを作成し、コミュニティグループテンプレートページで目的の言語を指定します。この機能について詳しくは、コミュニティグループコンソールを参照してください。

MultiLingualGroup

コミュニティサイトとグループをワンクリックで削除

グローバルナビゲーションから操作している際に、それぞれのサイトおよびグループの削除アイコンを使用できるようになりました。このアイコンを使用すると、サイトまたはグループに関連付けられているすべての項目やコンテンツが削除され、ユーザーとの関連付けもすべて削除されます。この機能について詳しくは、コミュニティサイトの管理およびコミュニティグループの管理を参照してください。

イネーブルメントの機能強化

グループ内で割り当て機能とカタログ機能を使用できるようになりました。これにより、ターゲットとなる特定のコミュニティメンバー向けの学習コンテンツを作成、管理、公開することができます。コミュニティグループの有効化について詳しくは、イネーブルメントリソースの作成と割り当てを参照してください。

AssignmentCatalog

Experience Manager Assets

AEM 6.4 では、Assets にいくつかの新機能と機能強化が導入されています。例えば、Creative Cloud との統合の改善、人工知能関連の主要な技術革新、メタデータ管理の向上、レポート機能の強化、ユーザーエクスペリエンスの全般的向上などです。変更点の完全なリストについては、AEM Assets を参照してください。主なものを以下に示します。

Adobe Asset Link

Creative Cloud エンタープライズ版の Adobe Asset Link を使用すると、コンテンツ作成プロセスでのクリエイターとマーケティング担当者の共同作業を効率化できます。これは Creative Cloud エンタープライズ版の新しいネイティブ機能で、クリエイターが使用中の Photoshop CC、Illustrator CC、InDesign CC から AEM に直接アクセスできるようにするものです。

この機能、前提条件およびアクセス方法について詳しくは、Adobe Asset Link を参照してください。

Photoshop CC での Adobe Asset Link

AEM Desktop App

AEM Desktop App は、バージョン 1.8 にアップデートされました。このバージョンは AEM 6.4 と互換性があります。AEM Desktop App の変更点の完全なリストについては、AEM Desktop App リリースノートを参照してください。

AEM 6.3 リリース以降に導入された機能改善としては、フォルダー階層をバックグラウンドでアップロードできる機能、アセットのバックグラウンド操作を監視するための新しい UI、キャッシュ、ネットワーク、ログインの機能強化、全般的な安定性向上などがあります。ドキュメントにはベストプラクティスガイドも含まれています。

Adobe Sensei サービス

新機能には、強化されたスマートタグがあります。お客様のビジネス分野の分類を学習して、デジタルアセットにお客様固有のタグを自動的に付けることができます。また、スマート翻訳検索機能も導入されています。検索語がその場で翻訳されるので、複数言語での検索効率が向上します。この機能について詳しくは、強化されたスマートタグを参照してください。

enhanced_smart_tags2

メタデータ

多数のアセットのメタデータを同時に読み込み/書き出しする機能や、カスケードメタデータなどの高度なメタデータ構成要素など、様々な機能強化がおこなわれています。

レポート

アセットレポート機能は、AEM 6.4 で全面的に見直され、レポートフレームワークとユーザーエクスペリエンスが刷新されたほか、お客様の使用事例に対応する OOTB レポートが追加されました。様々なレポートの生成方法について詳しくは、アセットレポートを参照してください。

ユーザーエクスペリエンス

スクロール操作、検索の戻るボタン、検索フィルターの改善など、Assets ユーザーによる閲覧、検索、管理を改善するための機能強化が多数おこなわれています。 変更点の完全なリストについては、AEM Assets を参照してください。

Brand Portal

メタデータ、レポート、デジタル著作権、ログイン操作、およびアセット配布での公開のパフォーマンスに関して様々な機能強化がおこなわれています。新機能や機能強化について詳しくは、AEM Assets Brand Portal の新機能を参照してください。

Dynamic Media アドオン

AEM 6.4 では、Dynamic Media に多くの新機能や機能強化が加えられています。変更点の完全なリストについては、AEM Assets を参照してください。主なものを以下に示します。

スマート切り抜き

スマート切り抜きは Adobe Sensei を利用したもので、画像の非破壊的な切り抜きを自動的におこない、重要な部分だけを残します。これにより、レスポンシブデザインに対応します。画像の切り抜かれる部分をプレビューし、必要に応じて、切り抜く範囲を手動で調整することができます。この機能により、製品画像のスウォッチを自動的に生成することもできます。

スマート切り抜きの使用について詳しくは、画像プロファイルのドキュメントを参照してください。

Dynamic Media コンポーネントでのスマート切り抜きの操作について詳しくは、ページへのダイナミックメディアアセットの追加を参照してください。

スマートイメージング

スマートイメージングでは、各ユーザーに固有の閲覧特性を利用して、ユーザーのエクスペリエンスに最適化された画像が自動的に提供されるので、パフォーマンスとエンゲージメントが向上します。

詳しくは、スマートイメージングのドキュメントを参照してください。

 

smart_crop

新しいメディアとビューアの機能強化

パノラマビューアや VR などの新しいビューアを使用すると、より臨場感のあるエクスペリエンスを提供できます。

詳しくは、パノラマ画像のドキュメントを参照してください。

3D アセット

3D エクスペリエンス作成用の Creative Cloud アプリケーションである Adobe Dimension CC と新たに統合されました。

詳しくは、3D アセットの使用を参照してください。

3D

Experience Manager Forms

AEM 6.4 Forms では、いくつかの新機能と機能強化が加えられています。主なものを以下に示します。

  • マルチチャネルのインタラクティブコミュニケーション
  • ビジネスアプリケーションからインタラクティブコミュニケーションへの事前入力
  • ワークフローの最新化とモバイル作業のサポート
  • フラグメントの遅延読み込み
  • LiveCycle から Experience Manager Forms 6.4 への直接アップグレード

詳細については、リリースノートの AEM Forms ページを参照してください。新機能や機能強化、ドキュメントのリソースについては、AEM 6.4 Forms の新機能および機能強化の概要も参照してください。

Experience Manager Livefyre

使用している AEM 6.4 インスタンスに Livefyre を統合することができます。Livefyre と AEM の統合方法については、以下を参照してください。

顧客中心開発の強化

アドビは、お客様が開発のすべての段階、つまり仕様、開発、テストに関与できる顧客中心開発モデルを使用しています。このプロセスにご協力いただいているお客様とパートナーの皆様に感謝いたします。

アドビでは、お客様中心のバグ修正と機能強化リクエストの開発に関する情報収集、優先順位付け、追跡の手順およびプロセスを整備しています。Adobe Marketing Cloud サポートポータルは、アドビの機能強化および欠陥追跡システムと統合されています。お客様からの問い合わせは、可能な場合はカスタマーケアで特定および解決されます。研究開発部門にエスカレートされた場合は、すべての顧客情報が収集され、優先順位付けとレポートに使用されます。開発では有償のサポート、保証の問題、有償の顧客向け強化機能が優先されます。

この優先順位付けのプロセスにより、AEM 6.4 では 500 件を超えるお客様中心の変更がおこなわれました。

このリリースに含まれるファイルのリスト

Foundation

Sites

Assets

  • Adobe Experience Manager デスクトップアプリ(詳細およびダウンロード
  • 強化された PDF ラスタライザーを追加するためのパッケージ(詳細およびダウンロード
  • 強化された RAW 画像のサポートを追加するためのパッケージ(詳細

Forms

言語

次の言語のユーザーインターフェイスが使用できます。

  • 英語
  • ドイツ語
  • フランス語
  • スペイン語
  • イタリア語
  • ポルトガル語(ブラジル)
  • 日本語
  • 簡体字中国語
  • 繁体字中国語(限定的にサポート)
  • 韓国語

Experience Manager 6.4 は、中国語エンコーディング規格の使用に関する GB18030-2005 CITS の認定を受けています。

インストールとアップデート

設定の要件については、インストール手順を参照してください。

手順について詳しくは、アップグレードのドキュメントを参照してください。

サポートされているプラットフォーム

サポートされているプラットフォーム(サポートレベルを含む)の完全な一覧表については、AEM 6.4 の技術要件を参照してください。

Oak MicroKernel 
Oak MicroKernel 

注意:

Oracle は Oracle Java SE 製品の「長期サポート」(LTS)モデルに移行しました。Java 9 および 10 は、Oracle が提供する非 LTS リリースです(Oracle Java SE サポートロードマップを参照)。アドビでは、AEM を実稼働環境で実行するための Java については、LTS リリース版のみサポートします。そのため、AEM 6.4 で使用するバージョンとしては、Java 8 をお勧めします。

廃止される機能および削除された機能

アドビでは、製品の機能を常時評価して、さらに強力なバージョンへの置き換えの計画や、将来の展望や拡張に備えた部分的な再実装の決定を継続的におこなっています。

Adobe Experience Manager 6.4 についての情報は、廃止および削除された機能を参照してください。このページには、2019 年におこなわれる変更の予告と、前のリリースからアップデートするお客様向けの重要な注意事項も含まれています。

変更点の詳細なリスト

既知の問題

製品のダウンロードとサポート(制限付きサイト)

以下のサイトは既存ユーザーのみが参照できます。アクセス権が必要な既存ユーザーの方は、アドビのアカウントマネージャーまでお問い合わせください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー