現在表示中:

この節では、AEM Communities の 6.3 リリース以降の改善点について説明します。新機能について詳しくは、AEM 6.4 Communities の新機能を参照してください。

最新リリースを入手するには、このドキュメントの Communities のデプロイの節を参照してください。

主な改善点

コミュニティサイト:

  • コミュニティの管理者は以下をおこなえるようになりました。
    • コミュニティサイトを完全に削除
    • コンテキスト対応のコミュニティサイト設定フォルダーを選択

コミュニティグループ:

  • コミュニティの管理者は以下をおこなえるようになりました。
    • コミュニティグループを完全に削除
    • 複数の言語でのコミュニティグループの作成
    • コミュニティグループ内に実施可能カタログおよび割り当てを追加
  • イネーブルメントマネージャーは以下をおこなえるようになりました。
    • コミュニティグループ内にリソースと学習パスを作成して割り当て

ファイルライブラリ:

  • コミュニティメンバーはファイルライブラリへのいくつかの機能強化(ソート順序、タグ付けなど)を利用できるようになりました。

通知:

  • モデレートプロセスを経た投稿が承認されたときに、コミュニティメンバーが通知を受け取るようになりました。

モデレート:

  • 自動スパム検出フィルター
  • コミュニティモデレーターが使用できるモデレートフィルターが追加されました(回答済み/未回答の質問など)。
  • コミュニティモデレーターはモデレートを定義済みのフィルター(承認保留中のすべての投稿など)にブックマークまたはリンクできます。

AEM 6.4 における基盤の変更と完全に互換性があります。

注意:これらすべての機能は 6.3 でも使用可能です。6.3 の AEM Communities リリースノートを確認してください。

既知の問題

  • モデレート:一括モデレート UI から 1 回の削除操作で親投稿を削除できない(CQ-4236797)
  • コンソール:「ユーザー名またはパスワードを忘れた場合」リンクをクリックすると、対応するパスワード取得フォームではなくログインページにリダイレクトされる(CQ-4237682)

高度な機能

エキスパートスコアリング(Adobe Sensei を利用)を使用すると、ゲーミフィケーションを有効にすることができます。これは、コミュニティでの有益な行動を奨励し、それに報いる効果的な手段です。また、これを使用すると、推奨またはマーケティングのためにエキスパートを特定することもできます。

デモ

これらの機能はすべて、GitHub.com で公開されている AEM のデモマシンを使用して AEM Communities のデモシナリオで試すことができます。また、新しい We.Retail のリファレンス実装内でも試すことができます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー