現在表示中:

アドビでは、製品の機能を絶えず評価して、常に下位互換性を慎重に考慮しながら、古い機能を作成し直したり、より近代的な機能に置き換えて、お客様にとっての全体的な価値を向上させています。

近い将来おこなわれる AEM 機能の削除や置換を通知するため、次のルールが適用されます。

  1. 廃止の発表がまずおこなわれます。廃止中は、機能はまだ使用可能ですが、それ以上の強化はおこなわれません。 
  2. 廃止された機能の削除は、早ければ、次のメジャーリリースでおこなわれます。削除の実際の期日が発表されます。 

このプロセスにより、機能が実際に削除されるまでに、廃止される機能の新しいバージョンまたは後継機能にお客様が実装を合わせるためのリリースサイクルが少なくとも 1 回あります。 

廃止される機能

この節では、AEM 6.4 で廃止予定になっている機能について説明します。通常、将来のリリースで削除される予定になっている機能は、まず廃止予定に設定されて代替の機能が提供されます。

現在のデプロイメントでその機能を利用しているかどうかを確認し、提示される代替手段を使用するために実装の変更を計画するようにお勧めします。

領域 機能 代替手段
UI

クラシック UI の機能がさらに強化される予定はありません。AEM 6.4 にはクラシック UI が含まれており、以前のリリースからアップグレードするお客様はクラシック UI をそのまま使用し続けることができます。クラシック UI は廃止中は引き続き完全にサポートされます。 

  • /libs/cq/core/content/welcome.html
  • /siteadmin
  • /damadmin
  • /mcmadmin
  • /inbox
  • /tagging
  • /cf#(ページエディター)
  • /libs/launches/content/admin.html
  • /libs/cq/workflow/content/console.html

新しい AEM UI に切り替えることをお勧めします。

 

コンポーネント

以下の基盤コンポーネントの機能がさらに強化される予定はありません。AEM 6.4 には基盤コンポーネントが含まれており、以前のリリースからアップグレードするお客様はクラシック UI をそのまま使用し続けることができます。基盤コンポーネントは廃止中は引き続き完全にサポートされます。 

  • foundation/components/account/accountname
  • foundation/components/account/actions
  • foundation/components/account/passwordreset
  • foundation/components/account/requestconfirmation
  • foundation/components/adaptiveimage
  • foundation/components/assetsharepage
  • foundation/components/breadcrumb
  • foundation/components/form/creditcard
  • foundation/components/listchildren
  • foundation/components/login
  • foundation/components/logo
  • foundation/components/mobilefooter
  • foundation/components/mobileimage
  • foundation/components/mobilelist
  • foundation/components/mobilelogo
  • foundation/components/mobilereference
  • foundation/components/mobiletextimage
  • foundation/components/mobiletopnav
  • foundation/components/search
  • foundation/components/sitemap
  • foundation/components/table
  • foundation/components/toolbar
  • foundation/components/topnav
  • foundation/components/userinfo
今後のプロジェクトには、コアコンポーネントを使用することをお勧めします。既存のサイトを変更する必要はありません。
コンポーネント

以下の基盤コンポーネントの機能がさらに強化される予定はありません。AEM 6.4 には基盤コンポーネントが含まれており、以前のリリースからアップグレードするお客様はクラシック UI をそのまま使用し続けることができます。基盤コンポーネントは廃止中は引き続き完全にサポートされます。

  • foundation/components/portlet
  • foundation/components/timing
このドキュメントの執筆時点では、代替機能が提供される予定はありません。
ポータル統合 AEM コンテンツをポータルサーバーに読み込むための Portal Director と JSR ポートレット
/libs/portal/director(cq-portlet-webapp.war)
このドキュメントの執筆時点では、代替機能が提供される予定はありません。
Forms

Adobe Central 製品がサポートされなくなったので、Adobe Central Migration Bridge サービスのサポートは廃止されました。

 

削除された機能

この節では、AEM 6.4 で削除された機能について説明します。以前のリリースでは、これらの機能は「廃止」とマークされていました。

領域 機能 代替手段
コンポーネント フォームキャプチャ
(foundation/components/form/captcha)
Google の ReCaptcha コンポーネントを代わりに使用します。
コンポーネント Slideshow
(foundation/components/slideshow)
代替機能はありません。
コンポーネント Flash
(foundation/components/flash)
代替機能はありません。
コンポーネント ビデオコンポーネントでの SWF ファイルの再生はサポートされなくなりました。
(foundation/components/video)
Flash ベースでないビデオ形式を使用します。
コンポーネント 製品テーブル
(commerce/components/product_table)
代替機能はありません。
タスク管理 クラシック UI タスク管理
(/libs/cq/taskmanagement/content/taskmanager.html)
6.0 以降、廃止されました。ワークフロー UI に統合されている新しいタスク管理機能を使用します。
ワークフロー 5.6 から 6.2 までで使用された通知 UI
(/libs/cq/workflow/content/notifications.html)
ワークフローインボックス(/aem/inbox)
Forms PDF Generator を使用して PDF を PDF/E-1 形式に書き出す機能は削除されました。 PDF Generator では、PDF/A-1a/b、PDF/A-2a/b、PDF/A-3a/b の各形式への PDF の書き出しを引き続きサポートしています。
Forms アダプティブフォームでは、デフォルトの AEM CAPTCHA サービスはサポートされなくなりました。  Google の ReCaptcha を代わりに使用します。
Forms ドキュメントフラグメント内では画像がサポートされなくなりました。  インタラクティブコミュニケーションでは、印刷および Web チャネルで画像を直接使用できます。
Communities Captcha を許可はサポートされなくなりました。 Google の ReCaptcha を使用します。

次期リリースに関する予告

このセクションで予告する将来のリリースの変更内容は、廃止ではありませんが、お客様に影響します。計画を立てる際の参考情報としてご覧ください。

領域
機能
予告
ブラウザーのサポート Microsoft Internet Explorer AEM 6.4 は、Microsoft Internet Explorer 11 をサポートする最後のリリースです。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー