現在表示中:

Adobe Analytics と AEM の統合により、Web ページのアクティビティを追跡できます。

  • Adobe Analytics 設定により、AEM で Adobe Analytics を認証できます。
  • フレームワークは、Adobe Analytics レポートスイートに送信されたデータを特定します。

データには、次のようなページおよびユーザーデータが含まれます。

  • AEM コンポーネントが収集するデータ
  • リンククリック数
  • ビデオ使用量情報
  • Adobe Analytics から訪問するページ数

統合の設定に役立つ情報は、次のページにあります。

また、オプトインウィザードを使用して簡単に統合を実行できます。

注意:

方法については、DTM を使用した AEM と Adobe Target および Adobe Analytics の統合(英語)も参照してください。

その他の情報

次のページを参照してください。

注意:

Adobe Analytics をカスタムプロキシ設定で使用している場合、Apache HTTP Client プロキシ設定に必要な、2 つの OSGi バンドルを設定する必要があります(例えば、Web コンソールで)。AEM の一部の機能で 3.x API を使用し、他の機能で 4.x API を使用するので、両方とも必要です。次の設定をおこないます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー