現在表示中:

パーソナライゼーションとは

インターネット、エクストラネット、イントラネットの Web サイトで使用できるコンテンツの量は増加の一途をたどっています。

パーソナライゼーションは、主にカスタマイズされた環境をユーザーに提供するもので、ユーザー固有のニーズに合わせて選択される動的コンテンツを表示します。この処理は、事前定義されたプロファイル、ユーザーの選択内容、インタラクティブなユーザーの行動に基づいて実行されます。

パーソナライゼーションには主な要素が 3 つあります。

ユーザー

  • 個人およびグループのプロファイルを持ちます。このプロファイルには職務内容、場所、趣味などの情報が含まれます。この情報は、表示するコンテンツのパーソナライゼーションをおこなう際に使用できます。
  • アクションを実行します。このアクションを分析して行動ルールと照合することで、表示するコンテンツが調整されます。

コンテンツ

  • ユーザーに表示される内容です。ユーザーの関心を引き、ユーザーが実行したいタスクに役立つコンテンツにすることが望まれます。
  • 分類し、事前定義されたルールに従ってユーザーに提供することができます。
  • 動的である必要があります。つまり、ユーザーによって異なるコンテンツを表示する必要があります。すべてのユーザーに同じコンテンツを表示する場合、パーソナライゼーションは不要です。

ルール

  • パーソナライゼーションの実行方法、つまりユーザーが表示できるコンテンツやタイミングを定義します。

 

パーソナライゼーションには、次のいずれかの方法があります。

明示的

  • カスタマイズ:様々なコンテンツソースからユーザーが選択します。

暗黙的

  • ルールベース:ビジネスマネージャーが、特定のプロファイルや行動に基づいてアクションのルールを定義します。
  • 単純なフィルタリング:事前定義されたプロファイルに基づいて、ユーザーやグループのレベルで選択がおこなわれます。
  • 共用/推奨フィルタリング:事前定義されたルールに従ってユーザーの行動が登録されます。このルールは、 同様の考えを持つ人々に見られる動作に基づきます。収集された情報を使用して、ユーザーに表示する情報が調整されます。特に「お勧め」という形で表示されます。

パーソナライゼーションを使用する場合とタイミング

パーソナライゼーションは多くの場合に使用できます。次に例を示します。

イントラネットページ

  • 内部ネットワークで既に定義されているユーザーの場所、部門、役割に基づいて、コンテンツを提供できます。
  • 選択肢によっては、ユーザーがより詳細な選択をおこなうことができます。

限定された特定のターゲットユーザーグループ(エクストラネット)

  • ユーザーにログイン認証が必要です。認証をおこなうとプロファイルにリンクされ、パーソナライゼーションに必要な情報(ユーザーの場所、商品との関係性、使用履歴、予算策定の責任の所在など)が提供されます。
  • 例えば、次のような企業のサイトが該当します。
  • 市場の特化した分野に Web サイトを提供する企業。医師に特化した Web サイトを提供する製薬会社など。
  • 顧客が現在のアカウントや課金情報を確認できる Web サイトを提供する企業。電話会社など。

販売流通 Web サイト

  • Amazon などの販売流通 Web サイトでは、ユーザープロファイル、ユーザーの購入履歴や閲覧履歴を組み合わせて、ユーザーが次に関心を寄せる可能性がある商品を提案できます。

検索 Web サイト

  • 主要な検索エンジン Web サイトの多くには、非常に強力な分析ツールが備わっており、ユーザーの行動、ユーザーが使用した検索語句、ユーザーが訪問した Web サイトが記録されます。この情報は、提供するコンテンツ、特に広告の表示のカスタマイズに使用されます。

パーソナライゼーションの長所と考慮すべき点

 パーソナライゼーションが推奨される理由を次に示します。

  • ユーザーは、目的に合った快適な Web サイトの使用ができます。

  • パーソナライゼーションにより、自動的に最新のコンテンツにアクセスさせることができます。

  • プロファイルでユーザーを識別できるので、ソーシャルコラボレーション機能を使用してユーザー同士が相互に通信できます。

  • 特定のタスクの実行に必要なコンテンツをユーザーに表示できます。したがって、社内イントラネットで価値のある情報伝達ツールとなります。

  • 必要なコンテンツがユーザーに表示されるので、検索に費やす時間が減ります。

  • コンテンツプロバイダーは、コンテンツが特定のカテゴリのユーザーに表示されるように調整できます。

  • ルールを定義することで、ユーザーの情報と行動の組み合わせに基づいてコンテンツを配信できます。これにより、高度なメカニズムを使用して Web エクスペリエンスをパーソナライズできます。

 パーソナライゼーションを使用する際は、次の点を考慮してください。

パフォーマンス

  • 分析や評価を追加すると、当然パフォーマンスに影響します。ただし、非常に高度な手法で分析や評価をおこない、パフォーマンスへの影響を最小限に抑えるよう最適化できます。

認証

  • Web サイトでユーザーを識別する必要があるので、パーソナライゼーションにはログインメカニズムが必要です。

キャッシュ

  • キャッシュは、ユーザーが認識するパフォーマンスと正確性に関係します。つまり、Web サイトでパーソナライズされたコンテンツがいかにすばやく配信されるか、またコンテンツが常に最新かどうかに関わります。
  • パーソナライゼーションを設定する場合、キャッシュは重要な考慮事項です。時間をかけて検討し、適切な実装がおこなわれるようにしてください。詳しくは後述で説明します。

ルールの正確性

  • ユーザーの行動の追跡や、ユーザープロファイルに基づいたルールの設定によって実現されるパーソナライゼーションは、正確かつ論理的である必要があります。
  • ルールのロジックが不正確であったためにコンテンツを強要されたり拒否されたりすることほど、ユーザーにとってストレスとなることはありません。
  • したがって、ユーザーの要求を最優先にし、ルールを十分に考慮する必要があります。この作業は手間がかかりますが、軽視すべきではありません。パーソナライゼーションの実装では多くの場合、テクニカルな作業よりビジネスルールを定義することが優先されます。

用途

  • Web 上の多くの機能と同じように、パーソナライゼーションは慎重に実行する必要があります。この機能は本当にユーザーの役に立つのかという点を常に念頭に置いてください。また、もっと簡単に目的を達成できる他の方法がないかを考えてください。ユーザーがパーソナライゼーションを(試しに)一度設定しても、価値を見出さなければそれ以降使用されないというリスクがあります。
  • パーソナライゼーションは、コンテンツが動的な場合、つまりユーザーによってコンテンツが決まる場合にのみ意義があります。すべてのユーザーに同じコンテンツが表示される場合、パーソナライゼーションは不必要です。

機密性

  • データ保護とセキュリティを懸念しているユーザーは少なくありません。特に、Web 閲覧時のユーザーの行動を追跡して取得されるデータについて懸念されます。

パーソナライゼーションとアクセス

パーソナライゼーションはアクセス制御とは別に考慮する必要がありますが、この 2 つは相互に関係しています。

パーソナライゼーション自体によって、アクセス制御が形成されることはありません。パーソナライゼーションは単にユーザーに表示する内容を調整する手段で、他のコンテンツへのアクセスは制限しません。また、どのコンテンツでも、ユーザーには適切なアクセス制御が割り当てられている必要があります。

一方、アクセス制御を使用して、パーソナライゼーションを形成することができます。コンテンツへのユーザーアクセスを許可または拒否すると、必然的にコンテンツの選択肢に影響するので、Web エクスペリエンスがパーソナライズされることになります。

パーソナライゼーションのために使用できるコンポーネント

パーソナライゼーションを実現するために、AEM には様々なコンポーネントが用意されています。ユーザーのログインやプロファイルの編集を許可するものや、ユーザーによる特定のページの設定を許可するもの(マイガジェットなど)があります。

サイドキックのタイトル 用途
チェック済みパスワードフィールド パスワードとパスワードの確認をリクエストします。
組み合わされたログインと新規登録 ユーザーが既存のアカウントにログインしたり、新しいアカウントを新規登録したりできます。
フォームのアドレスフィールド 各国語の住所を入力できる複雑なフィールド。
フォームの開始 フォーム定義を開始します
フォームの Captcha 自動的に更新される英数字の単語で構成されるフィールド。Captcha コンポーネントはボットから Web サイトを保護します。
フォームのチェックボックスグループ リストに整理された複数の項目。チェックボックスが前にあります。複数のチェックボックスを選択できます。
フォームのドロップダウンリスト ドロップダウンリストに整理された複数の項目。複数選択可能スイッチでは、リストから複数の要素を選択できるかどうかを指定します。
フォームの終了 フォーム定義を終了します。
フォームのファイルのアップロード ユーザーがサーバーにファイルをアップロードできるアップロード要素。
フォームの非表示のフィールド このフィールドはユーザーに表示されません。値をクライアントに転送したり、サーバーに戻したりするために使用できます。このフィールドには、制約を指定しません。
フォームの画像ボタン 画像としてレンダリングされるフォームの追加の送信ボタン。
フォームのパスワードフィールド テキストフィールドと同じですが、入力できるのは 1 行のみで、ユーザーによるテキスト入力はフィールドに表示されません。
フォームのラジオグループ リストに整理された複数の項目。ラジオボタンが前にあります。ユーザーは 1 つのラジオボタンのみを選択する必要があります。
フォームの送信ボタン フォームの追加の送信ボタン。タイトルがボタンのテキストとして表示されます。
フォームのテキストフィールド ユーザーが情報を入力できるテキストフィールド。
マイガジェット 使用可能なガジェットを 1 つ選択できます。
プロファイルのアバター写真 アバター写真を入力できます。
プロファイルの詳細名 名前の詳細の入力(役職、ミドルネーム、称号(必要な場合)などの要素を含む)。
プロファイルの表示名 表示される名前。
プロファイルの電子メール 電子メールアドレスの入力。
プロファイルの性別 性別を入力できます。
プロファイルの主電話番号 電話番号を入力できます。
プロファイルの主 URL URL を入力できます。
プロファイルの一般テキストプロパティ プロファイルのプロパティ。
ログイン ログイン時にユーザー名とパスワードを送信できます。
ログアウト ユーザーが現在ログインしていることを示し、ログアウトするためのリンクを表示します。
タグクラウド Web サイト内のタグの選択内容をグラフィカルに表現するタグクラウド
ティーザー メインページに表示されるコンテンツの 1 つ(通常は画像)であり、基になるコンテンツにユーザーがアクセスするように誘導します。

パーソナライゼーションとコミュニティのコンテンツ

ブログ、フォーラム、カレンダーなど、結果としてコミュニティのコンテンツが作成されるコミュニティの機能は、一般的にユーザー生成コンテンツ(UGC)と呼ばれます。 複数の AEM インスタンスから構成されるパブリッシュ環境(パブリッシュファーム)に UGC を入力するときの主な問題は、UGC をどのようにしてすべてのインスタンスに同期するかということでした。

AEM Communities 6.1 の拡張機能により、この問題は UGC の共通ストアを使用することで解決されます。 パーソナライゼーションに関しては、Communities にはサイト訪問者に Facebook や Twitter でログインするオプションを提供するソーシャルログインという機能が備わっています。

Communities の拡張機能がない場合、UGC の整合性の問題に対処する方法は次のとおりです。

  • 必要に応じて複数のパブリッシュインスタンスを同期する。
  • UGC をパブリッシュインスタンスからオーサー環境に送信する。そこからページコンテンツを公開するのと同じように UGC を公開できます。

複数のパブリッシュインスタンスで構成されるパブリッシュ環境全体で UGC の整合性を確保する方法については、そのパフォーマンスと整合性について慎重に設計し、テストしてください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー