現在表示中:

タグは、Web サイト内のコンテンツをすばやく簡単に分類するために使用します。検索の結果としてコンテンツをよりすばやく見つけることのできるキーワードまたはラベル(メタデータ)と考えることができます。

Adobe Experience Manager(AEM)では、タグは以下のプロパティとなります。

ページやアセットに加え、AEM Communities の機能では次の場所でタグが使用されます。

タグの機能

AEM 内のタグには以下のような機能があります。

  • タグは様々な名前空間にグループ分けできます。階層で分類を作成できます。この分類は、AEM 全体で使用されます。

  • 新規に作成するタグの主な制限は、特定の名前空間内で一意でなければならないことです。

  • タグのタイトルには、タグパスの区切り文字を含めないでください(含めても表示されません)。
    • コロン(:) - 名前空間タグを区切ります。
    • スラッシュ(/) - サブタグを区切ります。

  • タグは、作成者およびサイト訪問者が適用できます。すべてのフォームのタグは、作成者に関係なく、ページへの割り当て時および検索時に選択できるようになっています。
  • タグの作成やタグの分類の変更は、「タグ管理者」グループのメンバーおよび /etc/tags に対する変更権限を持つメンバーがおこなうことができます。
    • 子タグが含まれるタグはコンテナタグと呼ばれます
    • コンテナタグ以外のタグはリーフタグと呼ばれます
    • タグの名前空間はリーフタグかコンテナタグのいずれかです
  • タグを検索コンポーネントで使用すると、コンテンツを簡単に検索できます。
  • タグは ティーザーコンポーネントで使用され、ユーザーのタグクラウドを監視してターゲットのコンテンツを提供できます。
  • タグ付けがコンテンツの重要な側面である場合は、次のことに注意します。
    • タグとタグを使用するページを必ずパッケージ化すること
    • タグの権限に読み取りアクセスを有効にすること

タグ付けコンソール

タグ付けコンソールは、タグと分類の作成および管理に使用します。 基本的に同じであるものに関して、類似のタグ(page と pages、footwear と shoes など)が使用されないようにすることが目的の 1 つです。

タグは、複数の名前空間にグループ分けして、新規のタグを作成する前に既存のタグの使用状況を確認し、現在参照されているコンテンツからタグを切り離すことなく整理し直すことによって管理します。

タグ付けコンソールにアクセスするには:

  • オーサー環境で
  • 管理者権限でサインインします
  • グローバルナビゲーションから、次の操作をおこないます
    • ツール」を選択します
    • 一般」を選択します
    • タグ付け」を選択します
managing_tags_usingthetagasministrationconsole

名前空間の作成

新しい名前空間を作成するには、「名前空間を作成」アイコンを選択します。

名前空間はそれ自体がタグです。サブタグが含まれている必要はありません。 ただし、分類の作成を続行するには、サブタグを作成します。リーフタグかコンテナタグのいずれかにすることができます。

chlimage_1
creating_tags_andnamespaces
  • タイトル
    (必須)名前空間に表示されるタイトル。
  • 名前
    (オプション)名前空間の名前。指定しない場合、有効なノード名が「タイトル」から作成されます。 タグ ID を参照してください。
  • 説明
    (オプション)名前空間の説明。

必要な情報を入力したら

  • 作成」を選択します

タグの操作

名前空間または他のタグを選択すると、次の操作をおこなえるようになります。

chlimage_1

ブラウザー画面が狭く、すべてのアイコンが表示されていないときは、右端のアイコンが「続きを表示...」アイコンにグループ化され、選択すると非表示の操作アイコンのドロップダウンリストが表示されます。

chlimage_1

名前空間タグの選択

最初に選択したときに、名前空間にタグが含まれていない場合は右にプロパティが表示され、含まれている場合は子タグが表示されます。 選択した各タグには、それに含まれているタグか、子タグがない場合はそのプロパティが表示されます。

操作対象のタグを選択したり、複数選択をおこなう場合は、タイトルの横にあるアイコンを選択するだけです。タイトルを選択すると、単にプロパティが表示されるか、タグが開いてそのコンテンツが表示されます。

chlimage_1
chlimage_1

タグプロパティの表示

chlimage_1

名前空間または他のタグが選択されているときに「プロパティを表示」アイコンを選択すると、名前、最後に編集した時間、参照の数などの情報が表示されます。 公開済みの場合は、最後に公開された時間と公開したユーザーの ID が表示されます。 この情報は、タグ列の左の列に表示されます。

chlimage_1

タグ参照の表示

chlimage_1

名前空間または他のタグが選択されているときに「参照」アイコンをクリックすると、そのタグが適用されているコンテンツが特定されます。

まず、適用されているタグの数が表示されます。

chlimage_1

数の右にある矢印を選択すると、参照名がリストされます。

参照の上にカーソルを重ねると、その参照へのパスがツールチップとして表示されます。

chlimage_1

タグの作成

chlimage_1

(タイトルの横にあるアイコンを選択することによって)名前空間または他のタグが選択されているときに「タグを作成」アイコンをクリックすると、現在のタグに子タグを作成できます。

chlimage_1
  • タイトル
    (必須)タグに表示されるタイトル。
  • 名前
    (オプション)タグの名前。指定しない場合、有効なノード名が「タイトル」から作成されます。 タグ ID を参照してください。
  • 説明
    (オプション)タグの説明。

必要な情報を入力したら

  • 作成」を選択します

タグの編集

chlimage_1

名前空間または他のタグが選択されているときに「編集」アイコンを選択すると、タイトルや説明を変更したり、タイトルのローカリゼーションをおこなえます。

編集が完了したら、「保存」を選択します。

言語の翻訳を追加する方法について詳しくは、他の言語でのタグの管理の節を参照してください。

chlimage_1

タグの移動

chlimage_1

名前空間または他のタグが選択されているときに「移動」アイコンを選択すると、タグ管理者やタグ開発者がタグを新しい場所に移動したりタグの名前を変更したりすることで、分類を整理できます。 選択されているタグがコンテナタグの場合、タグを移動するとその子タグもすべて移動されます。

 

注意:

作成者にはタグのタイトル編集のみを許可し、タグの移動や名前変更は許可しないことをお勧めします。

chlimage_1
  • パス
    (読み取り専用)選択されたタグへの現在のパス。
  • 移動先
    タグの移動先の新しいパスを参照します。
  • 変更後の名前
    最初に現在のタグの名前を表示します。新しい名前を入力する必要がある場合があります。

  • 保存」を選択します

タグの統合

chlimage_1

タグの統合は、分類が重複する場合に使用できます。タグ A がタグ B に統合されると、タグ A が付けられたすべてのページにタグ B が付けられ、作成者はタグ A を使用できなくなります。

名前空間または他のタグが選択されているときに「統合」アイコンを選択すると、パネルが開き、統合先のパスを選択できます。

chlimage_1
  • パス
    (読み取り専用)別のタグに統合するタグのパス。
  • 統合対象
    統合先のタグのパスを参照して選択します。

注意:

統合すると、元から選択されていたパスは(実質的に)存在しなくなります。

参照先のタグが移動または統合されても、タグは物理的には削除されないので、参照を維持することは可能です。

タグの公開

chlimage_1

名前空間または他のタグが選択されているときに「公開」アイコンを選択すると、そのタグがパブリッシュ環境でアクティベートされます。 ページコンテンツと同様に、コンテナタグであるかどうかに関係なく、選択されているタグのみが公開されます。

分類(名前空間とサブタグ)を公開するベストプラクティスとして、名前空間のパッケージを作成します(分類のルートノードを参照)。パッケージを作成する前に、名前空間に権限を適用してください。

タグを非公開にする

chlimage_1

名前空間または他のタグが選択されているときに「非公開」アイコンを選択すると、オーサー環境でそのタグのアクティベートが解除され、パブリッシュ環境から削除されます。 削除処理と同様に、選択されているタグがコンテナタグの場合、オーサー環境でそのすべての子タグのアクティベートが解除され、パブリッシュ環境から削除されます。

タグの削除

chlimage_1

名前空間または他のタグが選択されているときに「削除」アイコンを選択すると、そのタグがオーサー環境で恒久的に削除されます。 タグが公開されていた場合は、パブリッシュ環境からも削除されます。 選択されているタグがコンテナタグの場合、同様にその子タグもすべて削除されます。

タグの権限の設定

タグの権限は、(デフォルトで)保護されています。これは、明示的にタグに読み取り権限を付与する必要があるパブリッシュ環境におけるベストプラクティスです。基本的には、作成者の権限が設定された後にタグの名前空間のパッケージを作成し、そのパッケージをすべてのパブリッシュインスタンスにインストールします。

  • オーサーインスタンスで
    • 管理者権限でサインインします
    • セキュリティコンソールにアクセスします
      • 例えば、http://localhost:4502/useradmin に移動します
    • 左側のウィンドウで、読み取り権限を付与するグループ(またはユーザー)を選択します
    • 右側のウィンドウで、タグの名前空間へのパスを見つけます
      • 例:/etc/tag/mycommunity
    • 読み取り」列のチェックボックスをオンにします
    • 保存」を選択します
chlimage_1
  • すべてのパブリッシュインスタンスが同じ権限となるようにします
    • 1 つのアプローチは、オーサー環境で名前空間のパッケージを作成することです
      • 詳細」タブの「AC の処理」で、「上書き」を選択します
    • パッケージをレプリケートします
      • パッケージマネージャーから「レプリケーション」を選択します

他の言語でのタグの管理

タグのタイトルプロパティは複数の言語に翻訳できます。 一度翻訳すると、タグのタイトルがユーザーの言語またはページの言語に基づいて適切に表示されます。

複数言語でのタグタイトルの定義

次に Animals というタグのタイトルを英語からドイツ語およびフランス語に翻訳する方法を説明します。

まず、「写真を保管」名前空間の下のタグを選択し、「編集」アイコンを選択します(タグの編集の節を参照)。

タグを編集パネルで、タグのタイトルを翻訳する言語を選択できます。

各言語を選択すると、テキスト入力ボックスが表示され、翻訳されたタイトルを入力できます。

すべての翻訳を入力したら、「保存」を選択して編集モードを終了します。

chlimage_1

一般的に、タグに選択した言語はページの言語から取得されます。タグウィジェットが他のケース(フォームやダイアログなど)で使用されている場合、タグの言語はコンテキストによって変わります。

タグ付けコンソールでは、ページの言語設定の代わりに、ユーザーの言語設定が使用されます。 タグ付けコンソールでは、ユーザーのプロパティで言語をフランス語に設定したユーザーには、「Animals」タグが「Animaux」と表示されます。

ダイアログに新しい言語を追加する方法については、タグを編集ダイアログへの新しい言語の追加を参照してください。

注意:

標準ページコンポーネント内のタグクラウドおよびメタキーワードでは、ページ言語が有効な場合はそれに基づいてローカライズされたタグのタイトルが使用されます。

リソース

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー