現在表示中:

ウィザードを使用するときに作成したオプトインウィザードの設定を変更するか、ウィザードを使用しないで手動で Adobe Target と統合できます。 

オプトインウィザードの設定の変更

AEM を Adobe Target と統合するオプトインウィザードでは、プロビジョニングされた Target 設定という名前の Target のクラウド設定が自動的に作成されます。また、ウィザードではプロビジョニングされた Target フレームワークという名前のクラウド設定の Target フレームワークも作成されます。クラウド設定とフレームワークのプロパティは、必要に応じて変更できます。

また、コンテンツをターゲット化するときに、A4T Analytics クラウド設定を変更して、Adobe Analytics をレポートソースとして使用するように Adobe Target を設定できます。

クラウド設定とフレームワークの場所を特定するには、ツールデプロイメントクラウドクラウドサービスに移動します。(http://localhost:4502/libs/cq/core/content/tools/cloudservices.html
Adobe Target の下で、「設定を表示」をクリックまたはタップします。

プロビジョニングされた Target 設定のプロパティ

次のプロパティ値は、オプトインウィザードで作成されるプロビジョニングされた Target 設定のクラウド設定で使用されます。

  • クライアントコード:オプトインウィザードに入力されているとおりです。
  • 電子メール:オプトインウィザードに入力されているとおりです。
  • パスワード:オプトインウィザードに入力されているとおりです。
  • API のタイプ:REST
  • Adobe Target からセグメントを同期:選択されています。 
  • クライアントライブラリ:mbox.js
  • DTM を使用してクライアントライブラリを提供:選択されていません。DTM または別のタグ管理システムを使用して mbox.js または AT.js ファイルをホストする場合は、このオプションを選択します。ライブラリの配信には AEM ではなく DTM を使用することをお勧めします。
  • カスタム mbox.js:何も指定されておらず、デフォルトの mbox.js ファイルが使用されます。必要に応じて、使用するカスタム mbox.js を指定します。mbox.js を選択した場合にのみ表示されます。
  • カスタムの AT.js:何も指定されておらず、デフォルトの AT.js ファイルが使用されます。必要に応じて、使用するカスタム AT.js を指定します。AT.js を選択した場合にのみ表示されます。

注意:

AEM 6.3 では、Target ライブラリファイル AT.JS を選択できます。このファイルは、Adobe Target 用の新しい実装ライブラリであり、通常の Web 実装と単一ページアプリケーションの両方に使用できるように設計されています。

AT.js は、mbox.js ライブラリと比較して、いくつかの点で改善されています。

  • Web 実装のページ読み込み時間が改善されています。
  • セキュリティが改善されています。
  • 単一ページアプリケーションの実装オプションが改善されています。
  • target.js に含まれていたコンポーネントが AT.js にも含まれているので、target.js への呼び出しがなくなりました。

詳しくは、Target リリースノートを参照してください。

プロビジョニングされた Target フレームワークのプロパティ

オプトインウィザードで作成されるプロビジョニングされた Target フレームワークはプロファイルデータストアからコンテキストデータを送信するように設定されています。ストアの年齢と性別のデータ項目はデフォルトで Target に送信されます。お使いのソリューションでは追加のパラメーターを送信する必要があります。 

chlimage_1

Target フレームワークの追加で説明されているとおり、追加のコンテキスト情報を Target に送信するようにフレームワークを設定できます。

A4T Analytics クラウド設定の設定

コンテンツをターゲット化するときに、Adobe Analytics をレポートソースとして使用するように Adobe Target を設定できます。

これをおこなうには、Adobe Target クラウド設定を接続する A4T クラウド設定を指定する必要があります。

  1. AEM のロゴツールデプロイメントクラウドサービスの順に移動してクラウドサービスにアクセスします。

  2. Adobe Target」セクションで、「今すぐ設定」をクリックします。

  3. Adobe Target 設定に再接続します。

  4. A4T Analytics クラウド設定ドロップダウンメニューで、フレームワークを選択します。

    注意:

    A4T に対して有効化されている Analytics 設定のみを使用できます。

    AEM で A4T を設定する際には、「設定の参照が欠落しています」というエントリが表示される場合があります。分析フレームワークを選択できるようにするには、次の操作をおこないます。

    1. ツール一般CRXDE Lite に移動します。
    2. /libs/cq/analytics/components/testandtargetpage/dialog/items/tabs/items/tab1_general/items/a4tAnalyticsConfig に移動します。
    3. プロパティ disablefalse に設定します。
    4. すべて保存」をタップまたはクリックします。

    chlimage_1

    OK」をクリックします。Adobe Target でコンテンツをターゲット化すると、レポートソースを選択できるようになります。

手動での Adobe Target との統合

オプトインウィザードを使用せずに手動で Adobe Target と統合します。

注意:

Target ライブラリファイル AT.JS は、Adobe Target 用の新しい実装ライブラリであり、通常の Web 実装と単一ページアプリケーションの両方に使用できるように設計されています。mbox.js の代わりに AT.js をクライアントライブラリとして使用することをお勧めします。

AT.js は、mbox.js ライブラリと比較して、いくつかの点で改善されています。

  • Web 実装のページ読み込み時間が改善されています。
  • セキュリティが改善されています。
  • 単一ページアプリケーションの実装オプションが改善されています。
  • target.js に含まれていたコンポーネントが AT.js にも含まれているので、target.js への呼び出しがなくなりました。

詳しくは、Target リリースノートを参照してください。

クライアントライブラリドロップダウンメニューでは、AT.js または mbox.js を選択できます。

Target クラウド設定の作成

AEM が Adobe Target とやり取りできるようにするには、Target クラウド設定を作成します。この設定を作成するために、Adobe Target のクライアントコードとユーザー資格情報を入力します。

Target クラウド設定は複数の AEM キャンペーンと関連付けることができるので、設定は一度だけ作成します。Adobe Target クライアントコードが複数ある場合は、クライアントコードごとにひとつ設定を作成します。

Adobe Target からセグメントを同期するように、クラウド設定を指定できます。同期を有効にした場合は、クラウド設定が保存されるとすぐに、バックグラウンドでセグメントが Target から読み込まれます。

次の手順を実行して、AEM に Target クラウド設定を作成します。

  1. AEM のロゴツールデプロイメントクラウドサービスの順に移動してクラウドサービスにアクセスします。(http://localhost:4502/libs/cq/core/content/tools/cloudservices.html)。

    Adobe Marketing Cloud の概要ページが表示されます。

  2. Adobe Target」セクションで、「今すぐ設定」をクリックします。

  3. 設定を作成ダイアログで、次の操作を実行します。

    1. 設定のタイトルを入力します。
    2. Adobe Target 設定」テンプレートを選択します。
    3. 「作成」をクリックします。

    編集ダイアログが開きます。 

    chlimage_1

    注意:

    AEM で A4T を設定する際には、「設定の参照が欠落しています」というエントリが表示される場合があります。分析フレームワークを選択できるようにするには、次の操作をおこないます。

    1. ツール一般CRXDE Lite に移動します。
    2. /libs/cq/analytics/components/testandtargetpage/dialog/items/tabs/items/tab1_general/items/a4tAnalyticsConfig に移動します。
    3. プロパティ disablefalse に設定します。
    4. すべて保存」をタップまたはクリックします。

  4. ダイアログで、次のプロパティの値を入力します。 

    • クライアントコード:Target アカウントのクライアントコード
    • 電子メール:Target アカウントの電子メール
    • パスワード:Target アカウントのパスワード
    • API のタイプ:REST または XML
    • A4T Analytics クラウド設定:ターゲットアクティビティの目標と指標に使用する Analytics クラウド設定。これは、コンテンツをターゲット化するときに、Adobe Analytics をレポートソースとして使用している場合に必要です。クラウド設定が表示されない場合は、A4T Analytics クラウド設定の設定の注意を参照してください。
    • 正確なターゲット設定を使用:デフォルトでは、このチェックボックスはオンになっています。オンにすると、クラウドサービス設定はコンテンツが読み込まれるまでコンテキストの読み込みを待機します。続きのメモを確認してください。
    • Adobe Target からセグメントを同期:Target で定義されているセグメントをダウンロードして AEM で使用するには、このオプションをオンにします。「API のタイプ」プロパティが REST のときは、インラインのセグメントがサポートされておらず、常に Target からセグメントを使用する必要があるので、このオプションをオンにする必要があります(AEM の用語「セグメント」は、Target の「オーディエンス」と同じです)。
    • クライアントライブラリ:クライアントライブラリとして mbox.js と AT.js のいずれを使用するかを選択します。
    • DTM を使用してクライアントライブラリを提供:使用する AT.js または mbox.js が DTM または別のタグ管理システムから配信されるようにする場合は、このオプションを選択します。このオプションを使用するには、DTM 統合を設定する必要があります。ライブラリの配信には AEM ではなく DTM を使用することをお勧めします。
    • カスタム mbox.js:DTM ボックスをオンにした場合またはデフォルトの mbox.js を使用する場合は空にします。それ以外の場合は、カスタム mbox.js をアップロードします。mbox.js を選択した場合にのみ表示されます。
    • カスタムの AT.js:DTM ボックスをオンにした場合またはデフォルトの AT.js を使用する場合は空にします。それ以外の場合は、カスタム AT.js をアップロードします。AT.js を選択した場合にのみ表示されます。

    注意:

    デフォルトでは、Adobe Target 設定ウィザードをオプトインすると、正確なターゲット設定が有効になります。 

    正確なターゲット設定を有効にすると、クラウドサービス設定はコンテンツが読み込まれるまでコンテキストの読み込みを待機します。結果として、正確なターゲット設定を有効にすると、パフォーマンスの面ではコンテンツの読み込みに数ミリ秒の遅延が発生することがあります。

    正確なターゲット設定はオーサーインスタンスでは常に有効になっています。ただし、パブリッシュインスタンスではクラウドサービス設定(http://localhost:4502/etc/cloudservices.html)の正確なターゲット設定の横にあるチェックマークをオフにすることで、正確なターゲット設定をグローバルにオフにできます。また、クラウドサービス設定の設定に関係なく、個々のコンポーネントの正確なターゲット設定のオンとオフを切り替えることもできます。

    この設定を変更しても、作成済みの対象コンポーネントには影響しません。これらのコンポーネントには直接変更を加える必要があります。

  5. Target に接続」をクリックして、Target との接続を初期化します。接続が成功した場合は、「接続に成功しました」というメッセージが表示されます。メッセージの「OK」をクリックし、ダイアログの「OK」をクリックします。

    Target に接続できない場合は、トラブルシューティングのセクションを参照してください。

Target フレームワークの追加

Target クラウド設定を設定したら、Target フレームワークを追加します。このフレームワークは、使用可能な Client Context コンポーネントまたは ContextHub コンポーネントから Adobe Target に送信されるデフォルトのパラメーターを識別します。Target はこのパラメーターを使用して、現在のコンテキストに該当するセグメントを判別します。

ひとつの Target 設定に対して複数のフレームワークを作成できます。複数のフレームワークは、Web サイトの異なるセクション向けの異なるセットのパラメーターを Target に送信する必要があるときに便利です。送信する必要があるパラメーターのセットごとにフレームワークを作成します。Web サイトの各セクションに該当するフレームワークを関連付けます。1 つの Web ページは一度に 1 つのフレームワークしか使用できません。

  1. Target 設定ページで、「使用できるフレームワーク」の横の「+」(プラス符号)をクリックします。

  2. フレームワークを作成ダイアログで、「タイトル」を指定し、「Adobe Target フレームワーク」を選択して、「作成」をクリックします。

    chlimage_1

    フレームワークページが表示されます。サイドキックに、マッピングできる ClientContext または ContextHub の情報を表すコンポーネントが表示されます。

    chlimage_1
  3. マッピングに使用するデータを表す ClientContext コンポーネントをドロップターゲットにドラッグします。または、ContextHub ストアコンポーネントをフレームワークにドラッグします。

    注意:

    マッピングするときに、パラメーターは単純な文字列を介して mbox に渡されます。ContextHub から配列をマッピングすることはできません。

    例えば、サイト訪問者に関するプロファイルデータを使用して Target キャンペーンを管理するには、「プロファイルデータ」コンポーネントをページにドラッグします。 Target パラメーターへのマッピングに使用できるプロファイルデータ変数が表示されます。

    chlimage_1
  4. 該当する列の「共有」チェックボックスをオンにして、Target システムで表示する変数を選択します。

    chlimage_1

    注意:

    パラメーターの同期は、AEM から Adobe Target への一方向のみです。

フレームワークが作成されます。フレームワークをパブリッシュインスタンスにレプリケートするには、サイドキックで「フレームワークをアクティベート」オプションを使用します。

アクティビティと Target クラウド設定の関連付け

AEM アクティビティを Target クラウド設定に関連付け、アクティビティを Adobe Target にミラーリングできるようにします。

注意:

使用可能なアクティビティの種類は、次のオプションによって決まります。

  • Adobe Target の接続に AEM 側で使用される Adobe Target テナント(clientcode)で xt_only オプションがオンになっている場合は、XT アクティビティのみを AEM で作成できます。
  • Adobe Target テナント(clientcode)で xt_only オプションがオフになっている場合は、XT アクティビティと A/B アクティビティの両方を AEM で作成できます。

追加のメモ: xt_only オプションは特定の Target テナント(clientcode)に適用される設定で、Adobe Target でのみ直接編集できます。このオプションは AEM で有効および無効にすることはできません。

Target フレームワークとサイトの関連付け

AEM に Target フレームワークを作成したら、Web ページとフレームワークを関連付けます。この Web ページ上のターゲット化されたコンポーネントが、フレームワークで定義されたデータを追跡のために Adobe Target に送信します (コンテンツのターゲティングを参照)。

ページをフレームワークに関連付けると、子ページが関連付けを継承します。

  1. サイトコンソールで、設定するサイトに移動します。

  2. クイックアクションまたは選択モードを使用して、「プロパティを表示」を選択します。

  3. クラウドサービス」タブを選択します。

  4. 編集」をタップまたはクリックします。

  5. クラウドサービス設定」で「設定を追加」をタップまたはクリックして「Adobe Target」を選択します。

    chlimage_1
  6. 設定の参照」で必要なフレームワークを選択します。

    注意:

    作成の基になった Target クラウド設定ではなく、作成した固有のフレームワークを選択してください。

  7. 完了」をタップまたはクリックします。

  8. Web サイトのルートページをアクティベートして、公開サーバーにレプリケーションします(ページを公開する方法を参照)。

    注意:

    ページに追加したフレームワークがまだアクティベートされていなかった場合は、ウィザードが開き、同様に公開できます。

Target の接続の問題に関するトラブルシューティング

次のタスクを実行して、Target に接続するときに発生する問題をトラブルシューティングします。

  • 指定したユーザー資格情報を正しいことを確認します。
  • AEM インスタンスが Target サーバーに接続できることを確認します。例えば、ファイアウォールのルールが AEM のアウトバウンド接続をブロックしていないこと、または AEM が正しいプロキシを使用するように設定されていることを確認します。 
  • AEM のエラーログで参考になるメッセージを探します。error.log ファイルは、AEM がインストールされている crx-quickstart/logs ディレクトリにあります。
  • Adobe Target でアクティビティを編集する際には、URL は localhost を指しています。AEM Externalizer を正しい URL に設定することで、これを回避します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー