現在表示中:

以下の節では、チャネルで再生されるビデオをデバッグおよびトラブルシューティングする方法について説明します。

ビデオを DAM にアップロードしてチャネルに追加するときに、ビデオが Screens Player で再生されないという問題が発生する場合があります。

以下の節では、チャネルで再生されるビデオをデバッグおよびトラブルシューティングする方法について説明します。

DAM レンディション

ビデオをチャネルにアップロードすると、AEM によってそのビデオの一部のレンディションの作成が開始されます。ビデオはアセットで表示できます。

ビデオを表示するには:

  1. ビデオに移動します。例えば、http://localhost:4502/assets.html/content/dam/we-retail/en/videos です。
  2. ビデオをクリックし、左上のメニューを展開して「レンディション」をクリックします。

様々なレンディションがあります(MP4 や M4V など)。

レンディションがない場合は、AEM が実行されている OS に ffmpeg がインストールされていることを確認してください。

警告:

レンディションがない場合は、AEM が実行されている OS に ffmpeg がインストールされていることを確認してください。

ffmpeg をインストールするには、ここをクリックしてください。

ビデオアセット

ビデオの下にソース属性が表示されない場合は、ビデオがトランスコードされなかった可能性があります。ビデオが正しくトランスコードされている場合は、次の図に示すようにダッシュボードに表示されます。

ffmpeg がインストールされていること、およびビデオプロファイルを確認してください。 

chlimage_1

ビデオプロファイルの確認

  1. ビデオプロファイル」に移動し、「テストビデオをアップロード」をクリックします。

    chlimage_1
  2. テストビデオをアップロードし、「OK」をクリックしてトランスコードを開始します。

    トランスコードが失敗した場合は、ffmpeg 出力を展開して ffmpeg のコンソール出力でエラーを確認します。

    chlimage_1

    また、ビデオが正常にトランスコードされた場合は、トランスコードされたファイルをダウンロードできます。

    chlimage_1

    注意:

    ビデオのトランスコードに十分な時間をかけてから(「処理しています」ではなく「新規」というタグが表示されます)、ビデオをチャネルに追加するようにしてください。

ビデオコンポーネントでのプロファイルの確認

ビデオコンポーネントが正しく設定されない場合は、ページデザインからプロファイルのリストを確認します。

  1. チャネルに移動し、デザインモードを選択します。

    chlimage_1
  2. ビデオを選択し、編集ダイアログを開きます。「プロファイル」タブを開きます。

    様々なプロファイルを選択します(少なくとも「高画質 H.264」プロファイルは必ずあります)。

     

    chlimage_1

Web プレーヤーでのビデオの確認

Web プレーヤーを使用して、ブラウザー(Chrome および Safari)で再生を検証します。Chrome は Android デバイスで使用され、Safari は OSX および iOS のブラウザーです。

Safari で実行されない場合、ビデオは OSX および iOS のプレーヤーで実行されません。これはエンコーディングの問題である可能性が高く、ビデオを再度エンコードする必要があります。

DAM ワークフローを使用してフル HD レンディションを作成するには、次の手順を実行します。

  1. ワークフローモデル管理に移動します。
  2. スクリーン更新アセットモデルを選択します。
  3. アクションバーから「ワークフローを開始」をクリックして、ワークフローを実行ダイアログボックスを開きます。
  4. ペイロード」でビデオアセットを選択します。
  5. 実行」をクリックします。

注意:

レンディションの作成には多少時間がかかりますが、数秒または数分後(ビデオサイズによります)、Safari で Web プレーヤーを再読み込みします。

複数のプレーヤーでのビデオの同期

複数のデバイスで同期的にビデオを再生するには、そのビデオが含まれるシーケンスに関して絶対方法を使用する必要があります。

要件

  • 同一の 2 台以上のプレーヤー(2 台以上の VIA ボックス、2 台以上の OSX ボックス)
  • 理想的には同種のハードウェア
  • 同一のネットワークトポロジ(プレーヤーは、内部システムクロックを揃える NTP サーバーに接続されます)

絶対方法の設定

絶対方法:

  • アンカー時間(現在の日付の 0 時)を計算します。
  • シーケンスの期間(すべての項目の期間の合計)を計算します。
  • 任意の時点で、シーケンスの _remaining_time = (current_time - anchor_time) % sequence_duration を求めることによって、現在再生されている項目および次の項目を計算します。

絶対方法を設定するには、次の手順を実行します。

  1. チャネルオーサーに移動し、次の図に示すようにシーケンスコンポーネントを選択します。
  2. その設定ダイアログを開きます。
  3. 方法」を編集し、「絶対」を追加します。
chlimage_1

注意:

プレーヤーの OS のクロックが同一である必要があります。

OS X でクロックを揃える

OSX でクロックを揃えるには、次の手順を実行します。

  1. 各 OSX ボックスで、日付と時刻環境設定を開きます。
  2. 日付と時刻を自動的に設定」をオンにします。
  3. 値 0.pool.ntp.org、1.pool.ntp.org、2.pool.ntp.org、3.pool.ntp.org、time.apple.com をドロップダウンに貼り付けるか、単純に sudo ntpdate -u -v 0.pool.ntp.org を実行します。
  4. 2 台以上のプレーヤーを起動します。

プレーヤーが新しく割り当てられたシーケンスを開始するまでに時間がかかることがあります。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー