現在表示中:

デジタルサイネージでは、データ駆動型イベントは、デジタルメニューおよびビデオウォールをインタラクティブに使用することで、情報をリアルタイムに伝えることができます。データ駆動型イベントでユーザー体験を最大化できます。

データ駆動型イベントに対する ContextHub の使用

AEM Screens では、ContextHub を使用してデータ駆動型イベントを実現します。ContextHub ではリアルタイムに使用できます。

データ駆動型イベントのカスタマイズ

データ駆動型イベントは、次の 4 つの異なるカテゴリに分類されます。

  • Data in Operational
  • Data in Presentation
  • Data out Actionable
  • Data out Presentational

Data in Operational

これはさらに Channel Interrupt と Placeholder に分類されます。

Data in Presentation

データは、一時チャネルで実行され、トリガー後、チャネル内のアセットを変更します。

Data out Actionable

コマンドが液晶画面に送信されると、画面のオンおよびオフが切り替わります(例えば、画面の明るさやボリュームなど)。

Data out Presentational

フィードバックループに情報を収集するグラフ。分析に使用され、イベントを評価および通知します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー