現在表示中:

スケジュールを AEM Screens で使用すると、チャネルを再使用できるグループに編成でき、コンテンツを表示するそれぞれのディスプレイに、個別にチャネルを繰り返し割り当てる必要がなくなります。

スケジュールは時間帯区分と組み合わせると、ある日の特定の時間に実行される複数のチャネルでグローバルスケジュールを設定でき、また一度にすべてのディスプレイでその設定を再使用できます。

注意:

この AEM Screens 機能は、AEM 6.3 Sites 機能パック 1 がインストールされている場合にのみ使用できます。この機能パックにアクセスするには、アドビサポートに連絡してアクセス権をリクエストする必要があります。アクセス権が付与されると、パッケージ共有から機能パックをダウンロードできるようになります。 

スケジュールの作成

ユーズケースのすべてのアクティビティを管理するスクリーンプロジェクトのスケジュールを作成できます。

下の手順に従って、チャネルのスケジュールを作成します。

  1. Adobe Experience Manager リンク(左上)を選択し、「スクリーン」を選択します。または http://localhost:4502/screens.html/content/screens に直接移動します。
  2. スクリーンプロジェクトに移動して「スケジュール」をクリックします。
  3. アクションバーから「作成」をクリックします。
  4. スケジュール」を作成ウィザードから選択し、「次へ」をクリックします。
  5. 名前タイトルに情報を入力し、「作成」をクリックします。

プロジェクトに指定された名前とタイトルでスケジュールフォルダーが表示されます。

chlimage_1

ダッシュボードの表示

プロジェクトの中にスケジュールフォルダーを作成したら、スケジュールダッシュボードから詳細を表示できます。

下の手順に従ってスケジュールダッシュボードを表示します。次の例では、We.Retail プロジェクトのダッシュボードが示されています。

  1. スクリーン(We.Retail など)プロジェクトスケジュールフォルダーに移動します。

    chlimage_1
  2. アクションバーから「ダッシュボード」をクリックして、スケジュールのダッシュボードを開きます。

    スケジュール情報割り当てられたチャネル割り当てられたディスプレイ の 3 つのパネルが表示されます。

    chlimage_1

    スケジュール情報パネル

    プロパティ」をスケジュール情報パネルの右上角からクリックして、スケジュールのプロパティを表示/変更します。

    割り当て済みチャネルパネル

    +チャネル割り当て」を割り当て済みチャネルパネルの右上角からクリックして、チャネルの割り当てダイアログボックスを開きます。詳しくは、「チャネルの割り当て」を参照してください。

    割り当て済みディスプレイパネル

    割り当て済みディスプレイ」パネルから任意のディスプレイを選択して、ディスプレイダッシュボードを開きます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー