現在表示中:

リッチテキストエディター(RTE)は、AEM にテキストコンテンツを入力するための基本的な構成要素です。以下を含む、様々なコンポーネントの基礎となります。

  • テキスト
  • テキスト画像
  • テーブル

注意:

ネストされたリストを RTE にコピーしても、期待どおりに機能しません。ネストされたリストを Microsoft Word からコピーする場合、RTE. にテキストを貼り付けた後でリストを手動でクリーンアップする必要があります。

インプレース編集

シングルタップまたはクリックでテキストベースのコンポーネントを選択すると、あらゆるコンポーネントと同様に、コンポーネントツールバーが表示されます。

screen_shot_2018-03-21at163054

もう一度タップ/クリックするか、最初にコンポーネントをゆっくり 2 回タップ/クリックして選択すると、独自のツールバーを持つインプレース編集が表示されます。ここで、コンテンツの編集や、基本的な書式変更ができます。

screen_shot_2018-03-21at163214

このツールバーには、次のオプションがあります。

  • フォーマット
    太字、斜体および下線を設定できます。
  • リスト箇条書きリストまたは番号付きリストを作成したり、インデントを設定したりすることができます。
  • ハイパーリンク
  • リンク解除
  • フルスクリーン
  • 閉じる
  • 保存

フルスクリーン編集

テキストベースのコンポーネントでは、ツールバーからフルスクリーンモードを選択すると、リッチテキストエディターが開き、残りのページコンテンツが非表示になります。

screen_shot_2018-03-21at163236

フルスクリーンモードでは、リッチテキストエディターのすべてのオプションが表示されます。オプションは、設定に応じて変化します。

screen_shot_2018-03-21at163248

その他のリッチテキストエディターオプションを次に示します。

  • アンカー
    テキストにアンカーを作成して、後でリンクや参照を設定できます。
  • テキストを左揃え
  • テキストを中央揃え
  • テキストを右揃え

 

「最小化」アイコンをクリックして、フルスクリーンモードを閉じます。

screen_shot_2018-03-21at163323

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー