現在表示中:

チャネルロールごとにチャネルにコンテンツを割り当てることができます。チャネルロールはディスプレイのコンテキストを定義します。役割は多様なアクションによってターゲットになり、役割を担う実際のチャネルから独立しています。

ここでは、役割別のチャネルを定義するシンプルな使用例と、AEM Screens プロジェクトで同じように使用する方法を説明します。

概要

チャネルをディスプレイに割り当てる際、ディスプレイのパスを指定するか、(コンテキストにより実際のチャネルを解決する)チャネルの名前を入力するかの 2 つのオプションがあります。

役割別のチャネルの定義により、場所に特有のコンテンツを動的に解決するために、チャネルのローカルバージョンを作成できます。例えば「今日の作業」という名前のあるチャネルでは、実際のコンテンツは 2 つの都市で異なりますが、すべてのディスプレイで同じチャネルロールを持つことができます。

注意:

チャネル割り当てについて詳しくは、Screens のドキュメントのオーサリング節にあるチャネル割り当てを参照してください。

使用例の説明

この使用例により、役割別のチャネルを作成して、メインチャネルで場所別の共有コンテンツを使用できます。

この例では、ニューヨークとサンフランシスコの 2 つの場所についてそれぞれのディスプレイを持つ Sightseeing チャネルと、異なる場所にある両方のチャネルを共有できるメイン共有チャネルを作成します。

プロジェクト作成のステップ

役割別のチャネルを割り当てるサンプルプロジェクトを作成するには、次の手順に従います。

  1. 新しいプロジェクトの作成

    1. Adobe Experience Manager リンク(左上)を選択し、Screens を選択します。または、http://localhost:4502/screens.html/content/screens から直接アクセスすることもできます。
    2. 作成」をクリックして、新しいスクリーンプロジェクトを作成します。
    3. スクリーンプロジェクトを作成ウィザードで「スクリーン」を選択し、「次へ」をクリックします。
    4. タイトルに "Sightseeing" と入力し、「作成」をクリックします。
    channelbyrole1
  2. 場所フォルダーの作成

    1. Sightseeing プロジェクトに移動し、場所フォルダーを選択します。
    2. アクションバーのプラスアイコンの横にある「作成」をクリックします。ウィザードが開きます。 
    3. ウィザードから場所フォルダーを選択し、「次へ」をクリックします。
    4. 場所のタイトル(States)を入力し、「作成」をクリックします。
    channelbyrole2
  3. 新しい場所の作成

    1. Sightseeing プロジェクトに移動し、States フォルダーを選択します。
    2. アクションバーのプラスアイコンの横にある「作成」をクリックします。ウィザードが開きます。 
    3. ウィザードから場所を選択し、「次へ」をクリックします。
    4. 場所のタイトルSF)を入力し、「作成」をクリックします。

    同様に、他の場所を NY として States フォルダーに作成します。

    channelbyrole3
  4. 場所 SanFrancisco に、シーケンスチャネル(Reception)およびディスプレイ(SFDisplay)を作成します。次に例を示します。

     

  5. 場所 SanJose に、シーケンスチャネル(Reception)およびディスプレイ(SJDisplay)を作成します。次に例を示します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー