現在表示中:

AEM のターゲットモードを使用してターゲットコンテンツをオーサリングします。ターゲットモードとターゲットコンポーネントには、エクスペリエンス用のコンテンツを作成するためのツールが用意されています。次のことができます。

  • ページ上にあるターゲットコンテンツを容易に認識すべてのターゲットコンテンツの境界線を点線で表示 
  • エクスペリエンスを表示するブランドとアクティビティを選択
  • アクティビティのエクスペリエンスを追加または削除
  • A/B テストを実行し、勝者を採用(Adobe Target のみ)
  • 作成またはライブラリから選択したオファーをエクスペリエンスに追加
  • 目標を設定し、パフォーマンスを監視
  • 訪問者のエクスペリエンスをシミュレート
  • ターゲットコンポーネントの設定をカスタマイズ

AEM または Adobe Target をターゲティングエンジンとして使用できます(Adobe Target を使用するには有効な Adobe Target アカウントが必要です)。Adobe Target を使用する場合は、まず統合を設定する必要があります。

注意:

ターゲットモードは、クラシック UI では使用できません。詳しくは、標準のオーサリングドキュメントのターゲットモードを使用したターゲットコンテンツのオーサリングを参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー