現在表示中:

この節では、AEM 用に独自のコンポーネントを作成する方法の例を示します。

基本となる概念については、以下を参照してください。

クラシック UI については、クラシック UI 用の AEM コンポーネントを参照してください。

注意:

AEM では、コンポーネントの分析、テストおよびデバッグを支援するために次のものが提供されています。

コードサンプル - ダイアログフィールドをカスタマイズする方法

GitHub のコード

このページのコードは GitHub にあります

注意:

このコードサンプルは、ダイアログフィールドのカスタマイズに関する AEM Gems セッションに関連しています。

関連リソース

新しいアクションをコンポーネントツールバーに追加

ページエディターの編集レイヤーを使用して、新しいアクションをコンポーネントツールバーに追加できます。

詳細およびコードサンプルへのリンクは、新しいアクションをコンポーネントツールバーに追加を参照してください。

コンテンツフラグメントのカスタマイズと拡張

標準のコンテンツフラグメントコンポーネントを拡張して、機能を追加できます。

詳しくは、コンテンツフラグメントのカスタマイズと拡張を参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー