現在表示中:

デフォルトのクラウドサービスを、カスタムクラウドサービスタイプで拡張することができます。これにより、カスタムマークアップを構造的な方法でページに挿入できます。この手法は、Google Analytics や Chartbeat など、主としてサードパーティの分析プロバイダーに使用されます。
クラウドサービスは、親ページから子ページに継承されますが、任意のレベルで継承を中断できます。

注意:

ここで紹介する手順は、Google Analytics を使用して新しいクラウドサービスを作成する場合の例です。この内容がそのまま実際のユースケースに当てはまるとは限りません。

  1. CRXDE Lite で、/apps の下に新しいノードを作成します。

    • 名前acs
    • 種類nt:folder
  2. /apps/acs の下に新しいノードを作成します。

    • 名前analytics
    • タイプsling:Folder
  3. /apps/acs/analytics の下に新しいノードを 2 つ作成します。

    • 名前:components
    • タイプsling:Folder
    および
    • 名前:templates
    • タイプsling:Folder

  4. /apps/acs/analytics/components を右クリックします。「作成...」を選択し、「コンポーネントを作成...」をクリックします。表示されるダイアログで、以下の項目を指定します。

    • ラベルgoogleanalyticspage
    • タイトルGoogle Analytics ページ
    • スーパータイプcq/cloudserviceconfigs/components/configpage
    • グループ.hidden
  5. 次へ」を 2 回クリックして、次の項目を指定します。

    • 許可された親:acs/analytics/templates/googleanalytics

    次へ」を 2 回クリックして、「OK」をクリックします。

  6. googleanalyticspage に次のプロパティを追加します。

    • 名前:cq:defaultView
    • 値:html 
  7. 以下の内容で、content.jsp という新しいファイルを /apps/acs/analytics/components/googleanalyticspage の下に作成します。

    <%@page contentType="text/html"
                pageEncoding="utf-8"%><%
    %><%@include file="/libs/foundation/global.jsp"%><div>
    
    <div>
        <h3>Google Analytics Settings</h3>   
        <ul>
            <li><div class="li-bullet"><strong>accountID: </strong><br><%= xssAPI.encodeForHTML(properties.get("accountID", "")) %></div></li>
        </ul>
    </div>
  8. /apps/acs/analytics/components/googleanalyticspage/ の下に新しいノードを作成します。

    • 名前dialog
    • タイプcq:Dialog
    • プロパティ
      • 名前title
      • タイプString
      • Google Analytics 設定

       

      • 名前xtype
      • タイプString
      • dialog
  9. /apps/acs/analytics/components/googleanalyticspage/dialog の下に新しいノードを作成します。

    • 名前items
    • タイプcq:Widget
    • プロパティ
      • 名前xtype
      • タイプString
      • tabpanel
  10. /apps/acs/analytics/components/googleanalyticspage/dialog/items の下に新しいノードを作成します。

    • 名前items
    • タイプcq:WidgetCollection
  11. /apps/acs/analytics/components/googleanalyticspage/dialog/items/items の下に新しいノードを作成します。

    • 名前:tab1
    • タイプcq:Panel
    • プロパティ
      • 名前title
      • タイプString
      • 設定
  12. /apps/acs/analytics/components/googleanalyticspage/dialog/items/items/tab1 の下に新しいノードを作成します。

    • 名前:items
    • 種類nt:unstructured
    • プロパティ
      • 名前fieldLabel
      • 種類:string
      • :アカウント ID

       

      • 名前fieldDescription
      • タイプString
      • Google によって割り当てられたアカウント ID です。通常の形式は UA-NNNNNN-N です。

       

      • 名前name
      • タイプString
      • ./accountID

       

      • 名前validateOnBlur
      • タイプString
      • true

       

      • 名前xtype
      • タイプString
      • textfield
  13. /libs/cq/cloudserviceconfigs/components/configpage/body.jsp/apps/acs/analytics/components/googleanalyticspage/body.jsp にコピーして、34 行目の libsapps に変更し、79 行目のスクリプト参照を完全修飾パスにします。

  14. /apps/acs/analytics/templates/ の下に新しいテンプレートを次のように作成します。

    • Resource Type = acs/analytics/components/googleanalyticspage
    • Label = googleanalytics
    • Title Google Analytics 設定
    • allowedPath = /etc/cloudservices/googleanalytics(/.*)?
    • allowedChildren = /apps/acs/analytics/templates/googleanalytics
    • sling:resourceSuperType = cq/cloudserviceconfigs/templates/configpage(jcr:content ノードではなくテンプレートノード)
    • cq:designPath = /etc/designs/cloudservices/googleanalytics(jcr:content)
  15. 新しいコンポーネント /apps/acs/analytics/components/googleanalytics を作成します。

    次の内容を googleanalytics.jsp に追加します。

    <%@page import="org.apache.sling.api.resource.Resource,
                    org.apache.sling.api.resource.ValueMap,
                    org.apache.sling.api.resource.ResourceUtil,
                    com.day.cq.wcm.webservicesupport.Configuration,
                    com.day.cq.wcm.webservicesupport.ConfigurationManager" %>
    <%@include file="/libs/foundation/global.jsp" %><%
    
    String[] services = pageProperties.getInherited("cq:cloudserviceconfigs", new String[]{});
    ConfigurationManager cfgMgr = resource.getResourceResolver().adaptTo(ConfigurationManager.class);
    if(cfgMgr != null) {
        String accountID = null;
        Configuration cfg = cfgMgr.getConfiguration("googleanalytics", services);
        if(cfg != null) {
            accountID = cfg.get("accountID", null);
        }
    
        if(accountID != null) {
        %>
    <script type="text/javascript">
    
      var _gaq = _gaq || [];
      _gaq.push(['_setAccount', '<%= accountID %>']);
      _gaq.push(['_trackPageview']);
    
      (function() {
        var ga = document.createElement('script'); ga.type = 'text/javascript'; ga.async = true;
        ga.src = ('https:' == document.location.protocol ? 'https://ssl' : 'http://www') + '.google-analytics.com/ga.js';
        var s = document.getElementsByTagName('script')[0]; s.parentNode.insertBefore(ga, s);
      })();
    
    </script><%
        }
    }
    %>

    これによって、設定のプロパティに基づいたカスタムマークアップが出力されます。

  16. http://localhost:4502/miscadmin#/etc/cloudservices に移動して、新しいページを作成します。

    • タイトルGoogle Analytics
    • 名前googleanalytics
    CRXDE Lite に戻り、/etc/cloudservices/googleanalytics の下で、次のプロパティを jcr:content に追加します。
    • 名前componentReference
    • タイプString
    • acs/analytics/components/googleanalytics
  17. 新規作成したサービスページ(http://localhost:4502/etc/cloudservices/googleanalytics.html)に移動し、「+」をクリックして新しい設定を作成します。

    • 親設定/etc/cloudservices/googleanalytics
    • タイトル:最初の GA 設定
    Google Analytics 設定」を選択し、「作成」をクリックします。
  18. アカウント ID(例:AA-11111111-1)を入力します。「OK」をクリックします。

  19. ページに移動し、「クラウドサービス」タブで、新たに作成された設定をページプロパティに追加します。

  20. このページにカスタムマークアップが追加されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー