現在表示中:

AEM SPA フレームワークで利用できる API Javadoc リファレンスは次のとおりです。

警告:

単一ページアプリケーション(SPA)エディターの機能は AEM 6.4 で導入され、現在は技術プレビューがおこなわれています。SPA エディターは、まもなくリリースされる AEM 6.3 および 6.4 用のサービスパックで AEM クイックスタートに個別に提供されます。

  • この機能はまだ開発段階なので、ドキュメントの内容は変わる可能性があります。
  • SPA エディターは、SPA フレームワークを基にしたクライアント側レンダリング(React など)が必要なプロジェクトで有効なソリューションです。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー