現在表示中:

1 つのプロジェクトを実装しただけでプロセスが終了することはほとんどありません。次期リリースが(ほぼ)常に予定され、現行の実装の最終段階に開始されることもあります。

いずれにしても、次期リリースを次のように計画することは有効です。

  • テストケースを綿密に文書化し、保存して、参照できるようにします(できれば再利用できるようにします)。

  • 次期リリースで回帰テストとして使用できるテストを開発します。

  • テストプロセスの経験によって自身または顧客が得た情報を照合します。

    この作業は、次期リリースの要件を構成するときに役立つ可能性があります。例えば、テスト時に顧客の製品に対する経験が向上したときなどです。

次期リリースは移行になる可能性があるので、これに関するすべての情報は役立ちます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー